梅田駅 (Osaka Metro)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 梅田駅 (Osaka Metro)の意味・解説 

梅田駅 (Osaka Metro)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 02:52 UTC 版)

梅田駅(うめだえき)は、大阪府大阪市北区角田町にある大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) 御堂筋線である。駅番号M16




  1. ^ 梅田3駅(梅田・東梅田・西梅田駅)の改札外乗継について|Osaka Metro” (日本語). Osaka Metro. 2019年9月7日閲覧。
  2. ^ 【報道発表資料】地下鉄御堂筋線梅田駅の火災について - 大阪市
  3. ^ 御堂筋線梅田駅のアーチ天井が完成します! ~ほのぼのと優しい照明(ひかり)で癒しの空間~ - 大阪市
  4. ^ 酒井 得二 「特集:大阪市交通局 輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』2004年3月臨時増刊 27頁
  5. ^ Osaka Metro|梅田” (日本語). www.osakametro.co.jp. 2018年8月12日閲覧。
  6. ^ Osaka Metro|梅田” (日本語). www.osakametro.co.jp. 2018年8月12日閲覧。
  7. ^ Osaka Metro御堂筋線梅田駅に地下空間世界最大のLEDモニター「Umeda Metro Vision」が登場! - 大阪市高速電気軌道 2019年11月1日
  8. ^ 大阪メトロ、世界最大LEDモニターを公開 梅田駅 - 日本経済新聞 2019年11月30日
  9. ^ めちゃ大きいモニター、大阪メトロ梅田駅に ギネス記録 - 朝日新聞 2019年11月30日
  10. ^ 路線別乗降人員(2018年11月13日 交通調査) (PDF) - Osaka Metro
  11. ^ 「首都圏・京阪神大都市圏駅別乗降者数総覧'06年版」(エンタテイメントビジネス総研)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(昭和42年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(昭和43年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(昭和44年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(昭和45年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(昭和46年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(昭和48年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(昭和51年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(昭和53年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(昭和57年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(昭和61年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(昭和63年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  30. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  31. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  32. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  33. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  34. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  35. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  36. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)
  37. ^ 大阪府統計年鑑(令和元年) (PDF)


「梅田駅 (Osaka Metro)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「梅田駅 (Osaka Metro)」の関連用語

梅田駅 (Osaka Metro)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



梅田駅 (Osaka Metro)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梅田駅 (Osaka Metro) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS