人声とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音声 > > 人声の意味・解説 

じん‐せい【人声】

読み方:じんせい

人の声。ひとごえ

四囲寂然として—を聞かない」〈独歩小春


ひと‐ごえ〔‐ごゑ〕【人声】

読み方:ひとごえ

人が話をする声。「どこかで—がする」


人声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:34 UTC 版)

特殊奏法」の記事における「人声」の解説

発声器官のみを用いて行うやりかたにも、前述のように、日常生活行われながら、音楽作品では一般的でないものがある。これらのほか、手で口をおさえたり、頬や胸をたたきながら発声する方法もあり、ヴァエリエーションは数多い重音唱法ホーミー参照クラシック音楽ではジャチント・シェルシの「山羊座の歌」に用いられている) シュプレヒシュティンメフンパーディンクオペラ王様の子供たち」に登場シェーンベルクによって広く知られる子音だけを発音記号使って強く発音させる* @media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}複数言語文字テキストや現在使われていない古文書などを使い歌わせる、またはしゃべらせる[要出典]* 意味のないことまたは何か(テキスト指定しない)を歌わせる又はしゃべらせる方言俗語放送禁止用語などを使い歌わせる又はしゃべらせる[要出典] 今まで出てきた言葉逆行化したり、暗号化したりして歌唱に使う又はしゃべらせる。 ボッカ・キウーザ/無言歌 口をあけたままもしくは閉めたまま歌う。またはしゃべらせる 微分音グリッサンド 怒鳴る、叫ぶ、泣く、笑う、力む唸り驚き、声を潰す、怒るなど 息を吸い込みながら歌う。またはしゃべる テキストをわざと間違って歌わせる又はしゃべる(ハンナ・リスカ・アウバッヒャ-の提供) 舌打ち(a,e,i,o,uの口の形で音が変化) フラッター・リッペン(口の閉め方で音色が変わる、声ありと声なしがある) 唇の息を吸い込みながら開けるときのコルクの栓抜きのような音 鼾 唇のピチャピチャという音 巻き舌連続声ありと声なし) 口笛 イメージ付した声:例えばデスピーナが偽の医者になったときの声 喉の奥の突き 最も低い声パルス音色だけ ブーイング 接吻 壊れた生理的な声:例えば咳をする声、嘔吐する声、エロティック喘ぎ声など 裏声 裏声地声同時に出す。オクターヴ違いの声が同時に出る。 ボイパ 指を口に入れて呼子する 動物鳴きまね 拍手などからだの一部を叩く 並びにそれらの組み合わせ

※この「人声」の解説は、「特殊奏法」の解説の一部です。
「人声」を含む「特殊奏法」の記事については、「特殊奏法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人声」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人声

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:42 UTC 版)

名詞

じんせい / ひとごえ

  1. 人の声。

発音(?)

じ↗んせーひ↗とごえ

翻訳


「人声」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人声と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人声」の関連用語

人声のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人声のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの特殊奏法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人声 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS