戦国自衛隊 1549とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 戦国自衛隊 1549の意味・解説 

戦国自衛隊 1549

原題:
製作国:日本
製作年:2005
配給:東宝
スタッフ
監督:手塚昌明 テヅカマサアキ
製作:黒井和男 クロイカズオ
プロデューサー:土川勉 

貝原正行 カイバラ
アソシエイト・プロデューサー:門屋大輔 カドヤダイスケ
原作:福井晴敏 フクイハルトシ
原案:半村良 ハンムラリョウ
脚色:竹内清人 タケウチキヨト

松浦靖 マツウラヤスシ
撮影:藤石修 フジイシオサム
音楽:shezoo シズ
音楽プロデューサー:岸健二郎 キシケンジロウ
美術:清水剛 シミズ
編集:普嶋信一 
衣装(デザイン):新井正人 

内海真敏 ウチウミマサトシ

稲毛英一 イナゲエイイチ
録音:湯脇房雄 
スクリプター:目黒亜希子 メグロアキコ
スチール:永江和之 
音響効果:柴崎憲治 シバザキケンジ
その他:荻野和仁 オギノカズヒト

宇田川昭次 

由里敬三 ユリケイゾウ

脇坂守一 

天野ゆに子 アマノユニコ

原田学 ハラダマナブ

黒須信彦 クロスノブヒコ

江川信也 エガワシンヤ

大河原宏 オオガワラヒロシ

能宗啓之 

平井文宏 ヒライフミヒロ

奥田誠治 オクダセイジ

佐藤貴博 サトウタカヒロ

福田和美 フクダカズミ

吉田和生 ヨシダカズオ

柳沢典子 ヤナギサワノリコ

小川みゆき オガワミユキ

藤直樹 フジナオキ

秋葉千晴 アキバチハル

鍋島壽夫 ナベシマトシオ

渡辺健一 ワタナベケンイチ

樋口真嗣 ヒグチシンジ

芳川透 ヨシカワトオル

中村淳 ナカムラジュン

清久素延 キヨヒサモトノブ

久米攻 

中條勝美 ナカジョウカツミ

岩田安司 イワタヤスジ

鈴木豊 スズキユタカ

小俣雅弘 コマタマサヒロ

和田宏之 ワダヒロユキ

大屋哲男 

道木伸隆 ミチキノブタカ

西川伸司 ニシカワシンジ

羽鳥博幸 ハトリヒロユキ

宇田川幸夫 ウダガワユキオ

高見澤利光 タカミザワトシミツ

石川真吾 イシカワシンゴ

原山健作 ハラヤマケンサク

深作覚 フカサクサトル

納富貴久男 

唐沢裕一 カラサワユウイチ

小西剛 コニシツヨシ

Full Of Harmony フル・オブ・ハーモニー
助監督:兼重淳 カネシゲジュン
照明:渡辺三雄 ワタナベミツオ
キャスト(役名
江口洋介 エグチヨウスケ (鹿島勇祐)
鈴木京香 スズキキョウカ (神崎二等陸尉
鹿賀丈史 カガタケシ (的場毅/織田信長
北村一輝 キタムラカズキ (飯沼七兵衛
綾瀬はるか アヤセハルカ (濃姫
伊武雅刀 イブマサト (斎藤道三
中尾明慶 ナカオアキヨシ (介)
中尾明慶 ナカオアキヨシ (木下藤吉郎
生瀬勝久 ナマセカツヒサ (森彰彦三等陸佐
嶋大輔 シマダイスケ (三國陸曹長
的場浩司 マトバコウジ (与田二尉
高畑淳子 タカハタジュンコ (各務野)
宅麻伸 タクマシン (蜂須賀小六
入江雅人 イリエマサト (紅林二尉
井上肇 イノウエハジメ (堀田道空)
山下真広 ヤマシタマサヒロ (柴田勝家
横塚進之介 ヨコツカシンノスケ (佐久間信盛
唐渡亮 カラトリョウ (三島軍兵衛)
水橋研二 ミズハシケンジ (木下
井川哲也 イガワテツヤ (高梨二尉
和田慎太郎 ワダシンタロウ (有野三尉
東地宏樹 トウチヒロキト (山瀬二尉
辻本一樹  (谷口二尉
羽柴誠 ハシバマコト (井川二曹
杉本凌士 スギモトリョウジ (松沢三曹
七海智哉 ナナミトモヤ (長峰三曹
津野岳彦 ツノタケヒコ (中西一曹
小島晃 コジマアキラ (村瀬一曹
平野貴大 ヒラノタカヒロ (上田二曹
岩間天嗣 イワマタカツグ (船田三曹
松下哲 マツシタテツ (大崎二曹
野村明広 ノムラアキヒロ (鈴木三曹
森啓祐操  (杉崎二曹
北谷内耕介  (操舵手)
金原泰成 カネハラヤスナリ (運転手
高野弘樹 タカノヒロキ (助手席隊員
叶雅貴 カノウマサキ (ロメオ隊員1)
宮澤寿 ミヤザワヒサシ (ロメオ隊員)
高垣顕 タカガキケン (ロメオ隊員)
山根和馬 ヤマネカズマ (ロメオ隊員)
久保和明 クボカズアキ (ロメオ隊員)
徳原晋一 トクハラシンイチ (ロメオ隊員)
武田頼政 タケダヨリマサ (ロメオ隊員)
むかい誠一 ムカイセイイチ (ロメオ隊員)
神卓  (ロメオ隊員)
松原誠 マツバラマコト (ロメオ隊員)
柄沢次郎 カラサワジロウ (武将1)
森脇史登 モリワキフミト (森田
恩田括 オンダマトム (織田信長
細川智三 ホソカワトモゾウ (隊員イ)
岡田幸樹 オカダコウキ (隊員ロ)
中江寿  (隊員ハ)
河西祐樹 カサイユウキ (張り番2)
松本航平 マツモトコウヘイ (自衛官a)
岡けんじ オカケンジ (護衛2)
藤田清二 フジタセイジ (作業兵2)
石丸ひろし イシマルヒロシ (護衛1)
新家子一弘  (織田信秀
徳井広基 トクイヒロキ (作業兵1)
大橋寛展  (張り番1)
解説
戦国時代タイムスリップした自衛官暴走と、それを阻止すべく立ち上がった若き自衛隊員たちの戦いを描いたSF歴史アクション監督は「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOSの手塚昌明。半村良による原作を基に福井晴敏新たに書き下ろしたストーリーを、竹内清人松浦靖共同脚色撮影を「恋人はスナイパー 劇場版 The Sniper episode 03」の藤石修担当している。主演は、「凶気の桜」の江口洋介と「血と骨」の鈴木京香、「劇場版 ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕」の鹿賀丈史角川グループ60周年記念作品
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
2003年10月13日陸上自衛隊東富士駐屯地秘密裡に行われ人工磁場発生器の実験中事故発生し、的場一佐率いる第三特別実験中隊が460年前の戦国時代に飛ばされた。それから2年後、過去世界での過干渉原因思われる虚数空間ホール”が日本各地出現現代日本侵食始めた。そこで、研究本部所属神崎二尉は、歴史正すべく、救出オペレーション部隊ロメオ隊”を結成すると、元特殊部隊“Fユニット”の一員である鹿島勇祐を招集し、二度目タイムスリップ挑む現地での活動制限時間74時間26分。それを過ぎると二度と現代に戻ることは出来ない、危険なミッションだ。かくして1549年世界へとやって来た鹿島たち。ところが、救出対象だった筈の的場は、自衛官と言う身分捨て正史織田信長成りすまし強大な軍事力戦国の世支配MHD電池利用して世の中リセットこの時代から軟弱平成日本強靭国家作り変えようとしていたのだ。このままでは、歴史大きく塗り替えられ、鹿島たちの時代消失してしまう! しかし、鹿島神崎らの活躍により的場野望打ち砕かれ、タイムリミットぎりぎり多く犠牲者出したもののロメオ隊も無事、現代帰還するのであった。

戦国自衛隊1549

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/10 06:14 UTC 版)

戦国自衛隊1549』(せんごくじえいたい1549)は、角川映画制作の日本映画。配給は東宝。原案は半村良、原作は福井晴敏[2]2005年平成17年)6月11日に日本で全国公開された。




  1. ^ a b 2005年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 戦国自衛隊1549とはコトバンク
  3. ^ a b c d 宇宙船118 2005, p. 40, 「時代劇特撮パラダイス」
  4. ^ a b あらすじ・解説 - 戦国自衛隊1549 goo映画 2012年8月28日閲覧
  5. ^ DVDの特典映像より
  6. ^ a b c 宇宙船YEAR BOOK 2006』 朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2006年4月20日、71頁。ISBN 4-257-13086-5
  7. ^ a b 宇宙船118 2005, p. 41, 「メイキング 最新映像に見る特撮の技」
  8. ^ 宇宙船118 2005, p. 41, 「インタビュー 尾上克郎」.
  9. ^ 小説版では、某零細企業の営業職。
  10. ^ 文庫版の「あとがき」より。


「戦国自衛隊1549」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「戦国自衛隊 1549」の関連用語

戦国自衛隊 1549のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



戦国自衛隊 1549のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦国自衛隊1549 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS