オープンアクセスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オープンアクセスの意味・解説 

オープンアクセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/24 05:29 UTC 版)

オープンアクセス: open accessOA)は、主に学術情報の提供に関して使われる言葉で、広義には学術情報を、狭義には査読つき学術雑誌に掲載された論文を、インターネットを通じて誰もが無料で閲覧可能な状態に置くことを指す。また、自由な再利用を認めることも定義の一つに含まれることが多い。1990年代、大手出版社による学術雑誌市場の寡占と価格高騰が続いていた。これに対抗し学問の自由な共有を目指す動きが現れ、2001年に開催された会議およびそれをもとに2002年に公開された文書である Budapest Open Access Initiative (BOAI) によって方向づけられた理念および運動である。BOAI ではオープンアクセス達成の方法として、研究者のセルフアーカイブ(グリーンロード)とオープンアクセスの学術雑誌に投稿するゴールドロードを提示している。




[ヘルプ]

註釈

  1. ^ ブダペスト・オープンアクセス・イニシアティヴから10年:デフォルト値を「オープン」に”. ブダペスト・オープンアクセス・イニシアティヴ (2012年9月12日). 2015年4月11日閲覧。
  2. ^ Bethesda Statement on Open Access Publishing”. アーラム大学 (2003年6月20日). 2015年4月11日閲覧。
  3. ^ Berlin Declaration”. マックス・プランク研究所. 2015年4月11日閲覧。
  4. ^ 転覆計画[19]、破壊的提案[35]とも。

出典

  1. ^ オープンアクセスに関する声明”. 文部科学省 (2009年3月16日). 2015年4月11日閲覧。
  2. ^ オープンアクセス特設サイト”. 岡山大学. 2015年4月11日閲覧。
  3. ^ 三根慎二 (2009-10). “電子ジャーナル時代の新用語「オープンアクセス:大学図書館の立場から」”. SPARC Japan news letter (国立情報学研究所) 2: 5. NAID 110007473258. https://www.nii.ac.jp/sparc/publications/newsletter/html/2/topics1.html 2015年4月11日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e 栗山 2010, p. 139.
  5. ^ オープンアクセスとは”. 京都大学. 2015年4月11日閲覧。
  6. ^ a b c 倉田 2007, pp. 146-147.
  7. ^ ブダペスト・オープンアクセス・イニシアティヴから10年:デフォルト値を「オープン」に”. ブダペスト・オープンアクセス・イニシアティヴ (2012年9月12日). 2015年4月11日閲覧。
  8. ^ 佐藤 2013, p. 415.
  9. ^ a b 国立大学図書館協会 学術情報委員会 学術情報流通検討小委員 2014, p. 5.
  10. ^ a b c 横井 2013, pp. 149-150.
  11. ^ 倉田 2007, p. 161.
  12. ^ a b 倉田敬子 (2012-08). “Open Accessはどこまで進んだのか(2) オープンアクセスはいかに実現されてきたのか” (PDF). SPARC Japan news letter (国立情報学研究所) 14: 6. NAID 110009444471. http://www.nii.ac.jp/sparc/publications/newsletter/pdfper/14/sj-NewsLetter-14-3.pdf 2015年4月11日閲覧。. 
  13. ^ 石井奈都 (2012-01). “商業出版社のオープン・アクセス戦略”. SPARC Japan news letter (国立情報学研究所) 11: 3. NAID 110008790863. https://www.nii.ac.jp/sparc/publications/newsletter/html/11/fa1.html 2015年4月11日閲覧。. 
  14. ^ BioMed Central のオープンアクセス出版 in 第5回 SPARC Japan セミナー2009「オープンアクセスのビジネスモデルと研究者の実際」 (PDF)”. 国立情報学研究所. p. 2 (2009年10月20日). 2015年4月11日閲覧。
  15. ^ 横井 2013, p. 144
  16. ^ 杉田茂樹 (2012-08). “Open Accessはどこまで進んだのか(1) オープンアクセス メガジャーナルと学術出版システム転覆提案”. SPARC Japan news letter (国立情報学研究所) 14: 3. NAID 110009444464. http://www.nii.ac.jp/sparc/publications/newsletter/pdfper/14/sj-NewsLetter-14-2.pdf 2015年4月11日閲覧。. 
  17. ^ 横井 2013, p. 145.
  18. ^ 倉田 2007, p. 162.
  19. ^ a b c 佐藤 2013, p. 416.
  20. ^ 上田・倉田 編著 2013, p. 105.
  21. ^ Van Noorden, Richard (2013-03-27). “Open access: The true cost of science publishing”. Nature (Nature) 495 (7442): 428. doi:10.1038/495426a. 
  22. ^ 時実 2005, p. 424.
  23. ^ a b 佐藤 2013, p. 419.
  24. ^ 倉田 2007, pp. 165-167.
  25. ^ 上田・倉田 編著 2013, pp. 97-98.
  26. ^ 名嘉節; 清貞智会; 山田肇 (2001-11). “科学コミュニケーションの動向 -科学ジャーナルを取り巻く状況-” (PDF). 科学技術動向 (科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター) 8: 21-22. ISSN 13493663. http://data.nistep.go.jp/dspace/bitstream/11035/1374/1/NISTEP-STT008-20.pdf. 
  27. ^ 佐藤義則 (2010). “シリアルズ・クライシスと学術情報流通の現在:総括と課題”. 情報管理 (科学技術振興機構) 53 (12): 680. doi:10.1241/johokanri.53.680. 
  28. ^ a b ポインダー 2011, p. 1.
  29. ^ a b c 尾城孝一 (2010-05). “ビッグディールは大学にとって最適な契約モデルか?”. SPARC Japan news letter (国立情報学研究所) 5: 1-3. NAID 110007572475. http://www.nii.ac.jp/sparc/publications/newsletter/pdfper/5/sj-NewsLetter-5-2.pdf 2015年4月11日閲覧。. 
  30. ^ a b ポインダー 2011, p. 5.
  31. ^ 倉田 2007, p. 132.
  32. ^ 倉田 2007, p. 129.
  33. ^ ポインダー 2011, pp. 5-6.
  34. ^ ポインダー 2011, p. 15.
  35. ^ 栗山 2010, p. 138.
  36. ^ 国立大学図書館協会 学術情報委員会 学術情報流通検討小委員 2014, p. 4.
  37. ^ スティーブン・ハーナッド (2011年9月1日). “THE SUBVERSIVE PROPOSAL (Stevan Harnad (1994))日本語訳”. デジタルリポジトリ連合. 2015年4月12日閲覧。
  38. ^ a b c d 倉田 2007, p. 150.
  39. ^ a b 倉田 2007, p. 151.
  40. ^ a b c 栗山正光 (2005). “図書館雑誌2005年11月号掲載原稿機関リポジトリ―大学図書館の新しい挑戦―”. 図書館雑誌 (日本図書館協会) 99 (11): 778. ISSN 0385-4000. 
  41. ^ ポインダーの視点: 10年を経て”. 国立情報学研究所. 2015年4月12日閲覧。
  42. ^ a b 時実 2005, p. 421.
  43. ^ 岡部, 晋典 ほか (2011). “Budapest Open Access Initiativeの思想的背景とその受容”. 情報知識学会誌 21 (3): 333-349. doi:10.2964/jsik.21-032. ISSN 09171436. NAID 10029478981. http://hdl.handle.net/2241/114775. 
  44. ^ 倉田敬子 (2011). “オープンアクセスの理念と現状” (PDF). メディア教育研究 (放送大学ICT活用・遠隔教育センター) 7 (2): 43. ISSN 1884-6777. http://k-ris.keio.ac.jp/Profiles/62/0006104/details_e4152004570041.pdf. 
  45. ^ 時実 2005, p. 422.
  46. ^ 倉田 2007, p. 152.
  47. ^ a b 三根慎二 (2007-08). “オープンアクセスジャーナルの現状”. 大学図書館研究 (大学図書館研究編集委員会) 80: 55. NAID 110007571864. 
  48. ^ 上田・倉田 編著 2013, pp. 102-104.
  49. ^ a b 高木和子 (2011-02-28). “研究助成機関のオープンアクセス(OA)ポリシー:各国の状況”. 国文目白 (日本女子大学) 50: 57. NAID 110008921552. 
  50. ^ NIHのパブリックアクセス方針義務化等の内容を含んだ法案が成立”. 国立国会図書館 (2007年12月27日). 2015年4月13日閲覧。
  51. ^ a b 佐藤 2013, p. 417.
  52. ^ H.R.3699 - 112th Congress (2011-2012): Research Works Act”. 米国議会図書館 (2015年4月13日). 2015年4月13日閲覧。
  53. ^ 佐藤 2013, p. 418.
  54. ^ なぜエルゼビアはボイコットを受けるのか”. 慶應義塾大学. 2015年4月13日閲覧。
  55. ^ 国立大学図書館協会 学術情報委員会 学術情報流通検討小委員会 (2013-06) (PDF). 学術情報流通の現状と課題の整理のために― 検討の報告 ― (Report). 国立大学図書館協会. p. 12. http://www.janul.jp/j/projects/si/gkjhoukoku201306b.pdf 2015年4月10日閲覧。. 
  56. ^ “ハーナッド氏らがFinchレポートに反論するプレプリントを公開、セルフアーカイブ義務化は機関リポジトリへの論文登載率に影響を与えると主張”. カレントアウェアネス-R (国立国会図書館). (2012-11-02). http://current.ndl.go.jp/node/22239 2015年4月13日閲覧。. 
  57. ^ “ゴールドOAに偏重した英国のOA方針に対する批判と提言”. カレントアウェアネス-E (国立国会図書館) (E1495). (2013-10-24). http://current.ndl.go.jp/e1495 2015年4月13日閲覧。. 
  58. ^ “オープンアクセスプロジェクトSCOAP3が2014年1月から運用開始”. カレントアウェアネス-R (国立国会図書館). (2013-12-06). http://current.ndl.go.jp/node/25020 2015年4月12日閲覧。. 
  59. ^ SCOAP3”. 国立情報学研究所. 2015年4月12日閲覧。


「オープンアクセス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オープンアクセス」の関連用語

オープンアクセスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo SMART series P-04A

大山巌

オニグルミ

若松図鐔

ハイイロジェントルキツネザル

ジャパニーズ・アイビー

増女

座繰器





オープンアクセスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオープンアクセス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS