クラウドファンディング 種類

クラウドファンディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/24 05:33 UTC 版)

種類

クラウドファンディングは資金提供者に対するリターン(見返り)の形態によって下記の3類型に大別される[31][32]

  • 金銭的リターンのない「寄付型
  • 金銭リターンが伴う「投資型
  • プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型

日本では、資金決済に関する法律金融商品取引法などによって個人間の送金や投資が制限されていることから、購入型のクラウドファンディングの企業数が最も多く認知度が高い。その一方、個人から少額の資金を募って融資を行う投資型(ソーシャルレンディングとも言われる)は企業数は少ないが(日本では金融商品取引法の第2種金融商品取引業の登録が必要[32])、金銭のリターンを求める投資家の需要を取り込み、国内では300億円以上の融資実績がある。

なお、東洋経済新報社では投資型のクラウドファンディングを、「融資(貸付)型」「ファンド型」「株式(エクイティ)型」に区分している[33]

日本での状況

歴史

#歴史の節で解説したように、もともと欧米では書籍の出版という事業はクラウドファンディングに近い方式で行われることが多かったわけであるが) 日本でも明治30年代後半、出版社の丸善が『エンサイクロペディア・ブリタニカ』の第十版(全35冊構成)を出版するプロジェクトを立ち上げ、「予約申込金」方式で受け付け(あらかじめ「予約申し込み金」を、人々から払ってもらい、そのお金を使って)第一冊を印刷・配本し、あとは月賦で集金するという販売法を発表して申し込みを受け付け、実行に移した。

日本では(2000年開始の)ミュージックセキュリティーズの音楽ファンドが初のクラウドファンディングである、とも言われている[34]

日本では、第2次安倍内閣で策定された政策に沿って、「リスクマネーの供給強化」の手段の1つとしてクラウドファンディングを活用する施策が掲げられ、規制を緩和する金融商品取引法などの改正案が2014年(平成26年)5月23日に国会で可決成立した[35][36]

自主規制機関の状況

クラウドファンディング業務に対する自主規制は以下の通り。

  • 株式型は日本証券業協会(株式投資型クラウドファンディング業務に関する規則)
  • ファンド型は第二種金融商品取引業協会(電子申込型電子募集取扱業等に関する規則)
  • 購入型・寄付型・融資型無し(2016年7月末現在)

日本での主なクラウドファンディングサイト

購入型

 プロジェクト成立件数国内NO.1のクラウドファンディングプラットフォーム。手数料は17%。READYFORとほぼ同時期の2011年に創業した日本でも老舗のサービス。モノづくり・食品・カルチャーまで幅広いオールジャンルのプロジェクトを扱っている。「小さな火を灯す」を合言葉に、国内購入型の調達金額NO.1を記録した「OVERDRIVE最終作「MUSICA!」開発プロジェクト」(2019年3月時点)や、別府市の「湯~園地」、株式会社タニタによる「ツインスティック・プロジェクト」など企業によるものから、学生や個人による挑戦まで幅広いプロジェクトを扱っている。家入一真が代表を務める。手数料は17%。

  • FAAVO

 地域特化型のクラウドファンディングプラットフォーム。株式会社CAMPFIREが2018年に株式会社サーチフィールドから事業譲受し運営している。

 グリーが運営する、エンターテインメント領域に特化したファンコミュニティ・プラットフォーム。SNSをベースとし、クラウドファンディングだけでなく、サブスクリプション方式の月額課金やニュースレター等、ファンビジネスに必要な様々な機能がプラットフォームとして無料で提供されている。手数料は10%。

 2011年3月29日に開始した日本初のクラウドファンディングサービス。「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というビジョンのもと、インターネットを通じて、「やりたいことを成すために資金が必要な人」と「共感し応援する人」をつなげるサービスとして運営されている。公開されたプロジェクトの資金調達の成功率が75%(2018年10月時点)であり、業界平均30%と比べて非常に高い。2016年6月、サービス産業生産性協議会が主催する日本サービス大賞で、「優秀賞(SPRING賞)」を受賞。また、2019年5月、第5回 日本ベンチャー大賞で「経済産業大臣賞(女性起業家賞)」を受賞。代表は米良はるか。手数料は20%。

 サイバーエージェントグループ。モノづくり・飲食店などのジャンルのプロジェクトが多い傾向がある。2019年12月11日、東証マザーズ市場に上場した。手数料は20%。

株式会社国際資源が運営する初心者向けクラウドファンディングプラットフォーム

 朝日新聞社が運営するクラウドファンディングプラットフォーム。

  • Greenfunding
  • MotionGallery

 大分合同新聞社が、大分銀行ミュージックセキュリティーズと連携して運営するクラウドファンディングプラットフォーム。

寄付型

投資型

  • CrowdBank(貸付型)
  • maneo(貸付型)
  • SBIソーシャルレンディング(貸付型)
  • CAMPFIRE OWNERS(貸付型)
  • さくらソーシャルレンディング(貸付型)
  • セキュリテ(ファンド型)
  • CREAL(ファンド型)

関連法令、関連税制など

投資型は、匿名組合による出資行為が、金融商品取引法の規制対象である有価証券の一種「集団投資スキーム持分」に該当するため、前述のように、金商法の第2種金融商品取引業の登録が必要となり、金商法の監督を受ける。匿名組合出資は会計上の負債に計上されるが、一定の条件下で金融機関から資本性借入金と評価される[35][32]

寄付型・購入型は金商法の規制は受けないが、寄付型は法人については一定金額までしか損金に算入されず、個人については控除が一切受けられない税制上の問題がある。 購入型は主に一般消費者が資金の提供者となることから、瑕疵担保責任が生じるほか、特定商取引法景品表示法など消費者関係法の規制対象となり、提供される商品の対価によっては。寄付型と同様の税制上の問題を生じる[35][32]

脚注

[脚注の使い方]

出典




  1. ^ Ordanini, Andrea; Fisk, Raymond P.; Miceli, Lucia; Pizzetti, Marta; Parasuraman, A. (2011). “Crowd‐funding: transforming customers into investors through innovative service platforms”. Journal of Service Management 22 (4): 443–470. doi:10.1108/09564231111155079. ISSN 1757-5818.  (あるいはこちらでも Scribd document)
  2. ^ What IS Crowdfunding And How Does IT Benefit The Economy” (2012年11月27日). 2012年12月6日閲覧。
  3. ^ クラウドファンディングとは 「ソーシャルファンディング」 (crowd funding): - IT用語辞典バイナリ”. 2012年12月6日閲覧。
  4. ^ 人が歩くと電力が生まれるPavegenがクラファンで3億円超獲得”. 2019年7月18日閲覧。, 86gで防水も耐衝撃もよし。キヤノンのカラビナカメラ、クラファンスタート!”. 2019年7月18日閲覧。
  5. ^ Welcome to The Crowdfunding Wiki!”. Michael Sullivan and pbworks consensus group. 2012年8月12日閲覧。
  6. ^ Crowd funding: An emerging trend in Bollywood”. 2012年8月12日閲覧。
  7. ^ Crowdfunding as the future of science funding? | The Science Exchange Blog”. Blog.scienceexchange.com (2012年5月27日). 2012年8月19日閲覧。
  8. ^ Inside the JOBS Act: Equity Crowdfunding”. 2012年11月6日閲覧。
  9. ^ 群集資金とICOリスト”. Icotokennews. 2017年8月12日閲覧。
  10. ^ Crowfunding in a Canadian Context” (accessed February 7, 2013). 2013年5月28日閲覧。
  11. ^ Crowdfunding: Transforming Customers Into Investors Through Innovative Service Platforms” (accessed February 7, 2013). 2013年5月28日閲覧。
  12. ^ BBC The Statue of Liberty and America's crowdfunding pioneer
  13. ^ Joseph Pulitzer” (2013年2月7日). 2013年2月28日閲覧。
  14. ^ The Marillion story and what we can all learn from it”. 2013年2月28日閲覧。
  15. ^ guitartabsexplorer.com”. 2013年2月28日閲覧。
  16. ^ “BBC article, May 11, 2001”. http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/1325340.stm 2013年2月28日閲覧。 
  17. ^ OHM Review”. 2013年2月28日閲覧。
  18. ^ Calling the faithful for Album 15”. 2013年2月28日閲覧。
  19. ^ Wharton”. 2013年2月28日閲覧。
  20. ^ Inc.com”. 2013年2月28日閲覧。
  21. ^ Drownedinsound.com "Wanna Go VIP? Electric Eel Shock'll show you the way...", Dec 2nd, 2004”. 2013年2月28日閲覧。
  22. ^ itsallhappening, June 24th, 2008”. 2013年2月28日閲覧。
  23. ^ Andrew Rodgers (1999年6月11日). “Filmmaker Uses Web To Help Finance, Cast Movie”. Chicago Tribune. 2013年1月7日閲覧。
  24. ^ Kate Bulkley (2012年11月24日). “funding models for film making | Sheffield Doc/Fest 2010 | guardian.co.uk”. Guardian. 2012年12月13日閲覧。
  25. ^ Crowd-Funding FAQ”. Spanner Films (2009年7月13日). 2012年12月13日閲覧。
  26. ^ Christina Warren (2011年1月17日). “A Guide to Kickstarter & Crowd Funding [INFOGRAPHIC]”. Mashable.com. 2012年12月13日閲覧。
  27. ^ blog entry by Morton Valence "Nothing Like Sellaband", May 22, 2008”. 2013年2月28日閲覧。
  28. ^ Crowdfunding and ICO Listing”. Applancer. 2017年8月12日閲覧。
  29. ^ Crowdfundings earliest citation”. 2013年2月28日閲覧。
  30. ^ How to Pick the Right Crowdfunding Site”. 2012年10月22日閲覧。
  31. ^ クラウドファンディング:ウェブ上の新しいコミュティの形”. 人工知能学会. May 2,2013閲覧。
  32. ^ a b c d クラウドファンディングの法規制(基礎編)”. AZX総合法律事務所 弁護士 池田宣大. 2016年5月10日閲覧。
  33. ^ 動き出す「投資型クラウドファンディング」”. 東洋経済オンライン (2014年8月8日). 2016年5月10日閲覧。
  34. ^ 「ふるさと投資」連絡会議 (2015). 「ふるさと投資」の手引き: 12. https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/tiikisaisei/furusato/kaigi/tebiki_honnpen.pdf. 
  35. ^ a b c クラウド・ファンディングの活用促進”. 大阪府 (2016年2月1日). 2016年5月9日閲覧。
  36. ^ 第186回国会における金融庁関連法律案”. 金融庁 (2014年5月23日). 2016年5月9日閲覧。


「クラウドファンディング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラウドファンディング」の関連用語

クラウドファンディングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クラウドファンディングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラウドファンディング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS