ゴテンクスとは?

ゴテンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/10 02:37 UTC 版)

ゴテンクスは、鳥山明漫画ドラゴンボール』およびそれを原作としたアニメドラゴンボールZ』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』に登場する架空のキャラクター。同作の登場人物である孫悟天トランクスフュージョンで融合した姿である。




  1. ^ 『ドラゴンボール大全集』7巻 67ページより。
  2. ^ a b c 鳥山明「其之四百九十五 強いぞ!!スーパーフュージョン」『DRAGON BALL 第41巻』集英社ジャンプ・コミックス〉、1995年6月2日、ISBN 4-08-851500-5、129・141頁。
  3. ^ 鳥山明「其之四百九十八 魔人ブウの不気味な動き」『DRAGON BALL 第41巻』175頁。悟天が「超ゴテンクスよりもっと強かったよ」と発言している。
  4. ^ a b c 鳥山明「ついにできたフュージョン!!」『DRAGON BALL 第40巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1995年3月3日、ISBN 4-08-851499-8、102・109・112頁。
  5. ^ アニメでは魔人ブウに一度やられた時にも、「トランテン」と呼ばれている。
  6. ^ PS3Xbox 360ソフト『ドラゴンボール レイジングブラスト
  7. ^ 渡辺彰則編「SPECIAL ATTACKS エスカレートする必殺技 その12 魔人ブウ編」『ドラゴンボール大全集 2巻』集英社、1995年8月9日、ISBN 4-08-782752-6、217頁。
  8. ^ ニンテンドーDSソフト『ジャンプアルティメットスターズ』
  9. ^ a b 鳥山明「其之四百九十四 がんばれ超(スーパー)ゴテンクスくん」『DRAGON BALL 第41巻』、123・127頁。
  10. ^ オバケ同士の接触でも爆発する。
  11. ^ a b c d e 渡辺彰則編「第4章 技事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、123-162頁。
  12. ^ PS2ソフト『ドラゴンボールZ Sparking!
  13. ^ PS2ソフト『ドラゴンボールZ2
  14. ^ ゲームボーイアドバンスソフト『ドラゴンボールZ 舞空闘劇』
  15. ^ ニンテンドーDSソフト『ジャンプスーパースターズ』
  16. ^ a b 『Vジャンプ』 2009年5月号・6月号の付録
  17. ^ 堀江信彦編「祝! みんなのおかげで10周年! 連載500回突破記念 ドラゴンボール人気キャラ投票結果発表!」『週刊少年ジャンプ 1995年5・6号』集英社、1995年1月23日、雑誌29934-1/23、38頁。
  18. ^ a b c 『ドラゴンボール大全集』4巻
  19. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド ストーリー編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、91頁。
  20. ^ 鳥山明「鳥山先生ウラ話SPECIAL」『DRAGON BALL フルカラー 魔人ブウ編6』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年7月9日、ISBN 978-4-08-880112-4、227頁。


「ゴテンクス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ゴテンクスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ゴテンクス」の関連用語

ゴテンクスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

亜鉛スピネル

K002

三光堰

糸車

コア

John Adams

PC-9801CV21

オカメ





ゴテンクスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴテンクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS