中世の温暖期とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中世の温暖期の意味・解説 

中世の温暖期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/23 02:19 UTC 版)

中世の温暖期(ちゅうせいのおんだんき、英:Medieval Warm Period:MWP)とは、ヨーロッパ中世に相当する時期、およそ10世紀から14世紀にかけて続いたヨーロッパが温暖だった時期を指す。この時期の温暖化は地球温暖化温室効果についての議論でしばしば話題にされる。 ただし最新の報告では、現在と同程度に温暖であった地域は限られ、地球全体での平均気温は今よりもずっと寒冷であったとしている[1]






「中世の温暖期」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中世の温暖期」の関連用語

中世の温暖期のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

草津川

カンネ

ミニキャブ バン

オガサワラヒメホンヤドカリ

足の骨

200型

獅子図目貫

東西線50系車両





中世の温暖期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中世の温暖期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS