パノラマエクスプレスアルプス 富士急行譲渡後

パノラマエクスプレスアルプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 08:01 UTC 版)

富士急行譲渡後

  • 老朽化のため、2001年8月末にJR東日本での運用を終了した後の同年9月に富士急行に譲渡され、2000形電車に形式変更。譲渡時に2001号・2002号の3両編成として分割され、外部塗装を大きく変更。内装はモケットを茶色系統から青色系統へ交換した程度である。また2001号編成はシングルアームパンタグラフに換装した。
  • 2013年10月に小田急電鉄20000形RSE車1編成7両が譲渡の上で3両編成への短縮改造を施工し、2014年夏より本形式を置換える計画が発表されたことから[6]、同年11月30日から2002号編成の塗装を「パノラマエクスプレスアルプス」色へ復元しリバイバル運転を開始した[7]。同編成は2014年2月9日のありがとうイベントで運用終了の予定が、記録的な大雪により中止となった[8]。このため、同編成を使った最終イベントは2013年11月30日に開催された富士急電車まつりとなったことから、2014年5月18日に記念グッズ販売会が開催された[9]
  • 一方の2001号編成も2015年度中にJR東海371系への置換えを発表[10]。同編成は2016年2月7日に開催した富士山駅での運転台見学と記念グッズ販売会[11]を含むラストランイベントで運用を終了した[12]
2001号編成
2002号編成
2002号編成「パノラマエクスプレスアルプス」リバイバルカラー

注釈

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 鉄道ジャーナル、p.64。
  2. ^ a b c d e 鉄道ジャーナル、pp.7-11。
  3. ^ a b c 鉄道ジャーナル、p.67。
  4. ^ a b c d e f 鉄道ジャーナル、p.65。
  5. ^ a b 鉄道ジャーナル、p.66。
  6. ^ “小田急ロマンスカー20000形車両の富士急行への譲渡について” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄株式会社、富士急行株式会社, (2013年10月11日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8027_3257345_.pdf 2013年10月11日閲覧。 
  7. ^ ありがとうフジサン特急2002号編成 〜懐かしのカラーで富士山麓を駆け抜けます〜[リンク切れ] - 富士急行公式サイト
  8. ^ 2月9日(日)2002号編成引退記念イベント中止について - [リンク切れ] - 富士急行公式サイト
  9. ^ 5月18日(日)河口湖駅にて「ありがとうフジサン特急2002号編成引退記念グッズ」を販売します[リンク切れ] - 富士急行公式サイト
  10. ^ 東海旅客鉄道株式会社371系車両の購入について - 富士急行公式サイト
  11. ^ 2月7日(日)、フジサン特急2000系ラストランイベント開催
  12. ^ フジサン特急2000系車両、平成28年2月7日(日)引退 - 富士急行公式サイト
  1. ^ 旅客扱いは下り列車のみで上り列車は回送(回9346M)だった。補機は上り下りともにEF63-20、22だった。


「パノラマエクスプレスアルプス」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パノラマエクスプレスアルプス」の関連用語

パノラマエクスプレスアルプスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パノラマエクスプレスアルプスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパノラマエクスプレスアルプス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS