孫悟空_(ドラゴンボール)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 孫悟空_(ドラゴンボール)の意味・解説 

孫悟空 (ドラゴンボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/25 13:39 UTC 版)

孫 悟空(そん ごくう)は鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作とするアニメドラゴンボール』『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』に登場する架空のキャラクター。本編の主人公。『西遊記』の孫悟空からとった命名である[2]。サイヤ人としての本名は「カカロット」。




  1. ^ 英文表記としては、「Son Gokou」とするものもある。また、ジャンプ・コミックス『ドラゴンボール』第6巻(ISBN 4-08-851836-5)のカバーイラストでは「SON GOKUH」と表記されている。
  2. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』158頁。
  3. ^ a b c 後藤広喜編「愛蔵版キャラクターカード」『週刊少年ジャンプ 1988年14号』集英社、1988年3月14日、雑誌29932-3/14、5頁。
  4. ^ 渡辺彰則編「HUMAN RACIAL DICTIONARY キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、79頁。
  5. ^ 原作初期にはパンを「スカスカしてうまくない」、コーヒーを「苦いから嫌い」と言う場面がある。
  6. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「第1章 キャラクターコレクション Heroes collection 1 孫悟空」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、6-7頁。
  7. ^ 初期(登場当初)は、標準語に近い口調で会話していた。
  8. ^ 具体的な特徴として「アイ」「アエ」の音節が「エエ」に変化する。「大丈夫→でえじょうぶ」「10倍→じゅうべえ」「帰れ→けえれ」など。
  9. ^ 『DRAGON BALL 第12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年4月8日、ISBN 4-08-851609-5、88頁。
  10. ^ 「鳥山明スペシャルインタビュー」『DRAGON BALL フルカラー フリーザ編5』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、245頁。
  11. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一座談会 鳥山明×小山高生×野沢雅子」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、79-91頁。
  12. ^ ベジータがツーノ村を襲ってナメック星人を殺害していることを知ったクリリンは「あの時トドメを刺しておけば」と悔やんでいた。またそのことでは悟空自身も「クリリンに殺すのをやめさせた自分のせい」と認めている。尤も悟空はナッパ撃破時にも、ベジータに地球からの撤退を勧告している。
  13. ^ フリーザにトドメを刺さなかったことで後に地球人滅亡の危機になったため、フリーザを葬ったトランクスに対して「(自分が)甘かった」と反省している。その後はセルとの戦いでは悟飯に直ちにトドメを刺すように忠告している。
  14. ^ ただし初日の修業における国語の授業で使われた教科書を拙いながらも音読しており、最低限の識字能力はあった。
  15. ^ 鳥山明「其之百十 ピラフの大作戦」『DRAGON BALL 第10巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1987年11月10日、ISBN 4-08-851840-3、26頁。
  16. ^ 鳥山明「其之百二十七 クリリンの作戦、悟空の作戦」『DRAGON BALL 第11巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年2月10日、ISBN 4-08-851608-7、99頁。
  17. ^ しかし、最後は悟天に「1億ゼニー貰えば、お母さんも修行を許してくれるよ」といわれ、考えた末、貰うことにした。
  18. ^ これは悟空のみならずベジータや悟飯にも共通するもので、サイヤ人の特性のようである。
  19. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「みんなみてみて!DRAGONBALL キャラクター大集合 おれたちをいじめる こ…このガキは何者だっ!!」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、58-59頁。
  20. ^ 鳥山明「其之五百十 ベジータとカカロット」『DRAGON BALL 第42巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年8月9日、ISBN 4-08-851090-9、112-113頁。
  21. ^ 鳥山明「其之百三十六 ピッコロ大魔王の恐怖!」『DRAGON BALL 第12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年4月8日、ISBN 4-08-851609-5、53頁。
  22. ^ 鳥山明「其之三百二十五 見切りをつけた孫悟空」『DRAGON BALL 第27巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年8月7日、ISBN 4-08-851417-3、180-181頁。
  23. ^ 鳥山明「其之三百三十四 未来から来た少年」『DRAGON BALL 第28巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年11月8日、ISBN 4-08-851418-1、81頁。
  24. ^ 鳥山明「其之四百十一 追いつめられたセル」『DRAGON BALL 第35巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1993年9月8日、ISBN 4-08-851700-8、40頁。
  25. ^ 鳥山明「鳥山先生ウラ話SPECIAL」『DRAGON BALL フルカラー 魔人ブウ編6』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年7月9日、ISBN 978-4-08-880112-4、227頁。
  26. ^ インタビュー鳥山明×中川翔子対談”. ドラゴンボールZ特集 Yahoo! JAPAN
  27. ^ 天下一武道会でのピッコロとの戦いや界王神界でのブウとの戦いでこれに関しては悟空本人も「こんな時にすまねぇな」と言うなど本人も悪いとは思っているらしい
  28. ^ ジャンプ流DVD Vol.01 まるごと鳥山明
  29. ^ 鳥山明「其之二百六 孫悟飯とピッコロ大魔王」『DRAGON BALL 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年7月10日、ISBN 4-08-851615-X、35頁。
  30. ^ 実際に洞察力も鋭くなっており、ピッコロを殺せば神様も死ぬからドラゴンボールが復活できないことを見抜いたり、フリーザが本気を出さない理由も見抜いていた。またサイヤ人の特性の一つである、死ぬ寸前から回復すれば戦闘力が増すことも自分の体験で理解していた。
  31. ^ 鳥山明「其之四百七十九 ゼットソードともうひとりの界王神」『DRAGON BALL 第40巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年3月3日、ISBN 4-08-851499-8、95頁。
  32. ^ a b 鳥山明「其之五百九 全宇宙を賭けた試合」『DRAGON BALL 第42巻』95頁。
  33. ^ 「鳥山明先生超一問一答!!」最強ジャンプ2014年3月号第1ふろく『ドラゴンボール エピソードオブバーダック』81頁。
  34. ^ 鳥山明「其之三百二十九 帰らない悟空」『DRAGON BALL 第28巻』58頁。
  35. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一座談会 鳥山明×小山高生×野沢雅子」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、79-91頁。
  36. ^ アニメではクリリンが提案した1つ目の案は悟空が死ぬ前まで時間を元に戻してもらうという願いだがそれだと自爆する前のセルまで復活するとピッコロに指摘されたために却下され、デンデが提案した2つ目の案はナメック星のドラゴンボールで悟空を生き返らせるために新ナメック星にワープするという願い。
  37. ^ 鳥山明「其之四百十七 大団円」『DRAGON BALL 第35巻』133-135頁。
  38. ^ 鳥山明「其之四百十八 さようなら戦士たち」『DRAGON BALL 第35巻』144頁
  39. ^ 銀河パトロールジャコ』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、240頁。
  40. ^ テレビスペシャルでは、送り込まれたのは惑星ベジータが破壊される直前である。
  41. ^ 厳密にはこの時の凶暴な人格は完全に消滅したわけではなく、大猿になった際には理性がなくなるというよりこちらの人格に戻る。
  42. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』47頁。
  43. ^ アニメ版では、決戦の舞台となったキングキャッスルへ向かう途中、大魔王の命令で軍隊に抹殺されそうになった牛魔王とチチを助けている。また、ピッコロ大魔王から世界を救ったことが称えられ、国王により世界最高の名誉であるブルースター勲章を与えることが発表されたが、結局受け取ることはなかった。
  44. ^ ピッコロ大魔王との戦いの中で、本人は「尻尾があるから人間じゃないかも」と言っている。
  45. ^ 『ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』でもそのことを話していた。
  46. ^ 悟飯もチチを説得していたが、チチも色々と文句を言った末に「そのうち帰ってくる」と最終的に許した。
  47. ^ a b 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、ISBN 978-4087925050、146頁。
  48. ^ ピッコロと一緒に修行していた悟飯から自薦されるが、学会の日と被ってしまったため、ピッコロが出ることになった。
  49. ^ 木下暢起編「GTワールドガイド 4 GTキャラ年齢考証!!」『復刻版 ドラゴンボールGT パーフェクトファイルVol.2』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2006年4月9日、ISBN 4-08-874090-4、76頁。
  50. ^ a b c d 「DRAGON BALL Q 前川淳ストーリーQ&A」『ドラゴンボールGT DVD-BOX特製ブックレットDragonbook』、56-59頁。
  51. ^ 「ウラ話Q&A編」『ドラゴンボールGTパーフェクトファイルVol.1』集英社、1997年5月19日、ISBN 4-83-421524-5、40-42頁。
  52. ^ 「DRAGON BALL Q 前川淳ストーリーQ&A」『ドラゴンボールGT DVD-BOX特製ブックレットDragonbook』、56-59頁。
  53. ^ a b 「あのころのGT プロデューサー森下孝三インタビュー」『ドラゴンボールGT DVD-BOX特製ブックレットDragonbook』、44-49頁。
  54. ^ 「特別版」では「すぐに助けに行ったほうがいいのか」と心配ではあったがすぐに負けると判断し、「様子を見ながら修行したほうが良い」と語っていた。
  55. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明×中鶴勝祥対談」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL Z」孫悟空伝説』93頁。
  56. ^ 鳥山明 THE WORLD
  57. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明 WITH DRAGON BALL」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』147頁。
  58. ^ 「鳥山明わしがお答えしまっせ」『テレビアニメ究極ガイド DRAGON BALL 極限バトルコレクション ラウンド02 セル編〜魔人ブウ編』集英社、2010年8月9日、ISBN 4-08-874841-7、90頁。
  59. ^ 「鳥山明先生からのメッセージ」『DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES特製ブックレットDragonbook』、1頁。
  60. ^ ジャンプスクエア』2008年5月号
  61. ^ 渡辺彰則編「鳥山明的超会見」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、261-265頁。
  62. ^ 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』88頁。
  63. ^ 『ドラゴンボール大全集2巻』「神龍通信」
  64. ^ a b 週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山先生に完全密着取材Q&A!!なるほど!?ザ・ドラゴンボール」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』138-140頁。
  65. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山明×中鶴勝祥対談」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL Z」孫悟空伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2003年10月8日、ISBN 4-08-873546-3、95頁。
  66. ^ 『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、2016年1月26日、ISBN 978-4087925050、89頁。
  67. ^ 鳥山明「伝説の超サイヤ人」『DRAGON BALL 第27巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年8月7日、ISBN 4-08-851417-3、76-77頁。
  68. ^ ベジータも全く働かないため、ブルマは「サイヤ人は働かないのか」と皮肉を口にしたことがあるが本人は気にしてはいない。
  69. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「巻頭特別袋とじ企画 鳥山明スペシャル わしとアニメ」『ドラゴンボールZ アニメ・スペシャル』集英社、1989年10月18日、雑誌29939-10/18。
  70. ^ a b c 週刊少年ジャンプ特別編集「DRAGONBALL 徹底全激闘史 必殺技模範技」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』27-57頁。
  71. ^ 「SPECIAL ATTACKS エスカレートする必殺技 その1 ドラゴンボール探し編」『ドラゴンボール大全集 2巻』202頁。
  72. ^ PlayStationソフト『ドラゴンボールZ Ultimate Battle 22
  73. ^ セガサターンソフト『ドラゴンボールZ 真武闘伝
  74. ^ 後藤広喜編「連載2周年記念!悟空爆発!!ワイドカラースペシャル」『週刊少年ジャンプ 1987年10号』集英社、1987年2月16日、雑誌29933-2/16、4頁。
  75. ^ a b c d 渡辺彰則編「技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』124頁。
  76. ^ ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボール3 悟空伝
  77. ^ 『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』42頁。
  78. ^ a b PlayStation 2ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!METEOR
  79. ^ 鳥山明「其之百七十一 孫悟空の結婚」『DRAGON BALL 第15巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1988年12月6日、ISBN 4-08-851612-5、45頁。
  80. ^ セルは「その気になれば元気玉だってたぶんできる」と発言しているが実際には使用しなかった。ゲームによってはセルの元気玉が実在する前提となっているものも存在する。
  81. ^ 鳥山明「其之三百十四 孫悟空 最後の決断」『DRAGON BALL 第27巻』19頁。
  82. ^ ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画
  83. ^ アーケードゲーム、PlayStation 2ソフト『超ドラゴンボールZ』
  84. ^ セル編においては地球からナメック星への瞬間移動に失敗しており、界王星を経由して界王に目的地の位置を教わることで精度を上げ、瞬間移動を果たしている。
  85. ^ ファミリーコンピュータソフト『ドラゴンボールZIII 烈戦人造人間』
  86. ^ スーパーファミコンソフト『ドラゴンボールZ 超武闘伝3
  87. ^ a b PCエンジンソフト『ドラゴンボールZ 偉大なる孫悟空伝説
  88. ^ a b PlayStation 3Xbox 360ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト
  89. ^ テレビスペシャル『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜
  90. ^ a b c d e f g h i 渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡」『ドラゴンボール 大全集7巻』82-83頁
  91. ^ a b 鳥山明「其之百九十九 ラディッツとの対決」『DRAGON BALL 第17巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年5月10日、ISBN 4-08-851614-1、98・103頁。
  92. ^ 鳥山明「其之二百一 ピッコロの切り札」『DRAGON BALL 第17巻』127頁。
  93. ^ 週刊少年ジャンプ1989年31号「究極戦士大集合!!カード」にはマジュニアと対戦した第23回天下一武道会時点の戦闘力は910と記載されている。
  94. ^ 鳥山明「其之二百二十二 孫悟空 大接近!!」『DRAGON BALL 第19巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年11月10日、ISBN 4-08-851616-8、61頁。
  95. ^ 鳥山明「其之二百二十四 孫悟空の静かな怒り」『DRAGON BALL 第19巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年11月10日、ISBN 4-08-851616-8、114頁。
  96. ^ 鳥山明「あぶない3倍界王拳!」『DRAGON BALL 第20巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1990年1月10日、ISBN 4-08-851617-6、25頁。
  97. ^ 鳥山明「不思議な孫悟空」『DRAGON BALL 第24巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1991年1月10日、ISBN 4-08-851414-9、48頁。
  98. ^ 鳥山明「危うし 最長老たち」『DRAGON BALL 第24巻』123頁。
  99. ^ 鳥山明「ギニュー隊長おでまし!!」『DRAGON BALL 第24巻』104頁。
  100. ^ 鳥山明「ギニュー隊長のプライド」『DRAGON BALL 第24巻』121頁。
  101. ^ 鳥山明「其之四百五十一 魔獣ヤコンのごちそう」『DRAGON BALL 第38巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1994年8月9日、ISBN 4-08-851497-1、75頁。
  102. ^ 「マンガDRAGONBALLの真実〜トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『ドラゴンボール超エキサイティングガイド ストーリー編』88頁。
  103. ^ ドラゴンボール超では『神と神』を原作とした破壊神ビルス編として放送。
  104. ^ 「鳥山明先生 魔人ブウ編(秘)一問一答!」『最強ジャンプ』2014年6月号、集英社、10頁。
  105. ^ ドラゴンボール超では『復活の「F」』を原作としたフリーザ復活編として放送。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

孫悟空_(ドラゴンボール)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「孫悟空_(ドラゴンボール)」の関連用語

孫悟空_(ドラゴンボール)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

仙骨

ノゼアン

フサクギタケ

ホワイトアッシュ

平林九兵衛

ライン

加圧水型原子炉

クロイジ





孫悟空_(ドラゴンボール)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孫悟空 (ドラゴンボール) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS