主導権争いとは? わかりやすく解説

主導権争い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 00:53 UTC 版)

ダグラス・マッカーサー」の記事における「主導権争い」の解説

もう一人の太平洋戦域における軍司となった太平洋方面軍司令官ニミッツ硫黄島の戦い激戦制し沖縄向かっていた頃、次の日本本進攻作戦総司令官を誰にするかで悶着起きていた。重病により死のにあったルーズベルト命令で、陸海軍調整続けていたが決着見ず結局マッカーサー西太平洋方面軍ニミッツの太平洋方面軍統合し、全陸軍マッカーサー、全海軍ニミッツ戦略爆撃軍をカーチス・ルメイそれぞれ指揮し三者間で緊密に連携を取るという玉虫色結論いったんは同意見た。 しかし、マッカーサーとそのシンパはこの決定納得しておらず、硫黄島の戦いニミッツ大損害被ったことをアメリカ陸軍ロビイスト必要以上に煽りマッカーサー権限拡大への世論誘導利用しようとした。マッカーサーフィリピン失った兵員数は、硫黄島での損害を遥かに上回っていたのにも関わらずあたかもマッカーサー有能な様に喧伝されて、ニミッツ指揮能力に対して批判激化していた。 マッカーサー熱狂的な信奉者でもあるウィリアム・ランドルフ・ハーストは、自分経営するハースト・コーポレーション系列サンフランシスコ・エグザミナー紙で「マッカーサー将軍作戦では、このような事はなかった」などと事実反す記事載せ、その記事で「マッカーサー将軍は、アメリカ最高の戦略家で最も成功した戦略家である」「太平洋戦争マッカーサー将軍のような戦略家持ったことは、アメリカにとって幸運であった」「しかしなぜ、マッカーサー将軍をもっと重用しないのか。そして、なぜアメリカ軍尊い命を必要以上に失うことなく多くの戦いに勝つことができる軍事的天才を、最高度利用しないのか」と褒めちぎった。なお、マッカーサー自身は硫黄島沖縄戦略的な重要性を全く理解しておらず「これらの島は敵を敗北させるために必要ない」「これらの島はどれも、島自体には我々の主要な前進基地になれるような利点はない」と述べている。 この記事に対して多くの海兵隊員激怒し休暇アメリカ国内にいた海兵隊員100人余りサンフランシスコ・エグザミナー紙の編集部乱入して編集長記事の撤回謝罪文掲載要求した編集長社主ハースト命令によって仕方なくこのような記事載せた白状し海兵隊員ハースト謝罪要求しようとしたが、そこに通報で警察海兵隊警邏隊が駆けつけて一同解散させられた。しかし、この乱入によって海兵隊員たちが何らかの罪に問われることはなかった。その後サンフランシスコ・クロニクル紙がマッカーサーニミッツ作戦を比較する論調に対する批判記事掲載し、「アメリカ海兵隊、あるいは世界各地戦場で戦っているどの軍でも、アメリカ本国批判の的にたたされようとしているとき、本紙だまっていられない」という立場表明してアメリカ海軍海兵隊擁護したちなみにサンフランシスコ・クロニクル紙の社主タッカー一人息子であったヨン・R・タッカー海兵中尉として硫黄島の戦い戦死している。 1945年4月12日ルーズベルト死去すると、さらにマッカーサー激しく自分の権限強化主張したジェームズ・フォレスタル海軍長官によればマッカーサー側より日本本土進攻に際しては海軍海上援護任務限定しマッカーサー空陸全戦力の指揮権与えるように要求してきたのに対し、当然、海軍戦略爆撃軍は激しく抵抗したマッカーサー海軍頑なな態度見て海軍狙っているのは、戦争終わったら陸軍国内防備をさせて、海軍海外良いところ独り占めする気だ」「海軍陸軍の手借りず日本勝とうとしている」などと疑っていた。結局マッカーサーの強い申し出にもニミッツ屈せずマッカーサーはこの要求取り下げた

※この「主導権争い」の解説は、「ダグラス・マッカーサー」の解説の一部です。
「主導権争い」を含む「ダグラス・マッカーサー」の記事については、「ダグラス・マッカーサー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主導権争い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主導権争い」の関連用語

主導権争いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主導権争いのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダグラス・マッカーサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS