フリーザ一味とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フリーザ一味の意味・解説 

フリーザ一味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/12 09:41 UTC 版)

フリーザ一味(フリーザいちみ)は、鳥山明漫画アニメ作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する架空の宇宙組織。劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』とアニメ『ドラゴンボール超』の作中では「フリーザ軍」、アニメ『ドラゴンボールZ』の関連書籍やカードダスなどでは「惑星戦士」とも呼ばれている。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 作中では首領格に当たる人物が、自分より強い部下の反逆により殺害されるケースが多数見られる。レッドリボン軍のレッド総帥は呆気なくブラック補佐の反逆で射殺されている。ドクター・ゲロバビディ、パラガスは独自の制御方法で部下からの反逆を防いでいたものの、結局制御ができなくなり殺されている。
  2. ^ アニメではキュイと同族の戦士が故郷の惑星を滅ぼしたフリーザがナメック星で死ぬことを予感し歓喜に打ち震えていた。
  3. ^ 『TVSP』でザーボンはフリーザの「部下もろとも惑星ベジータを消滅させるために上部ハッチを開ける」という不条理な命令にも従っている。
  4. ^ この姿は書籍やゲームによっては「スーパーザーボン」と表記されている。
  5. ^ アニメでは、この変身を二回以上一人の相手にしたのはベジ-タのみであることが語られた。
  6. ^ 『TVSP』では部下を率いてトーマたちを殺害している。アニメではワインボトルを抱えてフリーザに給仕をしたこともある。
  7. ^ アニメでは他にも生き残りがおり、村を発見する役も色違いのオーレンに変更されている。
  8. ^ a b コミックス21巻84 - 85ページ、アニメZ第40話(改だと第19話)に登場。
  9. ^ a b コミックス21巻112ページ、アニメZ第45話(改だと第20話)に登場。
  10. ^ ザーボンのスカウターで戦闘力1500。
  11. ^ a b c コミックス28巻81 - 83ページ、アニメZ第120話(改だと第56話)に登場。
  12. ^ イール(緑色)は同作品に登場するエイル型(同じ形で紫色)の色違いキャラだが、アニメ版では緑色なので名前もイールと表記している。
  13. ^ コミックス22巻165ページでアプールだったのが、アニメではオーレンに変更されている。
  14. ^ ザーボンとドドリアのことを様付けで呼んでいたことから、彼らよりも下の立場にあった模様。
  15. ^ コミックス22巻13ページ、アニメ『Z』第47話(『改』だと第21話)に登場。
  16. ^ トランクスの戦闘力をスカウターで測って「たったの5か」と舐めてかかり、最初に倒された。
  17. ^ ドラゴンボールZ 復活の「F」』では、フリーザも同様に第1形態から最終形態の変身を行っている。

出典

  1. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社ジャンプ・コミックス〉、2009年3月9日、ISBN 978-4-08-874803-0、94頁。
  2. ^ a b c 鳥山明「其之三 鳥山明の一言コメントで蘇る!「F」復活プロジェクト」『DRAGON BALL 鳥山明描き下ろし脚本完全収録F』集英社〈ジャンプ コミックス〉、2015年4月18日、20-23頁。
  3. ^ 「寺P『ジャコ』のすべてを探る!!」『Vジャンプ』2013年12月号、集英社、453-457頁。
  4. ^ 週刊少年ジャンプ編集部・編「一目でわかる!! 惑星戦士株式会社人事図」『ファミコン奥義大全書 ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1991年8月12日、ISBN 4-8342-1020-0、54-55頁。
  5. ^ 渡辺彰則編 「種族の章 六種族を完全考察」『ドラゴンボール大全集 4巻』59頁。
  6. ^ 「鳥山明先生超一問一答!!」最強ジャンプ2014年3月号第1ふろく『ドラゴンボール エピソードオブバーダック』80頁。
  7. ^ 渡辺彰則編 「第3章 キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』68頁。
  8. ^ a b c d e ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158-159頁。
  9. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「第2章 ワールドガイド Ex:因縁 サイヤ人を支配するフリーザ一味」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年3月4日、ISBN 978-4-08-874804-7、61頁。
  10. ^ a b c d 渡辺彰則編「HUMAN RACIAL DICTIONARY キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、51-122頁。
  11. ^ 渡辺彰則編 「第5章 アイテム事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』210頁。
  12. ^ 『ドラゴンボールZ Sparking! NEO 新武闘書』187頁。
  13. ^ 「鳥山明先生が語るスカウターの秘密!!」『最強ジャンプ』2014年7月号、集英社、28-29頁。


「フリーザ一味」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フリーザ一味」の関連用語

フリーザ一味のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西表石垣国立公園

ミラー石

アオダモ

道路橋床版防水工法

膳所城跡公園

蘭嶼豚

記念式

トリュフ





フリーザ一味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフリーザ一味 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS