鴨嘴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 哺乳類 > 鴨嘴の意味・解説 

かも の はし [3][1] 【鴨

単孔目原始的哺乳類頭胴長37センチメートル、尾13センチメートルほど。四肢は短く水搔きがあり、カモに似たくちばしをもち、尾はビーバーに似て長く扁平。体は灰褐色。卵を産み孵化ふか)した子は乳を飲んで育つ。夜行性オーストラリア東部タスマニア島分布
イネ科多年草海岸湿地などに自生。高さ50センチメートル 内外線形頂に長さ5センチメートル 内外の紫赤色花穂を密接して二個立てる。二個の花穂カモくちばし見立てこの名がある。

鴨嘴

読み方:カモノハシ(kamonohashi)

単孔目


鴨嘴

読み方:カモノハシ(kamonohashi)

カモノハシ科卵生哺乳動物

学名 Ornithorhynchus anatinus


鴨嘴

読み方:カモノハシ(kamonohashi)

イネ科多年草

学名 Ischaemum aristatum var.glaucum


カモノハシ

(鴨嘴 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 14:44 UTC 版)

カモノハシ(鴨嘴、Ornithorhynchus anatinus)は、哺乳綱単孔目カモノハシ科カモノハシ属に分類される哺乳類。現生種では本種のみでカモノハシ科カモノハシ属を形成する。


  1. ^ a b Woinarski, J. & Burbidge, A.A. 2016. Ornithorhynchus anatinus. In: IUCN 2017. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2017.3.
  2. ^ a b c d e Cath Jones and Steve Parish, Field Guide to Australian Mammals, Steve Parish Publishing, ,ISBN 1-74021-743-8
  3. ^ Brian K. Hall (1999年3月). “The Paradoxical Platypus”. BioScience (American Institute of Biological Sciences) 49 (3): 211–218. doi:10.2307/1313511. http://jstor.org/stable/1313511. 
  4. ^ a b c d Platypus facts file”. Australian Platypus Conservancy. 2006年9月13日閲覧。
  5. ^ Duck-billed Platypus”. Museum of hoaxes. 2008年4月2日閲覧。
  6. ^ Liddell & Scott (1980). Greek-English Lexicon, Abridged Edition. Oxford University Press, Oxford, UK. ISBN 0-19-910207-4. 
  7. ^ a b c J.R.Grant. “Fauna of Australia chap.16 vol.1b”. Australian Biological Resources Study (ABRS). 2006年9月13日閲覧。
  8. ^ Platypus Paradoxes”. National Library of Australia (2001–08). 2006年9月14日閲覧。
  9. ^ The Platypus”. Department of Anatomy & Physiology, University of Tasmania (1997年7月3日). 2006年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年9月14日閲覧。
  10. ^ ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006, ISBN 9781740335782
  11. ^ “三重大、カモノハシ研究 歯の消滅を解明 くちばし神経が発達”. 伊勢新聞. (2016年11月30日). http://www.isenp.co.jp/news/20161130/news01.htm 2016年12月3日閲覧。 
  12. ^ Australian Fauna”. Australian Fauna. 2010年5月14日閲覧。
  13. ^ The University of Sydney”. Usyd.edu.au (2008年5月8日). 2010年5月14日閲覧。
  14. ^ Rainforest Australia”. Rainforest Australia. 2010年5月14日閲覧。
  15. ^ a b c Gerritsen, Vivienne Baillie (2002年12月). “Platypus poison”. Protein Spotlight (29). http://www.expasy.org/spotlight/back_issues/sptlt029.shtml 2006年9月14日閲覧。. 
  16. ^ Evolution of platypus venom revealed CosmosJuly 4, 2007
  17. ^ クリスティー・ウィルコックス 『毒々生物の奇妙な進化』(垂水雄二訳、文藝春秋、2017)
  18. ^ G. M. de Plater, P. J. Milburn and R. L. Martin (2001年3月1日). “Venom From the Platypus, Ornithorhynchus anatinus, Induces a Calcium-Dependent Current in Cultured Dorsal Root Ganglion Cells”. Journal of Neurophysiology (American Physiological Society) 85 (3): 1340–1345. PMID 11248005. http://jn.physiology.org/cgi/reprint/85/3/1340. 
  19. ^ The venom of the platypus (Ornithorhynchus anatinus)”. 2006年9月13日閲覧。
  20. ^ The venom of the platypus(Ornithorhynchus anatinus)”. 2009年4月16日閲覧。


「カモノハシ」の続きの解説一覧



鴨嘴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鴨嘴」の関連用語

鴨嘴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鴨嘴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカモノハシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS