ダーブラとは?

ダーブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/20 08:04 UTC 版)

ダーブラとは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』および、テレビアニメ『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』に登場する架空のキャラクター。声優大友龍三郎




  1. ^ 「魔界」「悪魔界」「魔の世界」とも称される。
  2. ^ アニメではベジータ相手に不甲斐なかったプイプイを「勝負は最後までわかりません」と立てるなど、身内に対する配慮が出来る一面がある。
  3. ^ 渡辺彰則編「HUMAN RACIAL DICTIONARY キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、84頁。
  4. ^ ゲーム『ドラゴンボール レイジングブラスト2』のキャラクター図鑑では、超サイヤ人2になったのはキビト戦のみで、その後は超サイヤ人2にはならなかったとされている。理由については不明であると表記されている。
  5. ^ 渡辺彰則編「ドラゴンボール世界観用語解説」『ドラゴンボール大全集 7巻』49頁。
  6. ^ 鳥山明「巻末企画 DRAGON BALL 龍球問答」『DRAGON BALL フルカラー 魔人ブウ編5』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年7月9日、ISBN 978-4-08-880111-7、221頁。
  7. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、92頁。
  8. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、159頁。
  9. ^ 後にダーブラ自身は「あんなゴミ間違いなく片付けられる」と吐き捨てた。
  10. ^ アニメ『Z』では「頭もパワーもない大マヌケ野郎」。
  11. ^ アニメでは、バビディに「魔人ブウさえ復活すれば、ダーブラは用済み」と発言された。
  12. ^ アニメ『Z』『改』では閻魔大王の回想で天国に行かされることに抵抗し暴れ出し、巨大な判子に押さえつけられる場面が描かれた。
  13. ^ a b c d e 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』125頁。
  14. ^ a b c d e スーパーファミコンソフト『ドラゴンボールZ 超武闘伝3
  15. ^ a b PlayStation専用ソフト『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22
  16. ^ アニメでのトカゲのみすぐに全身が石化した。
  17. ^ 悟飯は右手袋の上からダーブラのツバを浴びてしまうが、石化が始まった手袋を脱ぎ捨てたことで、自身の石化を回避した。
  18. ^ a b c PlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ2
  19. ^ PlayStation 2、Wiiソフト『ドラゴンボールZ Sparking! NEO
  20. ^ 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』158頁。
  21. ^ a b PlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!
  22. ^ 渡辺彰則編「アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』205頁。


「ダーブラ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダーブラ」の関連用語

ダーブラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

阿賀川

ホット・スタンプ

見切り部

ターゲット・バードゴルフ

霜ふり

シンブル

ビル・ゲイツ

三棚





ダーブラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダーブラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS