心の羽根とは?

心の羽根

原題:Des plumes dans la tete
製作国:ベルギーフランス
製作年:2003
配給:オフィスサンマルサン
スタッフ
監督:Thomas De Thier トマ・ドゥティエール 
製作:Jacques Bidou ジャック・ビドウ 

Marianne Dumoulin マリアンヌ・デュムラン 

Nicolas Meyer ニコラ・メイエール 
脚本:Thomas De Thier トマ・ドゥティエール 
撮影:Virginie Saint-Martin ヴィルジニー・サン=マルタン 
音楽:Sylvain Chauveau シルヴァン・ショヴォー 
キャスト(役名
Sophie Museur ソフィー・ミュズール  (Blanche Charlier
Francis Renaud フランシス・ルノー (Jean-Pierre Charlier
Ulysse de Swaef ユリッス・ドゥスワーフ  (Arthur Charlier
Alexis Den Doncker アレクシス・デンドンケル  (Francois
Colette Emmanuelle コレット・エマニュエル
Bouli Lanners ブーリ・ランネール
解説
最愛息子を失った若い母親心の旅路を描いたドラマ監督これまで短編作品中心に活躍し、本作長編デビュートマ・ドゥティエール主演は初の劇映画出演となる舞台女優ソフィー・ミュズール
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ベルギー小さな町に住むブランシュは、5歳になる息子アルチュールを持つ若い母親工場勤めの夫ジャンピエールと3人で、質素ながらも愛情に包まれた平穏日々を送っていた。好奇心旺盛アルチュールは、目にするもの全て興味覚えブランシュは幼い息子との日々慈しみ彼の幼年期を共に過ごす生活に満足していた。その日渡り鳥編隊が空に現れ、幼いアルチュールは空を見つめて渡り鳥を追うようにひとり町に出てしまう。町の人たちに挨拶しながら一心不乱歩き続けアルチュールそのまま家族ピクニックに行った沼地向かいそのまま消息を絶った…。後日アルチュール死体発見された。葬儀を終えても、ブランシュ最愛息子の死を受け入れることができない次第に心に変調をきたすブランシュジャンピエールは、ブランシュ現実受け入れさせるよう、むなしい努力重ねた。アルチュール導かれるように、あの沼地で時を過ごすようになったブランシュに、いつしかアルチュール幻影見えはじめる。同じ場所で、鳥の観察自己鍛錬にひとり励む青年フランソワは、そんなブランシュ遠くから見つめていた。フランソワ自分秘密のノートブランシュ観察記録をつけながら、次第に彼女に惹かれていく。ある冬の日ブランシュは「パパ会いたいと言うアルチュール幻影を家に連れて帰る。そして、彼を抱きながら風呂場自殺を図るが。

心の羽根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/10 04:16 UTC 版)

心の羽根」(こころのはね)は、日本の女性アイドルユニット・チームドラゴン from AKB48(後述)の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、横健介により作曲されている。2010年7月21日にユニットのシングルとしてコロムビアミュージックエンタテインメントから発売された。











固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

心の羽根に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「心の羽根」の関連用語

心の羽根のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

妙義荒船佐久高原国定公園

高浜海水浴場

木和田川砂防八号堰堤

前島密

三村 芳織

唐鋤

CH-47J

ポルテ





心の羽根のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心の羽根 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS