ドラゴンボールZ_復活の「F」とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラゴンボールZ_復活の「F」の意味・解説 

ドラゴンボールZ 復活の「F」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 15:54 UTC 版)

ドラゴンボールZ 復活の「F」』(ドラゴンボールゼット ふっかつのエフ)は、2015年公開の『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開アニメーション映画作品第19弾(『ドラゴンボールZ』としては第15弾)。




注釈

  1. ^ 『ドラゴンボール超』ではこの戦闘服を手に入れるまでの経緯が描かれていた。
  2. ^ 『ドラゴンボール超』の宇宙サバイバル編ではピッコロとの修行で再び変身できるようになった。
  3. ^ テレビシリーズでは出発前に「ママを頼むぞ」と、娘であるマーロンの頭をなでていた。
  4. ^ 『ドラゴンボール超』の宇宙サバイバル編での悟空曰く「内緒で隠れて修行していたな」と発言があった。
  5. ^ 脚本の段階では危機を感じ、手に入れた100万ゼニーを脱出用の宇宙船にするつもりでいた。
  6. ^ 本作を原作とするTVシリーズ『ドラゴンボール超』では、「ボク」のままになっている。
  7. ^ フリーザの肉体は随分昔に未来のトランクスに切り刻まれ再生不可能だったため、サイボーグ化したフリーザがバラバラになった状態で蘇った。
  8. ^ かつて失った肉体も全て再生し、完全復活した時には第1形態に戻っていた。

出典

  1. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ ドラゴンボールZ』邦画史上初!IMAX3D上映が決定”. シネマトゥデイ (2015年1月28日). 2015年1月30日閲覧。
  3. ^ 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 バトルを全身で体感 4DXでも上映決定”. アニメ!アニメ! (2015年2月13日). 2015年2月13日閲覧。
  4. ^ 週刊少年ジャンプ』2014年52号、23頁。
  5. ^ [https://twitter.com/MTH_OFFICIAL/status/535368435794845696/photo/1 マキシマム ザ ホルモン 公式Twitter(@MTH_OFFICIAL) 2014年11月20日。「銀河激神コメント!!!」『Vジャンプ』2015年1月号、97頁。
  6. ^ 漫道コバヤシ』#015「伝説の編集者鳥嶋和彦さんと週刊少年ジャンプの歴史を学ぼうSP」 2015年4月14日放送。
  7. ^ 「鳥嶋和彦 鳥山先生と築いたヒストリー」『サンケイスポーツ特別版2015年5月18日号ドラゴンボールZ復活の「F」新聞』、28面。
  8. ^ 「鳥山明先生からのコメント」 劇場版ドラゴンボールZ 復活の「F」公式サイト。
  9. ^ 5月9日は“悟空の日”に!日本記念日協会が認定”. シネマトゥデイ (2015年5月9日). 2015年5月11日閲覧。
  10. ^ 『ドラゴンボールZ』今年最高の大ヒットスタートで1位!」シネマトゥデイ、2015年4月20日
  11. ^ 『ドラゴンボールZ』今年最速!公開7日間で100万人突破へ!」シネマトゥデイ、2015年4月24日
  12. ^ 実写版『シンデレラ』がV2!ゴールデンウイークを制する!【映画週末興行成績】」シネマトゥデイ、2015年5月8日
  13. ^ 東映『DBZ』、30日間で興収34億3千万円」文化通信、2015年5月19日
  14. ^ 「ドラゴンボールZ 復活の「F」」、北米公開も好調 興収6億円超える
  15. ^ 東映アニメーション平成28年3月期 第2四半期決算プレゼンテーション資料
  16. ^ (2016年1月18日). “『ドラゴンボールZ 復活の「F」』第39回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞!全世界45ヶ国で公開し、興行収入77億円の大ヒット!!”. 東映アニメーションプレスリリース。
  17. ^ ノーカット地上波初放送!さらに特別版!”. とれたてフジテレビ (2016年7月24日). 2016年7月24日閲覧。
  18. ^ 第39回日本アカデミー賞、受賞作発表!「海街diary」が最多12部門受賞”. 映画.com (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。
  19. ^ 第60回「映画の日」中央大会開催、金賞は「妖怪ウォッチ」「ベイマックス」”. 映画.com (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  20. ^ “批評家大賞アニメ部門で永井豪が最高賞に、功労賞・渡辺宙明を串田アキラが祝福”. 映画ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/eiga/news/188463 2016年5月25日閲覧。 
  21. ^ 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、ISBN 978-4087925050、146頁。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l 鳥山明「其之二 鳥山明 直筆コメント入り! 『復活の「F」』超Z設定画ギャラリー」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』集英社〈ジャンプ コミックス〉、2015年4月18日、10-18頁。
  23. ^ a b c 鳥山明「其之四 鳥山明のウラ話必見! 脚本『ドラゴンボールZ 復活の「F」』」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』51頁。
  24. ^ 鳥山明「其之四 鳥山明のウラ話必見! 脚本『ドラゴンボールZ 復活の「F」』」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』31頁。
  25. ^ アイプランニング(宮村妙子・株田馨)編「Character Z戦士たち」『ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット』東映(株)事業推進部、2015年4月18日。
  26. ^ アイプランニング(宮村妙子・株田馨)編「Character 地球の人々/神さまたち」『ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット』
  27. ^ サキよみ ジャンBANG!』でウイスを演じる森田成一の『神と神』の台本にビルスの台詞の「私」の部分が二重取り消し線で消され、隣に「ボク」と書かれている。
  28. ^ 鳥山明、とよたろう「其之十四 未来からのSOS」『DRAGON BALL超 第2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2016年12月2日、ISBN 978-4-08-880867-3、153頁。
  29. ^ 鳥山明「其之四 鳥山明のウラ話必見! 脚本『ドラゴンボールZ 復活の「F」』」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』69頁。
  30. ^ a b 「STAFF INTERVIEW 山室直儀」ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット、東映、2015年4月18日。
  31. ^ DVD & Blu-ray『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 特別限定版封入特典 絵コンテ集より。
  32. ^ a b c アイプランニング(宮村妙子・株田馨)編「Character フリーザ一味」『ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット』
  33. ^ 鳥山明「其之四 鳥山明のウラ話必見! 脚本『ドラゴンボールZ 復活の「F」』」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』、48頁。
  34. ^ a b c d 鳥山明「其之四 鳥山明のウラ話必見! 脚本『ドラゴンボールZ 復活の「F」』」『鳥山明描き下ろし脚本完全収録DRAGON BALL巻「F」』、53頁。
  35. ^ 巻「F」の脚本、クレジット、字幕では参謀と表記されている。
  36. ^ 「鳥山先生SPインタビュー」『週刊少年ジャンプ』2015年No.20、7頁。
  37. ^ アイプランニング(宮村妙子・株田馨)編「STAFF INTERVIEW 美術監督 行 信三」『ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット』
  38. ^ 皆口裕子 (2015年4月1日22:50). “お知らせ、あれこれ”. ちまちまの神様. アメーバブログ. 2016年5月5日閲覧。
  39. ^ 4月18日(土)公開の映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の主題歌が、「ももいろクローバーZ」に決定!”. アニメイトTV. 2015年1月14日閲覧。


「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ドラゴンボールZ_復活の「F」に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドラゴンボールZ_復活の「F」」の関連用語

ドラゴンボールZ_復活の「F」のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

女木島海水浴場

オフセットセンターループ

PC-9801VM2/VM4

水琴亭の水琴窟

山口恵梨子

裏メリヤス編み

ATB

安徳水





ドラゴンボールZ_復活の「F」のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールZ 復活の「F」 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS