ワゴンRとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > スズキの車種 > ワゴンRの意味・解説 

ワゴンR

ワゴンR

主要諸元

ボディー 5ドア
機種 FA FX FC
車名型式 スズキDBA-MH22S
駆動方式 FF
(前2輪駆動
フルタイム4WD FF
(前2輪駆動
フルタイム4WD FF
(前2輪駆動
トランス
ミッション
(機種記号)
5速マニュアル ★WFAF-5 ☆WFAJ-D5 ★WFBF-5【D5 ☆WFBJ-5【D5 -
コラムシフト
4速オートマチック
WFAD-5 WFAY-D5 WFBD-5【D5 WFBY-5【D5 -
コラムシフトCVT - - - - ★WFEE-D5
寸法・重量 全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,645 1,655 1,645 1,655 1,645
室内寸法(mm) 長さ 1,870
1,295
高さ 1,305
ホイールベース(mm) 2,360
トレッド(mm) 1,295 1,290 1,295 1,290 1,295
1,290
最低地上高(mm) 150
車両重量(kg) 5MT 810 860 810 860 -
4AT 820 870 820 870 -
CVT - - - - 840
乗車定員(名) 4
性能 燃料消費率(km/L)
10・15モード走行
国土交通省審査値)
5MT 23.5 21.0 23.5 21.0 -
4AT 21.0 18.8 21.0 18.8 -
CVT - - - - 23.0
主要燃費向上対策 可変バルブタイミング電動パワーステアリングロックアップ機構トルコン(4AT車、CVT車)、
自動無段変速機CVT車)
最小回転半径(m) 4.1
エンジン エンジン型式
K6A
種類 水冷4サイクル直列3気筒
機構 DOHC12バルブVVT
内径×行程(mm) 68.0×60.4
総排気量(L) 0.658
圧縮比 10.5
燃料供給装置 EPI電子制御燃料噴射
最高出力(kW/rpm)ネット 40〈54PS〉/6,500
最大トルク(N・m/rpm)ネット 63〈6.4kg・m〉/3,500
燃料タンク容量(L) 30
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
ステアリング 歯車形式 ラック&ピニオン
ブレーキ 主ブレーキ形式 ディスク
リーディング・トレーリング
制動倍力装置 真空倍力式
制動力制御装置 プロポーショニング装置【ABSEBD付]】
駐車ブレーキ形式 機械式後2輪制動
懸架装置 懸架方式 マクファーソンストラットコイルスプリング
I.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリング
タイヤ 155/65R13 73S

【  】内は4輪ABS装着車。
緑字は「グリーン税制対象車」です。★の機種は「平成17年排出ガス基準75低減レベル認定車かつ「平成22年燃費基準25%」達成車で、自動車取得税が9,000減額されます(平成22年3月31日届出まで)。
機種は「平成17年排出ガス基準75低減レベル認定車かつ「平成22年燃費基準15%」達成車で、自動車取得税が4,500円減額されます(平成22年3月31日届出まで)。
ワゴンRは「グリーン購入法特定調達物品等の判断基準」に適合。*国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律
ワゴンRは「グリーン購入法に基づく政府公用車基準」に適合
グリーン税制」と「グリーン購入法に関して詳しく販売会社お問い合わせください
燃料消費率定められた試験条件のもとでの数値です。実際走行は、この条件気象道路車両・運転・整備などの状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率異なります。
エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、エンジントルク表示は「kg・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わりました。〈  〉内は、旧単位での参考値です。
この仕様改良のため予告なく変更することがあります


ワゴンR

英語 Wagon R

ワゴンRのネーミングは、ワゴンと、revolutionary(画期的な)とrelaxation(くつろぎ)のRを組み合わせた。軽自動車新し流れをつくる新カテゴリークルマ、生活にゆとり感を与えクルマという、2つの意味を込めたという。初代モデル1993年9月発売セミキャブオーバー型で、背の高いワゴン従来あまりなかったタイプ乗用車だった。右側ドアドライバー用だけ、左側は2あり、テールゲートも備えていた。リヤシートフラットにたためて、荷物多く積むことができた。エンジンは3気筒SOHC12バルブの657cc・自然吸気55psのF6Aを積み、FF車ミッションは5速MTと3速AT、4WD(ロータリーブレード・カップリングを利用)車は5速MTという設定エアコンパワーステアリングなどは標準装備価格はベースモデルのRA798000円から。

このクルマ大ヒット作となった理由は、(1)コンセプト時代に合っていたこと、(2)乗用車だけとしたこと、(3)独自のスタイリングネーミング与えたこと、などにあるといわれ、一躍ビッグネームとなった。

93年12月4WD車にも3速ATを採用した。

95年2月インタークーラー付きターボエンジン車追加。3気筒SOHC・657ccのF6Aで、EPI(電子制御燃料噴射)仕様最高出力61ps。グレード名はRT-Sで、駆動方式FF4WDがあった。フロントディスクブレーキ大径化し、サスペンション専用チューン施した。

95年10月マイナーチェンジ実施エクステリアではボディ同色バンパー熱線吸収グリーンガラス、テールゲートのアウターハンドルなどを採用した。インテリアでは、リヤシート(折りたためる)にリクライニング機構組み込み、フルフラットにもできた。エンジンではF6A最大トルクを5.8→6.1kg-mヘアップ、ターボ最高出力も64psに引き上げた。4WDターボ車にも3速ATを設定した。

96年8月5ドア2WD車を追加同時に従来車内・外装の装備拡充をはかった。

97年2月低価格RC設定4月マイナーチェンジ車種追加エクステリアではグリルを変え、グレードによりアルミホイールホイールキャップデザイン新しくした。インテリアではシート抗菌処理のステアリングホイールメーターなどを変更機構面では、RXFXエンジン新開発のオールアルミ製3気筒DOHC12バルブEPIK6A、58psに換装し、一部FF車はATを電子制御4速に積み替えた。RSというホットモデルを追加11月コラムという新バリエーション追加。コラムセレクターの3速AT車で、フロントシートはベンチタイプ。丸いヘッドランプテールランプ、縦格子のラジエーターグリルなどが特徴駐車ブレーキペダル式となった。インテリアでは、インスツルメントパネル下部木目調変わった

98年1月車種追加K6ADOHCインタークーラー付きターボエンジン搭載RSベースに、ラジエーターグリルほかを専用デザインとし、車高下げRR設定した。また、1-2ドアでターボエンジン、コラムATのコラムターボ追加5月には通常型にコラムAT+フロントベンチシートのFXFT加えた。

10月、新軽規格合わせてフルモデルチェンジ、2代目に進んだ。スタイリング初代大きく変わらず、コンセプト継承した正常進化型だった。新型では、通常シリーズのほか、RRと呼ぶスポーティシリーズをリリース。ボディタイプは両者とも1-2ドアと5ドアハッチバック。合計8グレード設定2WD4WDがあり、ミッションは5速MTと3速/4速AT、そしてCVT選択できた。

通常型に載るエンジンF6A自然吸気・52psとそのターボ・60ps、K6ADOHC自然吸気の55psとVVT・55psの4種。RR用は、K6ADOHCインタークーラー付きターボ・64psだけ。ホイールベースは2360mmと従来車より長くなったが、回転半径は4.6mを4.2mに改善した。インテリア進歩し、シート助手席クッション部を前方直立させ、シートバック平に倒して、リヤシート平に倒すこととあわせて長尺物収容できるようになった小物スペースも増えた。

99年10月マイナーチェンジターボを除く全車にDOHC16バルブVVTエンジン採用シート表皮トリムも変えた。RRシリーズにはクラッチスタートシステムが付いた。

2000年4月1-2ドアモデルがなくなり、5ドアだけになった。

2001年11月運転席助手席SRSエアバッグとフロントシートベルト・プリテンショナーを全車に標準装備外観ではフロントグリル車体色化などの改良を行った。そのほか新開発DOHCエンジン「Mターボ採用モデル設定ミッションは4速コラム式ATが主力になった。

2002年9月、新デザインフロントグリル採用ディスチャージヘッドランプ装着車を設定(一部オプション)。内装関係ではインスツルメントパネルデザイン一新、メーターパネルも変更した。リヤシートスライド機構付け前後105mm幅で調整が可能になった。お買い得車「N-1ターボ設定

2003年4月お買い得機種追加装備選べるA、Bの2タイプがあり、SRSエアバッグエアコンパワーウィンドウなどを標準装備。Bはさらに、キーレスエントリーシステムなどが付く。

ワゴンR

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

スズキ・ワゴンR

(ワゴンR から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/04 23:05 UTC 版)

ワゴンR(ワゴンアール、Wagon R)は、スズキが生産・販売している軽トールワゴンである。




  1. ^ 2003年暦年(2003年1月〜12月)の年間軽自動車販売台数でムーヴに抜かれたことがあった。2003年度(2003年4月〜2004年3月)の軽自動車販売台数では、ワゴンRが第1位。
  2. ^ 1+2ドアモデルの「RR」を5ドアモデルとしたグレード
  3. ^ 同時期にモデルチェンジないしは発売されたアルトKeiでも同様の手法が取られている。
  4. ^ CVTは愛知機械工業製で、スズキと愛知機械工業の共同開発。同時期にフルモデルチェンジしたダイハツ・ミラにも採用
  5. ^ “「ワゴンR 車椅子送迎車」をフルモデルチェンジし新発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (1999年3月4日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a990304.htm 2015年6月26日閲覧。 
  6. ^ “福祉車両「ワゴンR 車椅子送迎車」を一部改良し新発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (1999年11月4日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a991104.htm 2015年6月26日閲覧。 
  7. ^ 車椅子から助手席への乗り移りが容易な福祉車両「ワゴンR 助手席リフトアップ車」を新発売 - スズキ株式会社 ニュースリリース 2000年4月19日(2015年6月26日閲覧)
  8. ^ “車椅子利用者の乗降に配慮した福祉車両「ワゴンR 車椅子送迎車 リヤシート付」及び「エブリイ 後席リフトアップ車」と、ヘルパーの利用に配慮した「アルト 訪問介護車」を新発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2000年7月7日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a000707.htm 
  9. ^ “ワゴンRの福祉車両「車椅子送迎車」及び「助手席リフトアップ車」と、「アルト 訪問介護車」を一部改良” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2000年12月20日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a001220.htm 2015年6月26日閲覧。 
  10. ^ “足腰の不自由な方の乗り降りに配慮した「助手席回転シート車」を「ワゴンR」「MRワゴン」「エリオ」に設定し新発売” (プレスリリース), (2002年2月12日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a020212.htm 2015年6月26日閲覧。 
  11. ^ “福祉車両「ワゴンR助手席リフトアップ車」と「ワゴンR助手席回転シート車」を一部改良し、発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2002年10月8日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a021008.htm 2015年6月26日閲覧。 
  12. ^ “ワゴンRの福祉車両「車椅子送迎車」を一部改良し、発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2003年2月20日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a030220.htm 2015年6月26日閲覧。 
  13. ^ “新型の福祉車両「ワゴンR車いす移動車」を発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2004年2月4日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/a040204.htm 2015年6月26日閲覧。 
  14. ^ 「FC」、「スティングレー(全グレード)」、「FX-Sリミテッド/FT-Sリミテッド/RR-Sリミテッド」、「リミテッド/スティングレー リミテッド」に搭載
  15. ^ ノーマルグレードの5MT車は従来のフロアシフトで、インパネには「インパネポケット」が装備される
  16. ^ “インドのマルチ・スズキ社が新型「ワゴンR」を発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2010年4月23日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2010/0423b/index.html 2013年8月25日閲覧。 
  17. ^ Maruti Stingray launched at Rs. 4.09 lakhs [Gallery Update]”. Indian Autos Blog (2013年8月21日). 2013年8月25日閲覧。
  18. ^ “スズキ、インドネシアでエコカー「ワゴンR」を発表” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2013年9月19日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2013/0919/index.html 2013年9月19日閲覧。 
  19. ^ “スズキ、パキスタンで軽自動車「ワゴンR」を改良して発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2014年4月20日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2014/0420a/index.html 2014年4月21日閲覧。 
  20. ^ “スズキ福祉車両ウィズシリーズに「ワゴンR車いす移動車」を設定し発売” (プレスリリース), (2009年1月15日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2008/0115/index.html 2015年6月26日閲覧。 
  21. ^ “スズキ、ワゴンR 7年連続軽No.1 国内累計販売台数350万台を達成” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2011年1月11日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2010/0111/index.html 2011年1月13日閲覧。 
  22. ^ “二次電池SCiBがスズキの新型ワゴンRのアイドリングストップシステムに採用” (プレスリリース), 株式会社 東芝, (2012年9月6日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2012_09/pr_j0601.htm 2012年9月8日閲覧。 
  23. ^ 【スズキ ワゴンR 新型発表】新日鐵の技術でフロントピラーに980MPa級ハイテン”. Response. (2012年9月6日). 2012年9月7日閲覧。
  24. ^ a b “スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」2013年次 RJC テクノロジー オブ ザ イヤーを受賞” (プレスリリース), (2012年11月14日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2012/1114/index.html 2013年3月5日閲覧。 
  25. ^ 14インチタイヤ装着車。15インチタイヤを装着するスティングレー「T」は4.6m
  26. ^ グレードにより設定できるボディカラーが異なり、全グレードで設定できるボディカラーは3色のみ。フィズブルーパールメタリックは「ワゴンR」、フェニックスレッドパールは「ワゴンRスティングレー」にそれぞれ設定されるほか、ルナグレーパールメタリックとミステリアスバイオレッドパール(オプションカラー)は「FX」では設定されず、「FX」ではイノセントピンクパールメタリックとスペリアホワイトが設定される
  27. ^ “スズキ、低燃費化技術を開発” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2012年8月9日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2012/0809/index.html 2012年8月9日閲覧。 
  28. ^ “スズキ、新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2012年9月6日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2012/0906/index.html 2012年9月6日閲覧。 
  29. ^ ワゴンRのリコールについて”. スズキ株式会社 (2012年9月7日). 2012年9月22日閲覧。
  30. ^ “スズキ、新型「ワゴンR」シリーズが2012年度グッドデザイン賞を受賞” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2012年10月1日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2012/1001b/index.html 2012年10月3日閲覧。 
  31. ^ “スズキ福祉車両ウィズシリーズに「ワゴンR 昇降シート車」を設定し発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2012年11月27日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2012/1127/index.html 2017年4月20日閲覧。 
  32. ^ “スズキ、軽乗用車 新型「ワゴンR」に5MT車、「アルト ラパン」に4AT車を設定して発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2012年12月19日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2012/1219/index.html 2012年12月19日閲覧。 
  33. ^ 5MT車用のアイドリングストップシステムはCVT車用とシステムが異なり、走行中にブレーキを踏んで停車し、シフト位置をニュートラルに戻してクラッチを離すことでエンジンを自動停止する。前述のエンジンリスタート機能により、再度クラッチを踏み込むことでエンジンを再始動できる
  34. ^ “スズキ、30.0km/Lの低燃費と先進の安全技術を搭載した軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を発売 特別仕様車「ワゴンR 20周年記念車」を設定” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2013年7月16日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2013/0716a/index.html 2013年7月16日閲覧。 
  35. ^ “スズキ 「ワゴンR」が発売20年で国内累計販売400万台を達成” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2013年9月3日), http://www.suzuki.co.jp/release/d/2013/0903/index.html 2013年9月3日閲覧。 
  36. ^ “スズキ、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に「S-エネチャージ」を搭載 軽ワゴンNo.1の低燃費32.4km/Lを達成” (プレスリリース), (2014年8月25日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2014/0825/index.html 2014年8月25日閲覧。 
  37. ^ “スズキ、軽乗用車「ワゴンRスティングレー」「スペーシア カスタム」小型乗用車「ソリオ BANDIT」の3車種に特別仕様車「J STYLE」を設定して発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2014年12月18日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2014/1218/index.html 2014年12月18日閲覧。 
  38. ^ “スズキ、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」が軽ワゴントップレベルの低燃費33.0km/Lを達成” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年8月18日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2015/0818a/index.html 2015年8月18日閲覧。 
  39. ^ 4型に替わるのは「FX」のCVT車、「FZ」及びスティングレーのみで、「FX」の5MT車と「FA」は従来通り3型となる
  40. ^ なお、ターボ車用「S-エネチャージ」は一部機能向上が加えられており、モーターアシストの速度域がNA車の約85km/hまでから約100km/hまでに拡大されている
  41. ^ “スズキ、軽乗用車「ワゴンR」と「スペーシア」に特別仕様車を設定し発売” (プレスリリース), スズキ株式会社, (2015年12月21日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2015/1221/index.html 2015年12月21日閲覧。 
  42. ^ 「S-エネチャージ」の搭載に合わせ、メーターにステータスインフォメーションランプとエネルギーフローインジケーターを追加し、バックドアに装着されている「ENE-CHARGE」エンブレムは「S-ENE CHARGE」エンブレムに変更される
  43. ^ マイルドハイブリッドシステムの搭載に伴い、「HYBRID FX」・「HYBRID FZ」及びスティングレー「HYBRID X」・「HYBRID T」には、4代目ソリオ/2代目ソリオバンディット、イグニス、4代目スイフト同様に左右フェンダーとリアドア右下にマイルドハイブリッドエンブレム(背景色が銀・文字色が青)が装着される
  44. ^ なお、モーターによるクリープ走行時や減速中のアイドリングストップ時はエンジン音がしないため、歩行者に車両の接近を知らせる通報音を自動で鳴らす車両接近通報装置が装備される
  45. ^ 当モデルを除けば、軽乗用車でリアワイパーが上部にある車種はミニカトッポトッポBJ前期・中期型、トッポBJの復活モデルであるトッポのみで実質的にはトッポの他にリアワイパーが上部にある軽乗用車では存在していなかった。
  46. ^ 傘についた雨水は車外に排出される構造となっているため
  47. ^ “スズキ、新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を発売” (プレスリリース), (2017年2月1日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2016/0201/index.html 2017年2月26日閲覧。 
  48. ^ スティングレーでフォグランプが装着されていないグレードは初設定である。
  49. ^ サイドターンマーカーがスティングレーに設定されたのは2013年7月の一部改良以来、4年7ヶ月ぶりである。
  50. ^ 2014年8月のマイナーチェンジ以来、2年5ヶ月ぶりの復活。
  51. ^ 2016年12月の仕様変更により、ワゴンRでは継続設定されている「フィズブルーパールメタリック」と入れ替えで設定されている。
  52. ^ 2代目ソリオ、3代目末期(スポーツ含む)、4代目スイフトイグニス設定色
  53. ^ 「フェニックスレッドパール」はスティングレー専用色だったが、「ピュアレッド」はワゴンRでも設定可能な共通カラーに移行。ただし、ワゴンRでも特別仕様車では設定されていた時期がある。(後述するスチールシルバーメタリックも該当しており、設定されていた特別仕様車は奇しくも同じである。)
  54. ^ ワゴンRも特別仕様車である「20周年記念車」と「FXリミテッド」で設定されていたことがある。
  55. ^ 5代目は白系はスペリアホワイトのみ選択可だった。
  56. ^ “スズキ、福祉車両ウィズシリーズに新型「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」を設定し発売” (プレスリリース), 2017-04-20, http://www.suzuki.co.jp/release/a/2017/0420/ 2017年4月20日閲覧。 
  57. ^ ベースグレードである「HYBRID FX」、「HYBRID FZ」、スティングレー「L」は「セーフティパッケージ」としてセットオプションとなる。
  58. ^ カタロググレードの「FA」同様、アイドリングストップは搭載されていない。
  59. ^ なお、「スペリアホワイト」は「ピュアホワイトパール」の設定に伴い、受注生産対応に移行
  60. ^ 5代目にも設定されていたボディーカラーだが、ウィズシリーズには設定されていなかった。
  61. ^ “スズキ、軽乗用車 新型「ワゴンR」に5MT車を設定して発売” (プレスリリース), (2017年8月23日), http://www.suzuki.co.jp/release/a/2017/0823/ 2017年8月24日閲覧。 
  62. ^ 「全方位モニター付メモリーナビゲーション」の設定のあった他の車種(ハスラー、スイフト等)も同様である。
  63. ^ “スズキの四輪車、二輪車、船外機が2017年度グッドデザイン賞を受賞” (プレスリリース), 2017-10-04, http://www.suzuki.co.jp/release/d/2017/1004/ 2017年10月5日閲覧。 
  64. ^ なお、スズキ車ではスイフトシリーズ(スイフト、スイフトスポーツ、ディザイア)も同時に受賞されている
  65. ^ スズキ「ワゴンR」は再び王座を奪還できるか (東洋経済ONLINE) 2017年02月02日(2017年5月17日閲覧)
  66. ^ ちなみに、シボレー・コルベットのスティングレイはアカエイの意味である。
  67. ^ 『ワゴンR』の名付け親に別れ 戸田スズキ前社長合同葬 - SUZUDAS(スズキ車blog) 2007年03月30日(2012年10月16日閲覧)


「スズキ・ワゴンR」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ワゴンRに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ワゴンR」の関連用語

ワゴンRのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フロントアウトプットシャフト

スラントアイ

プレマシー

トレディア

エアロボード

直列エンジン

ウィッシュ

ギャラン


自動車メーカー一覧
スズキの車種一覧



ワゴンRのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
スズキスズキ
(c)SUZUKI MOTOR CORPORATION All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスズキ・ワゴンR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS