ダーブラとは?

ダーブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/28 05:37 UTC 版)

ダーブラとは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』および、テレビアニメ『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボール改』に登場する架空のキャラクター。声優大友龍三郎




  1. ^ 「魔界」「悪魔界」「魔の世界」とも称される。
  2. ^ アニメではベジータ相手に不甲斐なかったプイプイを「勝負は最後までわかりません」と立てるなど、身内に対する配慮が出来る一面がある。
  3. ^ 渡辺彰則編「HUMAN RACIAL DICTIONARY キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、84頁。
  4. ^ ゲーム『ドラゴンボール レイジングブラスト2』のキャラクター図鑑では、超サイヤ人2になったのはキビト戦のみで、その後は超サイヤ人2にはならなかったとされている。理由については不明であると表記されている。
  5. ^ 渡辺彰則編「ドラゴンボール世界観用語解説」『ドラゴンボール大全集 7巻』49頁。
  6. ^ 鳥山明「巻末企画 DRAGON BALL 龍球問答」『DRAGON BALL フルカラー 魔人ブウ編5』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年7月9日、ISBN 978-4-08-880111-7、221頁。
  7. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、92頁。
  8. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、159頁。
  9. ^ 後にダーブラ自身は「あんなゴミ間違いなく片付けられる」と吐き捨てた。
  10. ^ アニメ『Z』では「頭もパワーもない大マヌケ野郎」。
  11. ^ アニメでは、バビディに「魔人ブウさえ復活すれば、ダーブラは用済み」と発言された。
  12. ^ アニメ『Z』『改』では閻魔大王の回想で天国に行かされることに抵抗し暴れ出し、巨大な判子に押さえつけられる場面が描かれた。
  13. ^ a b c d e 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』125頁。
  14. ^ a b c d e スーパーファミコンソフト『ドラゴンボールZ 超武闘伝3
  15. ^ a b PlayStation専用ソフト『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22
  16. ^ アニメでのトカゲのみすぐに全身が石化した。
  17. ^ a b c PlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ2
  18. ^ PlayStation 2、Wiiソフト『ドラゴンボールZ Sparking! NEO
  19. ^ 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』158頁。
  20. ^ a b PlayStation 2専用ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!
  21. ^ 渡辺彰則編「アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』205頁。


「ダーブラ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダーブラ」の関連用語

ダーブラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

岩根忍

梶並伸博

シロバナイリス

セパレート型ボディスーツ

不燃基材

U-125

関東型宮型霊柩車

爪なし





ダーブラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダーブラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS