どんと祭とは? わかりやすく解説

どんと祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 14:52 UTC 版)

どんと祭(どんとさい)は、宮城県を中心に呼ばれる祭りの呼称である[1]。他地域で左義長やドント焼きなどと呼ばれる祭りに類似する[1]


  1. ^ a b c d e f g h 仙台発「どんと祭」発展の歴史とは 呼び名は新聞記事がきっかけ” (日本語). 河北新報オンラインニュース (2022年1月12日). 2022年1月15日閲覧。
  2. ^ a b 炎に祈る無病息災 Archived 2016年3月5日, at the Wayback Machine.(三陸河北新報社 2006年1月8日)
  3. ^ a b 冬のイベント(登米市)
  4. ^ 商工会イベント情報 Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.(角田市商工会)
  5. ^ 盛岡の裸参り Archived 2010年3月4日, at the Wayback Machine.(岩手県)
  6. ^ 中山鳥瀧不動尊(財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク、仙台市「杜の都の市民環境教育・学習推進会議事業」)
  7. ^ どんと祭: 1年の息災願う−−奥州 /岩手[リンク切れ]毎日新聞 2013年1月14日)
  8. ^ 復興の願い天まで上れ 2年ぶり「どんと祭」 釜石・大渡[リンク切れ]河北新報 2013年1月8日)
  9. ^ 文化財せんだい No.81 Archived 2007年8月8日, at the Wayback Machine.(仙台市)
  10. ^ 寒さこらえ幸せ願う 大崎八幡宮・裸参り - 河北新報


「どんと祭」の続きの解説一覧

どんと祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:08 UTC 版)

左義長」の記事における「どんと祭」の解説

宮城県およびその近辺。約10万人が訪れ大崎八幡宮松焚祭仙台市指定無形民俗文化財)を起源とする。1月14日夜に正月飾り焼き、その火にあたる病気をせず健康で暮らせるといわれる石巻市周辺では新生活運動により1970年代前倒し定着し1月7日行われる松川だるま新たに買い換えて、古いそれをどんと祭で燃や習慣があるが、松川だるま流通量減少したのでだるまを燃や習慣持たない参拝者も多い。神火餅を焼くということはなく、子供祭りともされない。また、特に書初めを焼くということもない。寺社のみならず町内会などでも実施されてきたが、場所の確保等の問題年々少なくなりつつはある。大崎八幡宮を初め一部のどんと祭では「裸参りが行われる。

※この「どんと祭」の解説は、「左義長」の解説の一部です。
「どんと祭」を含む「左義長」の記事については、「左義長」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「どんと祭」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

どんと祭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



どんと祭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのどんと祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの左義長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS