codeineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > codeineの意味・解説 

コデイン

分子式C18H21NO3
その他の名称:コデイン、コジセプト、メチルモルフィン、Codeine、Codicept、Methylmorphine、7,8-Didehydro-4,5α-epoxy-3-methoxy-17-methylmorphinan-6α-ol、(5R,6S)-3-Methoxy-7,8-didehydro-4,5-epoxy-17-methylmorphinan-6-ol、(-)-Codeine、(-)-コデイン、3-Methoxy-17-methyl-4,5α-epoxymorphina-7-ene-6α-ol、(4aR,5S,7aR,8R,9cS)-3-Methoxy-12-methyl-4a,5,7a,8,9,9c-hexahydro-8,9c-(iminoethano)phenanthro[4,5-bcd]furan-5-ol、3-Methoxy-17-methyl-7,8-didehydro-4,5α-epoxymorphinan-6α-ol、3-Methoxy-17-methyl-4,5α-epoxy-7,8-didehydromorphinan-6α-ol
体系名:3-メトキシ-17-メチル-7,8-ジデヒドロ-4,5α-エポキシモルフィナン-6α-オール、3-メトキシ-17-メチル-4,5α-エポキシ-7,8-ジデヒドロモルフィナン-6α-オール、3-メトキシ-17-メチル-4,5α-エポキシモルフィナ-7-エン-6α-オール、(5R,6S)-3-メトキシ-7,8-ジデヒドロ-4,5-エポキシ-17-メチルモルフィナン-6-オール、7,8-ジデヒドロ-4,5α-エポキシ-3-メトキシ-17-メチルモルフィナン-6α-オール、(4aR,5S,7aR,8R,9cS)-3-メトキシ-12-メチル-4a,5,7a,8,9,9c-ヘキサヒドロ-8,9c-(イミノエタノ)フェナントロ[4,5-bcd]フラン-5-オール


(+)‐コデイン

分子式C18H21NO3
その他の名称:3-Methoxy-17-methyl-4,5β-epoxy-7,8-didehydromorphinan-6β-ol、(+)-コデイン、(+)-Codeine、(5S,6R)-3-Methoxy-7,8-didehydro-4,5-epoxy-17-methylmorphinan-6-ol
体系名:3-メトキシ-17-メチル-4,5β-エポキシ-7,8-ジデヒドロモルフィナン-6β-オール、(5S,6R)-3-メトキシ-7,8-ジデヒドロ-4,5-エポキシ-17-メチルモルフィナン-6-オール


コデイン

薬物コデイン
英名codeine
化合物名or商品名
分子式C18H21NO3
分子データ
用途麻薬鎮咳鎮痛薬
副作用
胎,授乳児への影響安全度
備考鎮痛作用モルヒネ1/6催眠作用は1/4
融点154156
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1290(経口)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

コデイン

【仮名】こでいん
原文】codeine

アヘンまたはモルヒネから作られる薬物で、痛み緩和と咳や下痢予防に用いられる。コデインはアヘン剤一種である。「codeine phosphateリン酸コデイン)」とも呼ばれる

コデイン

(codeine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/27 04:17 UTC 版)

コデイン: Codeine)またはメチルモルヒネは鎮痛、鎮咳、および下痢止めの作用のある、μ受容体アゴニストのオピオイドである。塩の形態の硫酸コデインもしくはリン酸コデインとして製品化されている。リン酸コデインは鎮痛剤や下痢止めとして用いられるが、コデインを還元して製造したジヒドロコデインを鎮咳薬として風邪薬に配合するのが一般的である。コデインは1832年にアヘンから単離された。プロドラッグであり代謝産物の約10%がモルヒネとなる。


  1. ^ Smith, Susan M; Schroeder, Knut; Fahey, Tom; Smith, Susan M (2014). “Over-the-counter (OTC) medications for acute cough in children and adults in community settings”. Cochrane Database Syst Re: CD001831. doi:10.1002/14651858.CD001831.pub5. PMID 25420096. 
  2. ^ a b Rossi S (Ed.) (2004). Australian Medicines Handbook 2004. Adelaide: Australian Medicines Handbook. ISBN 0-9578521-4-2.
  3. ^ Gideon Koren、James Cairns、David Chitayat、Andrea Gaedigk、Steven J Leeder (2006-08) "Pharmacogenetics of morphine poisoning in a breastfed neonate of a codeine-prescribed mother"
  4. ^ “【薬食審】乱用防止へ販売数量制限‐一般薬配合7成分を指定”. 薬事日報. (2014年2月17日). http://www.yakuji.co.jp/entry34758.html 2015年9月29日閲覧。 


「コデイン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

codeineに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「codeine」の関連用語

codeineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

らくらくホン F-02J

ホモジナイズ

福岡孝弟

グランドアクシス

市来乙彦

鴨居

ダブルローディング

アラン・チューリング





codeineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコデイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS