Oh_Yeah!!!!!!!とは?

OH YEAH!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/26 04:59 UTC 版)

OH YEAH!
プリンセス プリンセスシングル
B面 パパ
リリース 1990年4月21日
ジャンル J-POP
ロック
時間 9分22秒
レーベル ソニーレコード
作詞・作曲 中山加奈子奥居香
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1990年5月度月間1位(オリコン)
  • 1990年度年間5位(オリコン)
プリンセス プリンセス シングル 年表
世界でいちばん熱い夏
1989年
OH YEAH!
(1990年)
ジュリアン
(1990年)
テンプレートを表示

OH YEAH!」(オー イェー!)は、プリンセス プリンセスの9枚目のシングル1990年4月21日ソニーレコードから発売された。

解説

  • 同年4月から開催された全県ツアー「PANIC TOUR'90 パレードしようよ!!」の応援歌として制作された。
  • オリジナルアルバムには未収録。

収録曲

  1. OH YEAH! (4分08秒)
  2. パパ (5分14秒)
    • 作詞: 中山加奈子 作曲: 奥居香 編曲: プリンセス プリンセス
    • KDD「001」CMソング

OH YEAH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/24 17:08 UTC 版)

OH YEAH
KREVAシングル
収録アルバム SPACE
リリース 2012年6月20日
規格 シングル
ジャンル ヒップホップ
時間 2849
レーベル Knife Edge
作詞・作曲 KREVA
チャート最高順位
KREVA シングル 年表
KILA KILA/Tan-Kyu-Shin
2011年
OH YEAH
2012年
Na Na Na
(2012年)
テンプレートを表示

OH YEAH」(オー・イエー)は、日本ヒップホップMCKREVAのメジャー17枚目のシングルである。発売元はポニーキャニオン

概要

  • 前作「KILA KILA/Tan-Kyu-Shin」から11ヶ月ぶりとなるシングル。
  • 初回盤・通常盤の2形態でリリースされた。ジャケットはハローキティバージョンも作られ、これがきっかけでサンリオピューロランドの2012年12月1日に完成された新アトラクション「KITTYROBOT」のスペシャル研究員に就任し、オープニングセレモニーにも参加した[1]
  • 「OH YEAH」先着予約購入特典(初回盤・通常盤ともに)として、特典CD「PROPS」が付いてきた。この楽曲はKREVA本人が期間限定で更新していたtwitterのつぶやきにより参加表明をしたラッパー達が集まり実現したコラボレーション作である。OH YEAH発売後にPROPSのPVも制作され、この映像は次作のシングル「Na Na Na」の先着予約特典の特典DVDとして付属されている。
  • SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDSにOH YEAHのPVが年間優秀作品50曲に選定された。

収録曲

CD
  1. OH YEAH
    • 作詞・作曲:KREVA
  2. NO NO NO feat. SONOMI
    • 作詞・作曲:KREVA
  3. OH YEAH(Inst.)
  4. NO NO NO feat. SONOMI(Inst.)
  5. OH YEAH (Acappella)
  6. Have a nice day! -2012 Re-Mix-
  7. Have a nice day! -2012 Re-Mix- (Inst.)
DVD

初回盤のみ

  1. 「OH YEAH」Music Video
  2. 「OH YEAH」メイキング
  3. KREVA CONCERT TOUR 2011-2012「GO」最終公演 東京国際フォーラム 【TRAILER】

特典CD

KEN THE 390 / LB (LBとOtowa) / HI-SO / KLOOZ / サイプレス上野 / SKY-HI a.k.a.日高光啓 (AAA) / KREVA 「PROPS

  1. PROPS
    • 作詞・作曲:KEN THE 390、LB (LBとOtowa)、HI-SO、KLOOZ、サイプレス上野、SKY-HI a.k.a.日高光啓(AAA) & KREVA
  2. PROPS (Inst.)
  3. PROPS (Acappella)
  4. PROPS (Inst.〜short〜)

脚注

  1. ^ 音楽ナタリー|KREVA、キティとピューロランド新施設開幕テープカット

Oh Yeah

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/18 10:44 UTC 版)

Oh Yeah(オーイェー)


Oh Yeah!!!!!!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/20 21:35 UTC 版)

Oh Yeah!!!!!!!
Czecho No Republicシングル
A面 Oh Yeah!!!!!!!
B面 Come On
Sunday Juggler
Yeah Oh!!!!!!!
リリース 2014年11月12日
規格 マキシシングル
録音 2014年
ジャンル J-POP
時間 12分28秒
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 武井優心
プロデュース Czecho No Republic
チャート最高順位
  • 週間24位(オリコン
  • デイリー16位(オリコン)
  • 登場回数2回(オリコン)
Czecho No Republic シングル 年表
Festival
2013年
Oh Yeah!!!!!!!
2014年
テンプレートを表示

Oh Yeah!!!!!!!」(オー イェー)は、Czecho No Republicの楽曲。2014年11月12日日本コロムビアから4枚目のシングルとしてリリースされた。

概要

曲は、フジテレビテレビアニメドラゴンボール改』のエンディングテーマとして起用されている。
初回限定盤・通常盤の2形態がリリースされた。初回限定盤には『RUSH BALL 2014』と『「MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~」@F.A.D YOKOHAMA』の模様を収録したライブ映像やミュージック・ビデオ4種類を収録したDVDが付属している。

オリコンデイリーチャートでは22位に初登場。翌日には16位にランクを上げた。

シングル収録曲

初回限定盤・通常盤

全作詞・作曲:武井優心、編曲:Czecho No Republic

# タイトル 時間
1. 「Oh Yeah!!!!!!!」 (フジテレビ系『ドラゴンボール改』エンディングテーマ) 3:44
2. 「Come On」   3:23
3. 「Sunday Juggler」   2:31
4. 「Yeah Oh!!!!!!!」   2:50
合計時間:
12:28
DVD(初回限定盤のみ収録)
  • RUSH BALL 2014

1.Amazing Parade
2.ダイナソー

  • 「MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~」@F.A.D YOKOHAMA

3.Crazy Crazy Love
4.JOB!
5.Field Poppy
6.No Way

  • ミュージックビデオ

7.ネバーランド
8.MUSIC
9.Amazing Parade
10.No Way

テレビアニメドラゴンボール改エンディングテーマ
2014年10月5日 - 12月28日
前作:
家入レオ
純情
Czecho No Republic
Oh Yeah!!!!!!!
次作:
キュウソネコカミ
『GALAXY』

Oh! Yeah!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/16 09:38 UTC 版)

Oh! Yeah! ⁄ ラブ・ストーリーは突然に
小田和正シングル
収録アルバム Oh! Yeah!
A面 Oh! Yeah!
ラブ・ストーリーは突然に
リリース 1991年2月6日
規格 8cmCDシングル
ジャンル J-POP
時間 9分46秒
レーベル Little Tokyo ⁄ ファンハウス
SCD:FHDL-1004
作詞・作曲 小田和正
プロデュース 小田和正
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(7週連続、オリコン
  • 1991年2月度月間1位(オリコン)
  • 1991年3月度月間1位(オリコン)
  • 1991年4月度月間2位(オリコン)
  • 1991年5月度月間11位(オリコン)
  • 1991年度年間1位(オリコン)
  • 歴代シングルランキング8位(オリコン)
  • 登場回数44位(オリコン)
小田和正 シングル 年表
恋は大騒ぎ
1990年
Oh! Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に
1991年
あなたを見つめて
1991年
EAN 4988027001261
Oh! Yeah! 収録曲
  1. 空が高すぎる
  2. 1985
  3. 夜の行方
  4. I Miss You
  5. ためらわない、迷わない
  6. good times & bad times
  7. Little Tokyo
  8. 春風に乱れて
  9. 恋は大騒ぎ
  10. FAR EAST CLUB BAND SONG
  11. ラブ・ストーリーは突然に
  12. Oh! Yeah!
テンプレートを表示

Oh! Yeah! ⁄ ラブ・ストーリーは突然に」(オー・イェー ラブ・ストーリーはとつぜんに)は、1991年2月6日に発売された小田和正の通算6作目のシングル。発売元はファンハウス

解説

本作は「ラブ・ストーリーは突然に」との両A面扱いでのリリース。オリコンをはじめとする表記上、「Oh! Yeah!」と「ラブ・ストーリーは突然に」の両A面シングルとされているが、発売前は「Oh! Yeah!」の単独A面であった。「ラブ・ストーリーは突然に」をメインにして売り出したいというファンハウス側の意向に対し、小田自身は「Oh! Yeah!」をメイン曲(1曲目)とすることを強く希望していた。この折衷案として、両A面シングル扱いとなった。両曲ともオリジナル・アルバム未収録で、同年リリースのベスト・アルバムOh! Yeah!』に収録。こちらもミリオンセラーとなった。以後、ベスト・アルバムに数回収録されている。

「Oh! Yeah!」は、第一生命のCMソングであり、「ラブ・ストーリーは突然に」は、フジテレビ月9ドラマ東京ラブストーリー』の主題歌に使用され、当時オリコン歴代1位の初動売上74万枚を記録して初登場1位を獲得し[1]、当時オリコン史上最短の発売から2週目で100万枚突破を達成した[1]。発売37日目の1991年3月14日には累計出荷枚数が200万枚を突破した[1]。累計出荷枚数は270万枚[2][3]に達し、当時日本のシングルCD史上最高のヒット作となった(オリコンでは累計約258万枚)。1991年のオリコン年間シングル売上ランキングでも1位を獲得した。1991年3月18日のドラマ終了後も、2週に渡りオリコンシングルチャート1位にランクインした。ドラマ『東京ラブストーリー』のタイトルバックで何組もの男女のキスシーンをシルエットに流されるなど、小田の活動歴の中でも大きな転機となった。後に小田は、この作品のヒットについて「当時でも自分は十分オジさんだと思っていた。そんな歳になって、まさかあんなに大きなプレゼントを貰えるとは思ってもいなかった」と語っている。

「Oh! Yeah!」の プロモーションビデオの一部は第一生命のCM映像にも使われた[4]

シングルCDのジャケットは白を背景に、黒いタキシード姿の小田が、つま先立ちで背中を大きく反らせ叫んでいるブレた写真が使われ、そこに大きな赤い文字で曲名が入っているデザインとなっている。反対面も全く同じデザインで、曲名の文字だけが違っている。

収録曲

  1. Oh! Yeah! [4:50]
  2. ラブ・ストーリーは突然に [4:55]

脚注

  1. ^ a b c 「TVドラマから大ヒット曲」『日本経済新聞』1991年3月25日付夕刊、14頁。
  2. ^ 小田和正 - アーティストページ - J-POP 追いかけネットインターネット・アーカイブのキャッシュ)
  3. ^ BMG WEB SITE FUN HOUSE(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  4. ^ 所属事務所副社長の吉田雅道が、家族とともにワンシーンで出演。

外部リンク






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Oh_Yeah!!!!!!!」の関連用語

Oh_Yeah!!!!!!!のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スナップリング

代ならし器

水槽付ポンプ車

一面せん断試験

堀本 満成

ビールの製造工程

御岳組

1000形





Oh_Yeah!!!!!!!のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのOH YEAH! (改訂履歴)、OH YEAH (改訂履歴)、Oh Yeah (改訂履歴)、Oh Yeah!!!!!!! (改訂履歴)、Oh! Yeah! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS