ダイキャストとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 材料用語 > ダイキャストの意味・解説 

ダイキャスト

溶湯高い圧力金型注入する鋳造法。
成形精度が高く、しかも量産適する。
ダイキャストマシンには、溶湯の保温炉を機械内におくホットチェンバー式と、 保温炉を別置きにしたコールドチェンバー式がある。

ダイカスト

(ダイキャスト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/31 15:30 UTC 版)

ダイカスト (die casting) とは、金型鋳造法のひとつで、金型に溶融した金属を圧入することにより、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産する鋳造方式のことである。ダイキャストとも言われる。またこの鋳造法だけでなくダイカストによる製品をもいう。ダイカストをとらえて「鋳物の産業革命」と称す向きもある。


  1. ^ 西直美「ダイカストの歩み 活字鋳造から自動車足回り部品まで」、『軽金属』第57巻第4号、社団法人軽金属学会、2007年、 163-170頁、 doi:doi:10.2464/jilm.57.163
  2. ^ ダイカストマシンの技術史
  3. ^ アメリカでホットチャンバー方式の鋳造方式が実験され成功した事例があるが、現時点での実用化は不可能。
  4. ^ ホットチャンバー方式でも鋳造は可能である。


「ダイカスト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダイキャスト」の関連用語

ダイキャストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダイキャストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイカスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS