野沢雅子とは?

野沢雅子

以下の映画野沢雅子関連しています。
コモンウェルスエンターテインメント
 
 
 


野沢雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/17 04:08 UTC 版)

野沢 雅子(のざわ まさこ、1936年10月25日 - )は、日本声優女優歌手ナレーター。本名:塚田 雅子(つかだ まさこ、旧姓:野沢)。所属事務所青二プロダクション劇団ムーンライト主宰。




注釈

  1. ^ ただし例外として、番組開始時のみ世界観をつかむために単行本の1巻だけ購読したので、ある程度の展開は事前に内容を知っていた。
  2. ^ 悟空=山奥で一人暮らしの野生児、悟飯=両親が健在で、教育熱心な母により優等生、悟天=悟飯より自由で、父は知らないがお兄ちゃん子な甘えん坊

出典

  1. ^ a b c 『声優バイブル』 宙出版2004年、24頁。ISBN 978-4776790211
  2. ^ 野沢雅子 - Yahoo!検索(人物)”. Yahoo! JAPAN. 2013年6月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 2013年3月17日 日刊スポーツ「日曜日のヒロイン・845」(30面)より。
  4. ^ a b 週刊TVガイド 1969年4月4日号でのインタビューより。
  5. ^ a b 『声優バイブル』 宙出版2004年、27頁。ISBN 978-4776790211
  6. ^ バオバブ・シンガーズのメンバーとして参加している。
  7. ^ 『第七回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e 溜池Now』第25回「野沢雅子特集 前半」より
  9. ^ 智一&ロ美のラジオ腐りかけ!』第26回。
  10. ^ a b c 日経エンタテインメント! 2014年3月号』、日経BP2014年、 31頁。
  11. ^ スカパー! 日曜シネマテーク』にゲスト出演した際の発言より。
  12. ^ 『~声優発掘バラエティ~ キミコエTV』第10回での発言
  13. ^ 【男性編】永遠の美声!! 声優が代わってほしくないキャラランキング
  14. ^ 鈴木敏夫編「泣き虫悟飯ヒーローへの道「ドラゴンボールZ」」『アニメージュ 1989年9月号』徳間書店、平成元年(1989年)9月10日、雑誌01577-9、47頁。
  15. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一座談会 鳥山明×小山高生×野沢雅子」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、88頁。
  16. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山明THE WORLDアニメ設定資料館 ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦」『鳥山明THE WORLDアニメスペシャル』176-185頁。
  17. ^ a b c 木下暢起編「特別企画・野沢雅子さんロングインタビュー いつか、きっと…!!」『復刻版 ドラゴンボールGT パーフェクトファイルVol.2』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2006年4月9日、ISBN 4-08-874090-4、82-86頁。
  18. ^ 『テレビアニメ完全ガイドDragonball 天下一伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉100頁。
  19. ^ パトロールホッパ宇宙っ子ジュン”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  20. ^ ゲゲゲの鬼太郎(B/K)”. 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  21. ^ タイガーマスク”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  22. ^ ゲゲゲの鬼太郎(第2期)”. 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。
  23. ^ 魔法使いチャッピー”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  24. ^ ドロロンえん魔くん”. 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。
  25. ^ ミクロイドS”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  26. ^ ミラクル少女リミットちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月14日閲覧。
  27. ^ カリメロ”. 東映アニメーション. 2016年8月3日閲覧。
  28. ^ あらいぐまラスカル”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  29. ^ アローエンブレム グランプリの鷹”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  30. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  31. ^ 釣りキチ三平”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  32. ^ “坊っちゃん”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=19 2016年5月9日閲覧。 
  33. ^ 太陽の子エステバン”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。
  34. ^ 仮面の忍者赤影”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  35. ^ からくり剣豪伝ムサシロード”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月6日閲覧。
  36. ^ “ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~”. 金曜ロードショー. http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20111202/index.html 2016年5月2日閲覧。 
  37. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ『ピンポン』公式サイト. 2014年2月27日閲覧。
  38. ^ TVアニメ『それが声優!』第1話に声優・野沢雅子が本人役で出演へ”. マイナビニュース. 2015年6月28日閲覧。
  39. ^ スタッフ・キャスト”. ドラゴンボール超. 東映アニメーション. 2015年6月15日閲覧。
  40. ^ トランクス役草尾毅さんインタビュー記事到着!”. ドラゴンボール超. 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  41. ^ ニュース 2013.09.27”. 映画『かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』. 2013年9月27日閲覧。
  42. ^ 剛力彩芽:劇場版「プリキュア」に声優出演”. 毎日新聞. 2014年2月9日閲覧。
  43. ^ 仲間たちには日本を代表する超豪華声優陣が集結! ツブリ役で野沢雅子が出演!”. 映画「GAMBA ガンバと仲間たち」公式サイト. 2015年7月17日閲覧。
  44. ^ 公式サイト”. 劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』. 2014年12月7日閲覧。
  45. ^ 公式サイトの人物を参照。2011年8月5日閲覧。
  46. ^ 『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神III PRIDE OF JUSTICE』、新型魔装機やキャラクターの最新情報が到着! 精霊憑依したサイバスターの姿を見よ!”. プレコミュ. 2013年8月9日閲覧。
  47. ^ 日本語版音声を担当されたみなさまからコメントをいただきました”. 子供に安心して与えられるゲームシリーズ 世界名作童話 親子で読めるゲーム絵本. 2014年1月20日閲覧。
  48. ^ 神話帝国ソウルサークル<公式>”. 2014年3月5日閲覧。
  49. ^ 登場人物”. 『ポポロクロイス牧場物語』公式サイト. 2015年2月16日閲覧。
  50. ^ 11月21日公開の映画『西遊記〜はじまりのはじまり〜』、孫悟空役の吹替キャストに山寺宏一さんが決定! 茶風林さん・神谷浩史さん・野沢雅子さんら豪華声優陣の出演も発表!”. アニメイトTV. 2014年10月8日閲覧。
  51. ^ ドイツのCGアニメ「みつばちマーヤの大冒険」吹替に春名風花、野沢雅子、柿原徹也”. 映画ナタリー. 2016年6月30日閲覧。
  52. ^ 実写版『バクマン。』TVCMに“ジャンプ声優”大集結 この声は誰!?”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。


「野沢雅子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

野沢雅子に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「野沢雅子」の関連用語

野沢雅子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オッズ

エゾレンリソウ

稲荷川第二砂防堰堤

サンマー麺

ニオイハリタケモドキ

ジョージタウン

栃倉

萩原中央用水





野沢雅子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野沢雅子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS