90式戦車とは?

90式戦車 90TK 愛称 キュウマル


【90式戦車】(きゅうまるしきせんしゃ)

陸上自衛隊現行の主力戦車のひとつ。
登場時点でやや時代遅れの感のあった74式戦車後継として1977年試作開始1990年8月制式化された。
デビュー当初は、デザイン良く似ていたことから、海外一部ではレオパルト2コピーと思われていた。

車体砲塔共に全溶構造取り入れ複合装甲車体前面及び砲塔前面に初採用
試験自身発射した120mmAPFSDS数発を受けても問題なく稼動するなど、強固防御力示している。
また車体横にサイドスカートが装備されているなど、前2作の戦車比べても大幅生存性の向上が図られた。
近年戦車砲発達により、余り意味をなさなくなった避弾径始は、製造工程簡略化という理由もあって殆ど考慮されていない

主砲西側戦車定番ラインメタル44口径120mm滑腔砲Rh120(日本製鋼所ライセンス生産品)、副装備12.7mm重機関銃M2主砲同軸に74式車載機関銃装備
主砲スタビライザー搭載自動装填装置付き発射速度12発/分で大幅射撃速度が向上、また装填手が不要となった。
火器管制装置デジタル化され処理速度が向上。照準器レーザーレンジファインダーパッシブ式の熱線画像装置装備昼夜を問わず標的ロックオンする事が可能で、命中率、夜戦能力も向上している。
照準最優先は車長であるが、74式戦車同じく砲手照準を行うことが可能である。
また、防御装備として、対戦車ミサイル等の照準器からレーザー照射を受けた時に警報発するレーザー警戒装置搭載しており、レーザー照射方向を示すと共に自動的煙幕発射装置により煙幕を展開することができる。
最高速度は(カタログスペック上では)70km/hとなっているが、島松演習場での実験で、75km/h以上の速度記録している。

旧軍以来延々と受け継がれてきた「満州にはが無いから空冷エンジン」という呪縛から解放され、エンジン1500馬力を誇る液冷ディーゼルエンジン採用
重量50tの車体路上最大速度70km/hまで加速することが可能であり、機動性も高い。
懸架装置74式戦車より簡略化された油圧トーションバー方式となっており、74式のように左右傾き変更は行えなくなったが、前後に±5度車高は+170mm~-255mmの範囲変更可能である。
自動装填機構採用により、乗員は1名減って車長、砲手操縦手の3名となった。

これら数々新機軸搭載により、同世代戦車と全く遜色のない性能備え隊員練度も相まって極めて高い戦闘力を誇る。
事実ヤキマ演習場に於ける実弾射撃訓練では行進間射撃にも関わらず3000m先の標的に対して初弾命中させ、米軍関係者驚愕させている)
だが、その調達価格ネックとなり(8.9億円/両)、なかなか配備進んでいない(約300両)。
売りである自動装填装置搭載による乗員削減も、隊員の間では「乗員が3名では車両故障等の緊急時下車した時、周囲警戒甘くなる」「転輪交換等に人手足りないと言う声も出ている。

参考 http://www.mod.go.jp/gsdf/html/soubi/bottom/syaryou/kaisetu/90tk.html

tyep90t004.jpg
Photo:MASDF

90式に対する批判

さて、本車に関してデビュー時より
値段が高い」
重すぎて落ちる」
「贅沢にもエアコンついている
などといった批判がよく叫ばれていたが、これらの中には事実正しく捉えていない部分が多い。

事実調達価格当初12億円→現在8億円と、74式(約3億円)と比べれば高いものの、それでも、他国同世代戦車との比較ではそれらと同等かむしろ安いほどであり、巷で良く言われるような「世界一高価戦車」ではない。(アメリカM1およびドイツレオパルト2A6は1両あたり10億円超、英国チャレンジャー211億3800万円。仏のルクレールだと9億7000万円
また、重すぎて落ちる」というのも90式重量(50.2t)からするとまず考えられない話であり、大型車両走行前提としていない小型を除き、高速道路や一国道なら問題なく渡れる。
ただ、移動の際に戦車輸送車に積むと重量が重くなりすぎ、げた1つあたり1台しか乗らないよう注意する必要があるため、隊列を組んでは橋を渡る事ができなくなる。
また、73式特大型セミトレーラではそのままの状態では最大積載量オーバーしてしまうため、車体砲塔分離して運ぶ。(特大型運搬車は50tまで運搬可能なのでそのままでの状態で搭載される。)
特例として、北千歳駐屯地から東千歳駐屯地間で、C経路と言われる経路を10km/h以下で町の中を走行している。その為に安全装置サイドミラー方向指示器)が取り付け可能となっている。

こうした背景から、青森以南地域では運用難しい面があり、北海道所在部隊以外で本車が配備されているのは富士学校富士教導団いずれも静岡県御殿場市所在)のみである。

そして車内空調については、一般自動車のような冷暖房装置があるわけではなくエンジン余熱乗員室に引き入れ加温したり、空気清浄装置通した冷たい空気ホース乗員戦闘服中に送り込んで熱を冷ますという方法を採っている。
これはNBC対策を施された現代戦車ではむしろ当然の装備であり、(一般自動車同様にエアコン冷暖房装置混同しているのが原因思われる

スペックデータ

乗員:3名(車長・操縦士砲手
全長:9.75m
全幅:3.33m
全高:3.84m
戦闘重量:50.2t
エンジン三菱重工製10ZG32WG・2ストロークV型10気筒液冷ディーゼルエンジン出力1,500hp)
登坂力:60%
堤高:1.0m
超壕幅:2.7m
潜水能力:2.0m
最大速度:70km/h(路上
航続距離:320km
装甲複合装甲
携行弾数40発(120mm滑腔砲)/600発(12.7mm機銃)/4,500発(7.62mm機銃
兵装:Rh120 120mm滑腔砲1門、12.7mm重機関銃1挺、74式車載7.62mm機関銃1挺、76mm4連装発煙弾発射器2基
製作:三菱重工業

派生型


90式戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/29 07:27 UTC 版)

90式戦車(きゅうまるしきせんしゃ)は、日本戦車である。第二次世界大戦後に日本国内で開発生産された主力戦車としては61式戦車74式戦車に続く三代目にあたり、第3世代主力戦車に分類される。




注釈

  1. ^ 後継の10式戦車では情報モニターの設置など、操作計器の簡素化も行われている
  2. ^ 各国の軍事機関を例に挙げても米軍のMIL規格、日本の防衛省規格NDSなど様々な基準・仕様・規格が存在する
  3. ^ 自己位置評定のみ
  4. ^ 特に日本共産党社民党などの一部護憲・革新系政党や革新系政治団体及び中核派等の過激派団体に関しては支持者向けイベント(赤旗まつり)などで戦車不要論の証明として引き合いに出されることが多い
  5. ^ JR・旧国鉄の在来線は横幅3メートル弱の車両を前提に設計されているが、74式以降はいずれも車幅が3メートルを超えている。なお、戦車以外では、在来線で施設科などの小規模な輸送が行われている

出典

  1. ^ a b c d e f g 古是三春 & 一戸崇雄, p. 113.
  2. ^ 古是三春 & 一戸崇雄, p. 112.
  3. ^ a b 丸 2002, p. 72.
  4. ^ a b c d 古是三春 & 一戸崇雄, p. 114.
  5. ^ a b c 防衛省『防衛庁技術研究本部五十年史』
  6. ^ a b c d e f 古是三春 & 一戸崇雄, p. 115.
  7. ^ 自衛隊新戦車パーフェクトガイド 2011, p. 36.
  8. ^ 自衛隊新戦車パーフェクトガイド 2011, p. 34.
  9. ^ a b 丸 2002, p. 73.
  10. ^ a b 丸 2002, p. 74.
  11. ^ 『月刊グランドパワー』2006年4月号では、記者が「ほぼ100パーセント」と表現している
  12. ^ コーエー刊『戦車名鑑1946〜2002 現用編』51頁
  13. ^ 『月刊グランドパワー』2006年3月号
  14. ^ a b c d e 丸 2002, p. 77.
  15. ^ 丸 2002, p. 76.
  16. ^ 三菱重工(株)”. 活動報告 その他. 衆議院議員 坂本剛二 (2004年11月11日). 2006年1月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月28日閲覧。
  17. ^ http://i.imgur.com/EHxDs87.jpg
  18. ^ http://eaglet.skr.jp/MILITARY/90.htm
  19. ^ a b 『世界のハイパワー戦車&新技術』(Japan Military Review『軍事研究』2007年12月号別冊)
  20. ^ テレビ朝日 『カーグラフィックTV』 1996年8月24日放映 No.564「陸上自衛隊の働くクルマ逹」より
  21. ^ [1](2007年9月28日時点のアーカイブ)、[2](2012年6月12日時点のアーカイブ
  22. ^ 『世界のハイパワー戦車&新技術』(Japan Military Review『軍事研究』2007年12月号別冊p135、一戸崇雄)
  23. ^ http://www.mtu-online-shop.de/fileadmin/dam/download_media/import_print/D_23054E_0601.pdf MTU社MB873エンジン公式資料 (PDF)
  24. ^ http://www.mtu-online-shop.de/fileadmin/dam/download_media/import_print/D_23112E_0601.pdf MTU社MT883エンジン公式資料 (PDF)
  25. ^ a b http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/13/jizen/honbun/17.pdf 平成13年度政策評価書 事前の事業評価(本文) (PDF)
  26. ^ 柘植優介「陸自期待のルーキー、10式戦車の姿」、『PANZER』第470集、アルゴノート社、2010年9月、 22-33頁。
  27. ^ “「イーグル・アイ」 「玄武2010」で2師団 C4ISRで継戦能力保持”. 朝雲新聞. (2010年11月4日). http://www.asagumo-news.com/news/201011/101108/10110901.html 2010年11月17日閲覧。 
  28. ^ http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/21/jizen/honbun/02.pdf 平成21年度政策評価書 事前の事業評価(本文) (PDF)
  29. ^ Forecast International Re-evaluates Main Battle Tank Market
  30. ^ http://doc.danfahey.com/Tanks-ArmorMag.pdf ARMOR-July-August 1999 (PDF)
  31. ^ 平成20年度予算から初度費が一括計上されており、10式戦車の単価には初度費は含まれていない
  32. ^ JapanDefense.com
  33. ^ 防衛白書の検索
  34. ^ 新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会 - 第5回配布資料 「防衛生産・技術基盤」平成22年(2010年)4月(防衛省) (PDF)
  35. ^ 2005年の9月12日・9月19日に90式戦車と74式戦車が、2006年の8月31日・9月13日と2007年の8月31日・9月12日と2008年の9月2日・9月10日と2009年9月1日・9月9日に90式戦車が移動
  36. ^ 90式より5トンから10トン以上重い主力戦車を保有する欧米でもゴムパッド付きの履帯で、一般公道を自走しての移動が行われている
  37. ^ 上富良野駐屯地から上富良野演習場、鹿追駐屯地から然別演習場北千歳駐屯地または北恵庭駐屯地から北海道大演習場といった各駐屯地から演習場までの国道や道道・市道にはアスファルトでは無くコンクリート補強された道路が設置されており、当該路面を戦車が通常の履帯で走行する状態を確認する事ができる
  38. ^ レオパルト2の方向指示器(後部)が見える写真/ルクレールの方向指示器(前部)が見える写真
  39. ^ “戦車、民間フェリーで移動…北海道から大分へ”. 読売新聞. (2011年10月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111026-OYT1T00596.htm 
  40. ^ “自衛隊、南西シフト鮮明=九州・沖縄で相次ぎ演習-鉄道、民間船で列島縦断”. 時事通信. (2011年11月3日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011103100019&google_editors_picks=true 
  41. ^ 20170604 90式戦車と音楽隊の共同演奏@真駒内駐屯地 - Youtube


「90式戦車」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

90式戦車に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「90式戦車」の関連用語

90式戦車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

増槽

94式水際地雷敷設装置

96式多目的誘導弾システム

サイドバイサイド

OH-6

92式地雷原処理車

ティルトローター

89式5.56mm小銃





90式戦車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2017 陸上自衛隊 All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの90式戦車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS