海上自衛隊とは?

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


かい じょうじえいたい -じやうじゑい- [0] 【海上自衛隊】


【海上自衛隊】(かいじょうじえいたい)

Japan Maritime Self Defence Force (JMSDF)
1952年設立された海上警備隊1954年発展させてつくられた、防衛省特別の機関
主に日本国領海防衛と、その周辺海域警護目的とする、我が国海軍である。

周囲海で囲まれた島国であるという地勢上、イージス艦ヘリ空母筆頭とする多数護衛艦100機を超える哨戒機配備しており、その戦力練度世界各国海軍中でもトップクラスと言われている。
特に対潜艦戦における索敵攻撃能力アメリカイギリスなどの海軍と肩を並べるか、時として凌駕するほどの実力備えており、リムパックでも好成績を残している。
専守防衛基本としているため、外洋での艦隊運用は苦手とされているが、「迎え撃つ」事に関しては、世界のどの海軍侵攻しようと決して無視できない損害を負わせる事が可能なだけの能力人員そろっている

関連自衛隊 陸上自衛隊 航空自衛隊

海上自衛隊ホームページ http://www.mod.go.jp/msdf/

主な装備品

艦艇
汎用護衛艦DDはつゆき型あさぎり型、むらさめ型たかなみ型あきづき型(2代目
ミサイル護衛艦DDGはたかぜ型こんごう型あたご型
ヘリコプター搭載護衛艦
DDH
はるな型しらね型ひゅうが型実質ヘリコプター空母)、19500トン型(1番艦が建造中)
護衛艦DEあぶくま型護衛艦
ミサイル艇PGはやぶさ型
潜水艦SSおやしお型そうりゅう型
補給艦AOEましゅう型とわだ型
輸送艦揚陸艦
LST
おおすみ型
輸送艇揚陸艇
LCULCM
1号型、エアクッション艇1号型交通船2125号型
掃海母艦MSTうらが型
掃海艦MSOやえやま型
掃海艇MSCうわじま型、すがしま型ひらしま型えのしま
掃海管制艇(MCLはつしま型うわじま
敷設艦ARCむろと型(2代目
練習艦TVかしま型しまゆき
練習潜水艦TSSあさしおふゆしお
訓練支援艦ATSくろべ、てんりゅう
潜水艦救難艦ASRちはや(2代目
潜水艦救難母艦(AS)ちよだ
海洋観測艦AGSしょうなんにちなん、すま、ふたみ型
試験艦(ASEあすか、くりはま
音響測定艦AOSひびき型
砕氷艦AGBしらせ
多用支援艦(AMSひうち型
特務艇(ASYはしだて
火砲
艦砲62口径76ミリ速射砲
54口径5インチ単装速射砲(Mk42)
54口径127ミリ速射砲
62口径5インチ単装砲Mk45 Mod4)
CIWS機関砲銃身20ミリ機関砲
高性能20ミリ機関砲
誘導弾
対空誘導弾81式短距離地対空誘導弾SAM-1
RIM-66/67「スタンダード(SM-1/2)」
RIM-161スタンダードSM-3)」;弾道ミサイル防衛BMD専用ブロックII日米共同開発中)
RIM-7E/F/M「シースパロー
RIM-162ESSM
対艦誘導弾AGM/RGM/UGM-84「ハープーン
90式艦対艦誘導弾SSM-1B
91式空対艦誘導弾ASM-1C
AGM-114M「ヘルファイアII
AGM-65マーベリック
魚雷爆弾Mk.46&bt;73式短魚雷
80式魚雷
89式魚雷
97式短魚雷
12式短魚雷
150kg対潜爆弾
07式垂直発射魚雷投射ロケット
機雷係維触発機雷66式機雷水中線式)
係維感応機雷:MK.57、71式機雷83式機雷
沈底機雷:Mk.18・67機雷、Mk.25、Mk.36・70式機雷、Mk.52、Mk.55
上昇機雷80機雷91式機雷
電子機器情報機器
射撃指揮装置72射撃指揮装置1型(FCS-1
79射撃指揮装置2型(FCS-2
00射撃指揮装置FCS-3
レーダーOPS-9/9B/9C
OPS-10
OPS-11/11B/11C
OPS-12
OPS-14/14B/14C
OPS-16/16B/16C/16D
OPS-18-1/-3
OPS-20/20B/20C/20D/20E
OPS-22
OPS-24/24B/B-1/B-2/24C
OPS-28-1/1B/1C/1D/1E
OPS-29/29J/29K
OPS-39/39D/39F/39G
OPS-50FCS-3派生型19,500トン護衛艦搭載予定。)
AN/SPS-52/52B/52C
AN/SPY-1D/(V)
ソナーOQS-101
OQS-4/4II
OQS-102
OQS-5/5-1
OQS-8
OQQ-21
OQQ-22
AN/SQS-53C

海上自衛隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/03 06:07 UTC 版)

海上自衛隊(かいじょうじえいたい)は、日本自衛隊のうちの海上部門にあたる組織[1]官公庁の一つであり、防衛省特別の機関[2]の集合体である。略して海自(かいじ)と呼ばれる[3][4]英称 Japan Maritime Self-Defense Force、略称 JMSDF[5]。諸外国からは Japanese Navy(日本海軍の意)に相当する語で表現されることがある[6]




[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊法第三条3項
  2. ^ 防衛省設置法第十九条
  3. ^ 呉海自カレー”. 海上自衛隊 呉地方隊. 2016年3月21日閲覧。
  4. ^ UH-60J 救難ヘリコプタ(海自)”. 三菱重工業. 2016年3月21日閲覧。
  5. ^ a b c d 海上自衛隊公式HP
  6. ^ 『よくわかる!艦艇の基礎知識』菊池雅之(イカロス出版、2008年)154頁
  7. ^ Japanese navy may seek greater electronic, cyber warfare collaboration with US Navy”. Jane's Information Group (2016年2月18日). 2016年3月21日閲覧。
  8. ^ ここまで出典:平成27年版防衛白書 資料36 主要艦艇の就役数
  9. ^ ここまで出典:平成27年版防衛白書 資料35 主要航空機の保有数・性能諸元
  10. ^ a b c d e 世界の艦船」2015年7月増刊(通巻819号)『海上自衛隊2015-2016』
  11. ^ 平成27年版防衛白書 資料46 自衛官の定員および現員
  12. ^ 平成27年版防衛白書 図表III-1-3-3(防衛関係費(当初予算)の内訳(平成27年度))
  13. ^ 海上自衛隊公式HPの「基地の所在地」を基に算出
  14. ^ 海上自衛隊公式HP 「主な活動 - 24時間体制の警戒監視活動」
  15. ^ 落合 畯. “Operation Gulf Dawn(湾岸の夜明け作戦) (PDF)”. 海上自衛隊 掃海隊群. 2016年3月20日閲覧。
  16. ^ 『世界の艦船』2011年11月の記事中で香田は空海軍と表現を用いている。
  17. ^ 香田洋二「護衛艦隊の誕生と発展 1961-2011」、『世界の艦船』2011年11月No.750。
  18. ^ "Military Balance 2011"では Naval Aviation の項目で人員9,800人と記載されている。
  19. ^ 平成27年版防衛白書 資料50 わが国のBMD整備への取組の変遷
  20. ^ 平成27年防衛白書 第1章第1節 4 武装工作船などへの対処
  21. ^ 国土交通省 組織図
  22. ^ 我が国の統治機構 (PDF)”. 内閣官房内閣人事局. 2016年3月20日閲覧。
  23. ^ 自衛隊法第八十二条
  24. ^ 日米安全保障共同宣言”. 外務省. 2016年3月21日閲覧。
  25. ^ 防衛省「自衛官の階級」
  26. ^ a b c d 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み」、『世界の艦船』第771号、海人社、2013年1月、 189-195頁。
  27. ^ 平成27年版 防衛白書
  28. ^ 被採用者の手記 (防衛省 情報検索サービス) 2012年2月17日閲覧
  29. ^ 手塚正己(2010) 第三章の八、第六章の二
  30. ^ 読売新聞戦後史班編 「第2章 海上警備隊」『昭和戦後史「再軍備」の軌跡』 読売新聞社1981年、174-256頁。ASIN B000J7W6JM
  31. ^ 日本政府が当初において海軍再建に否定的であったのは、時の首相吉田茂が経済復興を優先させていたことと再軍備の動きが早期講和に不利になると考えていたからである。
  32. ^ a b NHK取材班(2003) 第八章
  33. ^ 「(第二次)特殊研究資料」による制度的枠組の検討では、後述の通り海上保安庁の下に新海軍の母体組織を作りつつも、両者は実質的に分離されているという計画であった。
  34. ^ 掃海OB等の集い 世話人会 (2013年9月30日). “航路啓開史 (PDF)” (日本語). 2013年3月13日閲覧。
  35. ^ 幹部候補生学校:伝統
  36. ^ 幹部候補生学校:伝統
  37. ^ 自衛隊百科・自衛隊インビテーション(2月放送内容) テーマ:3自衛隊の特色、違い① 四文字熟語”. 防衛省 東北防衛局 (2013年2月). 2016年3月21日閲覧。
  38. ^ a b 儀礼曲の統一について(通達)改正 平成14年5月24日 海幕総務第2946号
  39. ^ 女性自衛官が増える中、歌い出しが「男と生まれ~ 」であった。
  40. ^ 海上自衛隊:海上自衛隊について:海上自衛隊とは:役割 - 海上自衛隊


「海上自衛隊」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

海上自衛隊に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「海上自衛隊」の関連用語

海上自衛隊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パイロン

戦術空中発射デコイ

アブレスト

F4F

B787

FA-200

航空母艦

エアブレーキ





海上自衛隊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海上自衛隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS