松の内とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 松の内の意味・解説 

松の内

読み方:まつのうち

正月を祝う期間。松飾りを飾っておく間の意味で、多く正月七日、または十五日までを指すことが多い。正月七日までの松の内を「松七日」とも言う。

まつ‐の‐うち【松の内】

正月松飾り立てておく期間。元日から7日、また15日まで。注連(しめ)の内。《 新年》「子を持たぬ身のつれづれや—/荷風


まつ【松】 の 内(うち)

正月門松松飾り立てておく間。元日から七日までの称。古く上方では正月五日までをいった。しめのうち。《季・新年》 〔俳諧毛吹草(1638)〕


まつのうち【松の内】

[一] 河東節竹婦人(または鶴見とも)作詞初代十寸見(ますみ)河東作曲享保二年(一七一七)江戸市村座初演歌舞伎けいせい富士高根」の郭の場面で、化粧坂少将出端に語られたものらしい。大磯の郭の元日から七草までの情景綴る

[二] 地唄本調子歌詞河東節と同じ。


松の内

松の内(まつのうち)について

松の内正月に飾る松飾り(門松)を立てておく期間のことを松の内といいます。年の暮れ松飾り(門松)を立ててお迎えした年神様滞在していただく期間で、取り付けている間とか、神様待っていただく間などという意味といわれています。
一般的に1月6日までとし、松飾り(門松)を6日深夜または7日早朝取り除くのが風習になっていますが、一部地区では14日深夜または15日早朝取り除くなど、地方によって異なります。
新年に入って初め出合った人に、新年の挨拶を交わすのも松の内までです。



松の内

作者永井荷風

収載図書荷風全集13
出版社岩波書店
刊行年月1993.4


松の内

作者小澤康秀

収載図書小次郎寿し人々
出版社新風舎
刊行年月2005.5


松の内

読み方:まつのうち

  1. 正月松飾のある間をいふ。関東では七日まで、関西では十五日までをいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

松の内

読み方:マツノウチ(matsunouchi)

元日から七日までの間

季節 新年

分類 時候


松の内

読み方:マツノウチ(matsunouchi)

初演 享保2.2(江戸市村座)

音曲 河東


松の内

読み方:マツノウチ(matsunouchi)

初演 明治14.1(東京・浜の延寮館)

音曲 常磐津


松の内

読み方:マツノウチ(matsunouchi)

所在 兵庫県明石市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

門松

(松の内 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 09:03 UTC 版)

門松(かどまつ)は、正月日本の家の前などに立てられる、を用いた正月飾りである。松飾り飾り松立て松とも言う。新年の季語[1]。古くは、木の梢にが宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。「松は千歳を契り、竹は万歳を契る」と言われ、松と竹で神の依代の永遠を願う[2]年神はこの松門を目印に降臨してくると言われる[3]


注釈

  1. ^ 深川江戸資料館にて、再現したものを正月に見ることができる。店先に飾られている大きな門松 (深川江戸資料館)
  2. ^ 瑞鳳殿仙台市戦災復興記念館、仙台市縄文の森広場、仙台市博物館、仙台市歴史民俗資料館、仙台文学館地底の森ミュージアム では正月に再現したものを展示している。[10]

出典

  1. ^ a b c d e f g 広辞苑 第5版』
  2. ^ a b フリーダ・フィッシャー、安藤勉 『明治日本美術紀行―ドイツ人女性美術史家の日記』(講談社 2002年7月)p.164
  3. ^ 火田, 博文 ([2019]). 本当は怖い日本のしきたり オーディオブック. Pan roringu (Hatsubai). ISBN 978-4-7759-8631-8. OCLC 1108314699. http://worldcat.org/oclc/1108314699 
  4. ^ a b c d 鷲尾紀吉, 劉明「中国と日本の正月行事」『中央学院大学人間・自然論叢』第29号、中央学院大学商学部・法学部、2009年7月、 3-22頁、 ISSN 13409506NAID 1100072258422021年4月30日閲覧。
  5. ^ 正月行事のルーツは宮廷儀礼!! 1089ブログ(東京国立博物館)2012年1月9日
  6. ^ a b 田中大喜第214回くらしの植物苑観察会 中世人と植物 (PDF) 」『くらしの植物苑だより』No.364(国立歴史民俗博物館
  7. ^ 【浜松歴史のとびら】門松と徳川家康 武田から無礼な句、家来が怒った 中日新聞(2019年12月13日)2021年12月30日閲覧
  8. ^ 「県庁と議事堂の正面玄関に武田流門松」朝日新聞デジタル(2021年12月28日)2021年12月30日閲覧
  9. ^ 仙台伝統の門松お目見え 中心部の店舗など4ヵ所” (日本語). 河北新報オンラインニュース. 2020年12月26日閲覧。
  10. ^ 公益財団法人 仙台ひと・まち交流財団 - 2020年12月26日
  11. ^ a b c 倉橋真紀:「仙台門松」幸も構えも大きく◇江戸時代の仙台城に据えられた高さ4メートルの正月飾り、地域の人々と再現◇日本経済新聞』朝刊2021年12月30日(文化面)同日閲覧
  12. ^ 忌籠、門松、開門神事福男 西宮神社
  13. ^ 大國魂神社の七不思議について 大國魂神社
  14. ^ Excite Bit コネタ 紙の門松、飾りますか?エキサイトニュース(2011年12月26日)
  15. ^ 正月用門松カード及び門榊カードの配布について 市原市
  16. ^ 「来年は穏やかな年に…」生田神社に正月飾りの杉盛りがお目見え 産経WEST(2014年12月27日)
  17. ^ 浜松八幡宮[リンク切れ]
  18. ^ 山根章弘「武家故実の研究(その二) : 日本の都市における一般社会の家庭内の《正月行事》」『研究紀要』第14号、東京音楽大学、1990年、 A1-A26、 ISSN 02861518NAID 110007147991
  19. ^ a b お正月のあれこれ 神社本庁
  20. ^ 西角井正慶編『年中行事事典』(1958年(昭和33年)5月23日初版発行、東京堂出版)p.272
  21. ^ 広辞苑』第5版及び『大辞林』第三版の「門松は冥途の旅の一里塚」の項
  22. ^ 一休さん(一休宗純)の歌「正月や冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」はこれで正しいか。 レファレンス協同データベース
  23. ^ 『門松のはなし』:新字旧仮名 - 青空文庫


「門松」の続きの解説一覧

松の内

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 08:07 UTC 版)

和語の漢字表記

まつのうち

  1. まつのうち 参照



松の内と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松の内」の関連用語

松の内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松の内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの門松 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの松の内 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS