Microsoft Visual C ランタイムライブラリの互換性

Microsoft Visual C++

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 22:03 UTC 版)

ランタイムライブラリの互換性

Visual C++ (以下VC) のCRT (C Runtime) ライブラリは、コンパイルオプションによって静的リンクあるいは動的リンクを選択することができる[67]DLLおよびEXEにVCランタイムを動的リンクする場合、DLL/EXE自体のファイルサイズを削減できるなどのメリットがあるが、アプリケーションの実行にはVCバージョンごとのランタイムライブラリモジュールが実行環境に必要となる(例えばVC2010の場合は msvcr100.dll や msvcp100.dll など)。MFC/CLR/OpenMP/C++ AMPを利用して作成されたDLL/EXEの場合はさらにそれぞれのランタイムライブラリが必要となる。エンドユーザー環境向けにVCランタイムライブラリの再頒布可能 (redistributable) パッケージがインストーラー形式で提供されているが、このインストーラーにはデバッグバージョンのライブラリは含まれない。Windowsのバージョンによっては、特定のバージョンのVCランタイムのサブセットがシステムコンポーネントとしてプリインストールされている。

VCのランタイムライブラリは、バージョンごとにCRTオブジェクトのメモリ管理がなされていた。そのため、異なるバージョンのVC間でDLL境界を越えてCRTオブジェクトの寿命を管理することはできなかった。例えば古いバージョンのVCで作成されたDLL内でmalloc/newしたオブジェクトを、新しいバージョンのVCで作成されたアプリケーションでfree/deleteしたり、逆に新しいVCで作成されたDLL内でmalloc/newしたオブジェクトを、古いVCで作成されたアプリケーションでfree/deleteしたりすることは、ヒープ破壊などの実行時エラーや未定義動作を招く原因となる[68]。メモリの確保と解放はモジュールごとに閉じていなければならず、モジュール外に確保と解放の処理を公開するためにはDLL関数によるラッピングが必要となる。

VC2015ではUniversal CRTが導入され、またVC2017およびVC2019ではランタイムに破壊的変更がなくVC2015との互換性があるため、一定の条件が満たされればDLL境界を越えてCRTオブジェクトの寿命を管理することができる[69][70][71][72]。Windows 10の場合、Universal CRTはシステムコンポーネントとして標準インストールされているが、それよりも前のバージョンのWindowsではWindows Updateや再頒布可能パッケージによるシステムディレクトリへのインストール(集中配置)、あるいはアプリケーションごとのローカル配置などの手段を利用する必要がある[73][74][75][76][77][78]


  1. ^ Visual C++ What's New 2003 through 2015 | Microsoft Docs
  2. ^ Microsoft、「Visual Studio 2017 15.9」でArm64アプリ開発を正式サポート:64bit Armアプリの作成が容易に - @IT
  3. ^ ANSI Conformance | Microsoft Docs
  4. ^ C99 library support in Visual Studio 2013 | C++ Team Blog
  5. ^ Microsoft C++ language and standard library conformance table | Microsoft Docs
  6. ^ C11 and C17 Standard Support Arriving in MSVC | C++ Team Blog
  7. ^ 標準 C++ プログラムの作成 (C++)”. MSDN ライブラリ. マイクロソフト (2007年11月). 2009年12月1日閲覧。
  8. ^ Visual C++ 2010 の新機能
  9. ^ C++11 Features in Visual C++ 11
  10. ^ Support For C++11 Features (Modern C++)
  11. ^ C++11/14/17 Features In VS 2015 RTM - Visual C++ Team Blog - Site Home - MSDN Blogs
  12. ^ Visual Studio 2017 リリース ノート
  13. ^ Visual C++ Language Conformance | Microsoft Docs
  14. ^ Announcing: MSVC Conforms to the C++ Standard | Visual C++ Team Blog
  15. ^ コンパイラの実装状況 - cpprefjp C++日本語リファレンス
  16. ^ MSVC now correctly reports __cplusplus | Visual C++ Team Blog
  17. ^ Visual C++ の OpenMP
  18. ^ Visual C++ Editions (2005)
  19. ^ Visual C++ Editions (2008)
  20. ^ Visual C++ Editions (2010)
  21. ^ Visual C++ Tools and Templates in Visual Studio Editions
  22. ^ How to: Iterate Over STL Collection with for each
  23. ^ How to: Declare Override Specifiers in Native Compilations
  24. ^ sealed (C++ Component Extensions)
  25. ^ Compiler Support for Type Traits
  26. ^ SAL注釈
  27. ^ msclr 名前空間
  28. ^ STL/CLR ライブラリ リファレンス
  29. ^ 同時実行ランタイム
  30. ^ C++ AMP (C++ Accelerated Massive Parallelism)
  31. ^ CRTのセキュリティ強化
  32. ^ Safe Libraries: Standard C++ Library
  33. ^ Checked Iterators
  34. ^ Visual C++ 2008 用の MFC Feature Pack
  35. ^ Visual Studio 2010 SP1 用の MFC の追加
  36. ^ C++ マネージ拡張プログラミング (C++)
  37. ^ ネイティブ C++ アプリケーションの再頒布
  38. ^ 混在 (ネイティブおよびマネージ) アセンブリ
  39. ^ /clr (共通言語ランタイムのコンパイル)
  40. ^ /clr (共通言語ランタイムのコンパイル) (C++)
  41. ^ C++ - C++/WinRT の紹介
  42. ^ Introduction to C++/WinRT - Windows UWP applications | Microsoft Docs
  43. ^ Long Double 型
  44. ^ a b /arch (x86) | Microsoft Docs
  45. ^ Microsoft、“Professional”相当の無償版「Visual Studio Community 2013」を公開 - 窓の杜
  46. ^ Visual Studio 2015 の製品ラインアップを発表 - Visual Studio 日本チーム ブログ - Site Home - MSDN Blogs
  47. ^ ニュース - MSが「Visual Studio Community」を発表、無償でAndroid/iOSアプリも開発可能:ITpro
  48. ^ Microsoft、統合開発環境「Visual Studio 2015」を正式公開 - 窓の杜
  49. ^ 定義済みマクロ
  50. ^ Visual C++ 2003 ~ 2015 の新機能 | Microsoft Docs
  51. ^ Application statically linked with Visual C++ 2010 C/C++ runtime fails to launch with error ‘The procedure entry point EncodePointer could not be located in the dynamic link library KERNEL32.dll’.” (英語). サポート技術情報. マイクロソフト (2009年10月29日). 2009年12月14日閲覧。
  52. ^ Breaking Changes” (英語). 2009年12月26日閲覧。
  53. ^ Windows Server 2008 R2 to Phase Out Itanium” (英語). 2010年5月11日閲覧。
  54. ^ コンパイラの判断によって32bit版アプリケーションでも SSE2 命令が使われる可能性がある。
  55. ^ Breaking Changes in Visual C++ | Microsoft Docs
  56. ^ 浮動小数点の移行に関する問題 | Microsoft Docs
  57. ^ Unicode とマルチバイト文字セット (MBCS: Multibyte Character Set) のサポート
  58. ^ Visual Studio 2015 における Visual C++ の新機能
  59. ^ a b Visual Studioのアップデートに伴い、_MSC_VERの最下位の桁も更新されるようになっている。
  60. ^ Visual Studio 2017 (バージョン 15.0) リリース ノート
  61. ^ Visual Studio 2019 プレビューでの非推奨の C++ 機能 | Microsoft Docs
  62. ^ SIMD Extension to C++ OpenMP in Visual Studio | C++ Team Blog
  63. ^ /openmp (Enable OpenMP Support) | Microsoft Docs
  64. ^ Visual Studio 2019 リリース ノート | Microsoft Docs
  65. ^ New, experimental code analysis features in Visual Studio 2017 15.8 Preview 3 | C++ Team Blog
  66. ^ In-editor code analysis in Visual Studio 2019 Preview 2 | C++ Team Blog
  67. ^ /MD, -MT, -LD (Use Run-Time Library) | Microsoft Docs
  68. ^ Potential Errors Passing CRT Objects Across DLL Boundaries | Microsoft Docs
  69. ^ C++ Binary Compatibility between Visual Studio 2015 and Visual Studio 2019 | Microsoft Docs
  70. ^ Visual C++ change history 2003 - 2015 | Microsoft Docs
  71. ^ CRT ライブラリの機能 | Microsoft Docs
  72. ^ Universal CRT へのコードのアップグレード | Microsoft Docs
  73. ^ Visual C++ 2015 以降のバージョンの再頒布可能パッケージにおけるインストールの前提条件 – Visual Studio サポート チーム blog
  74. ^ Visual C++ 2015 アプリケーションでの CRT ローカル配置について – Visual Studio サポート チーム blog
  75. ^ Introducing the Universal CRT | C++ Team Blog
  76. ^ Universal CRT deployment | Microsoft Docs
  77. ^ 最新のサポートされる Visual C++ のダウンロード
  78. ^ Windows での汎用の C ランタイムの更新プログラム


「Microsoft Visual C++」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Microsoft Visual C 」の関連用語

Microsoft Visual C のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Microsoft Visual C のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMicrosoft Visual C++ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS