張形 保存方法

張形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 05:26 UTC 版)

保存方法

使用後しっかりと水洗いしたあと水気を切って乾燥させる。電動のものは水洗いすると内部に浸水して故障の原因になるので、水で湿した布で綺麗に拭く。

日本

鼈甲製の張形
日本では江戸時代に大奥で使われていたとされる。湯で柔らかくして、綿を詰めて利用したという。

記録に残る日本最古の張形は、飛鳥時代遣唐使が持ち帰った青銅製の物が大和朝廷への献上品に含まれていたという記述があり[要出典]奈良時代に入ると動物のなどで作られた張り形が記録に登場している[要出典]

江戸時代に入ると木や陶器製の張り形が販売され一般にも使われ始めた。大奥など男性禁制の場において奥女中が性的満足を得るために使用する例も見られた。江戸時代には陰間もしくは衆道という男色の性文化が存在し、キリスト教的文化圏と違って肛門性愛に対するタブーが存在しなかったため、女性用だけでなく男性が自分の肛門に用いることもあった。明治に入ると近代化を理由に取り締まり対象となり、多くの性具が没収され処分された。売春そのものは禁止されていなかったために、性風俗店での使用を前提とした性具は幾度も取り締まられながらも生き残っていった。しかし終戦を迎えた1948年の薬事法改正から厚生大臣の認可が必要となった。そのためそれまで認可されていない性具は販売が不可能となった。そこで業者は張形に顔を彫り込んで「こけし」もしくは「人形」として販売を行なうこととなった。そのため日本の性具は人、もしくは動物の顔が造形されるようになった。そのため形状の似ている「こけし」という名称が使用された。また電動式のものは「マッサージ器」もしくは「可動人形」「玩具」として販売されている。インターネットの発達にともない規制の少ない海外製品も個人で購入できるようになったために、現在では顔のあるものは減ってきており、「ジョークグッズ」の一種として扱われることが多い。

信仰の対象

日本では特に男性外性器の形のものをさすことが多い。陽物崇拝では、子孫繁栄を願ったお守りとしても用いられた[3]。現在の日本でも、木製の巨大な男性器像が神社に祭られている場合がある。たとえば神奈川県かなまら祭は男根を模した神輿が練り歩く奇祭として知られ、毎年4月第一日曜日に行われている[4]。日本国外でもよく知られ、国内外から、梅毒エイズの等の性病の難を避ける祈願で観光客を集めている[5]

この他にも地域信仰で体の悪い所(手足や耳・鼻といった部分)を模した木製の奉納物を神社に収める風習も見られ、古代のアニミズムにその源流を見出す事ができる。これらの人体の模造品は、その機能を霊的なものとしてシンボル化したり、または霊的な災い(祟り)による病気を代わりに引き受けてくれるものとして扱われた。[要出典]


  1. ^ : dildo
  2. ^ エロ街道をゆく』p.174.
  3. ^ 張形 江戸をんなの性[要ページ番号]
  4. ^ 若宮八幡宮”. 川崎大師観光案内センター. 2015年8月9日閲覧。
  5. ^ 黒木貴啓 (2015年4月8日). “奇祭「かなまら祭」が記念撮影用の男根型モニュメントの自粛を発表 参加客の露出行為を受けて”. ねとらぼ. 2015年8月9日閲覧。


「張形」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「張形」の関連用語

1
100% |||||

2
78% |||||

3
72% |||||


5
70% |||||


7
56% |||||

8
56% |||||

9
56% |||||

10
56% |||||

張形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



張形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの張形 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS