ヨハネの黙示録とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ヨハネの黙示録の意味・解説 

ヨハネの黙示録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/02 22:36 UTC 版)

ヨハネの黙示録(ヨハネのもくしろく、古典ギリシア語: 'Aπōκάλυψις Ιωάννηςラテン語: Apocalypsis Johannis)は、『新約聖書』の最後に配置された書であり、『新約聖書』の中で唯一預言書的性格を持つ書である。




  1. ^ 望月 明『ヨハネの黙示録講解 苦難の中にある希望』いのちのことば社、2011年、pp. 10, 14-15
  2. ^ 訳語と小見出しは文語訳聖書新改訳聖書新共同訳聖書現代訳聖書参照
  3. ^ ウェストミンスター信仰告白
  4. ^ ウィリアム・ヘンドリクセン『死後と終末』つのぶえ社
  5. ^ 尾山令仁『聖書の教理』羊群社
  6. ^ アリスター・マクグラス『キリスト教神学入門』教文館
  7. ^ メリル・テニイ『ヨハネの黙示録』p.177、聖書図書刊行会
  8. ^ 岡山英雄『子羊の王国』いのちのことば社


「ヨハネの黙示録」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヨハネの黙示録に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヨハネの黙示録」の関連用語

ヨハネの黙示録のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ヨハネの黙示録のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヨハネの黙示録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS