香港 軍事

香港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/21 14:22 UTC 版)

軍事

第一次および第二次世界大戦の戦死者を追悼する和平記念碑。石造りで、ロンドンホワイトホール慰霊碑のほぼ原寸大の複製物である (エドウィン・ラッチェンス作、1920年発表)[47]

返還前はイギリス軍が昂船洲(ストーンカッタース)や赤柱(スタンレー)などの基地に正規兵のほかにグルカ兵などの傭兵を含む海軍、陸軍部隊(駐香港イギリス軍)を駐留させていた。同司令官は香港総督の下に位置した。

返還後にはイギリス軍に代わり人民解放軍駐香港部隊が駐留している。人民解放軍駐香港部隊の司令部が置かれているセントラルの「中国人民解放軍駐香港部隊大廈」は、返還まではイギリス軍の司令部が置かれていたプリンス・オブ・ウェールズ・ビルであった。人民解放軍駐香港部隊司令官は、中央軍事委員会および中華人民共和国国防部の下にあり、香港行政長官には部隊への指揮権がない。 基本法の規定により、イギリスやイギリスの同盟国であるオーストラリアアメリカを含む外国艦艇の休暇上陸(レスト&レクリエーション)を含む寄港は返還後も中央政府の同意を経て可能とされている。ただし中央政府の意向により寄港が許可されないケースもある。

人口

2016年の中期人口統計によると、香港の人口は733万6585人、2011年の人口調査以降の年平均人口増加率は0.7%であった[7]。香港は世界で最も人口密度が高い地域の一つであり、1平方キロメートル当たりの人口密度は6540人(2010年)である[48]。2022年には729万1600人となっている。18ののうち最も人口密度が高い観塘区では5万4530人に上る[48]。香港の出生率は0.869であり、人口代替率2.1をはるかに下回っている。

香港島北部の住宅地と九龍半島に人口が集中している。両者を合わせて127.75平方キロメートルと香港全体の面積の12%弱の地域に、香港総人口の約48%に当たる約338万人が居住している。九龍地区の1平方キロメートル当たりの人口密度は4万4917人、同じく香港島北部は1万5726人である(いずれも2010年)。

同地域は「海外からの移住者が仕事探しを行える環境」として比較的恵まれていることが特徴ともなっており、労働移住者の割合は24%(世界7位)という高めなものとなっている[49]。香港の人口で最も多いのは「華人」と呼ばれる中国系で、全体の93%を占める。華人以外で多いのはメイドなどの出稼ぎ労働者として多くが働いているフィリピン人やインドネシア人で、かつての宗主国のイギリス人が次ぐ。日本人は約2万4000人居住している。 香港返還以降の人口増加の大半は中国本土からの移民による。香港大学アジア太平洋研究センターの鄭宏泰助理教授は「中国本土からの移民人口を総合すると、2001年時点の香港総人口の約1割に当たる」と指摘する[50]。2015年の調査によると、1997年の香港返還以来、中国本土から香港に移り住んだ人の数が87万9000人に達していることが明らかになった。香港の人口(730万人)の8人に1人が本土出身者という計算になる。

一方で、近年は前述した国家安全法の施行や少子高齢化で、香港の人口減少が加速している[51]

香港のニュータウン

宗教

仏教道教、ついでキリスト教徒(1993年ではプロテスタント25万8000人、カトリック24万9180人)が多い。

道教に根ざした思想や風習が広く市民の間に浸透している。関帝天后など道教の神を祀った寺院道観)が、中心部・郊外を問わず、各所に建てられている。近代的なビルの一角やオフィス、店舗の片隅に関帝が祀られていたり、路傍などに土地神を祀る小さな祠がしつらえられていることも多く、そこには多くの場合、線香や供物が絶やさず供えられている。

イギリスによる長年の統治の影響により、キリスト教も比較的広く信仰されている。歴史的な建造物であるものから雑居ビルの一室のものまで含めた各宗派の教会や、キリスト教系の団体を母体とする福祉施設や学校などが数多く存在している。ほかにも仏教寺院やイスラム教モスク、日本の宗教団体の施設などもある。

経済

中環の複合商業施設である国際金融中心

国際通貨基金の統計によると、2015年GDPは3092億米ドルである[52]。2015年の一人当たりのGDPは4万2294米ドルであり、世界的にも上位に位置する。2016年の一人当たり国民総所得(GNI)は4万3240ドルでドイツに次ぐ世界第16位となっている[53]

アメリカのシンクタンク2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界6位の都市と評価された[54]。アジアの都市ではシンガポール東京に次ぐ3位である。日本の民間研究所2017年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界9位の都市と評価された[55]。世界屈指のビジネス拠点であり、2012年5月、スイスのシンクタンクによって、2年連続で「世界で最も競争力の高い国・地域」に選ばれた[56]

富裕人口も非常に多く、金融資産100万ドル以上を持つ富裕世帯は約21万世帯であり、フランスインドを凌いでいる。およそ11世帯に1世帯が金融資産100万ドル以上を保有しており、世界有数の密度を誇る[57]。個人資産10億ドル以上を保有する大富豪は2016年時点で68人であり、ニューヨークに次ぎ、世界で2番目に多い都市である[58]

25年連続で「世界で最も自由な経済体」に選出されているように[59]、経済形態は規制が少なく低税率な自由経済を特徴とする。食料や日用品などの対外依存度が高い。もともとイギリスの対中国貿易の拠点であったことから中継貿易が発達していた。1949年に中華人民共和国が成立すると、大陸から多くの移民が香港に流入、それを安価な労働力として活用することで労働集約型の繊維産業やプラスチック加工などの製造業が発達した。

1970年代からは、香港政庁が新界における住宅団地開発や交通インフラ整備などに着手(詳細は積極的不介入を参照)、香港経済は急速な発展を遂げる。しかし1970年代後半になると労働コストの上昇や工業用地不足などの問題が顕在化してきた。そして中華人民共和国の改革開放政策により1980年代からは従来の製造業は広東省の深圳市東莞市をはじめとする珠江デルタへと移転、香港は中華人民共和国を後背地とする金融センター・物流基地へ転換した。

1997年の返還後は中国本土への経済的依存は強まり、2003年には中国本土・香港経済連携緊密化取決め(CEPA I)が中国本土と香港の間で調印され、その後も補充協議が実施・締結されている。広東省のイニシアティブによる汎珠江デルタ協力(9+2協力)にも参加している。香港は、世界最大級の都市圏(グレーターベイエリア)を目指す粤港澳大湾区構想の一部でもある[60][61]

イギリス時代から完備された法体系や税制上の優遇措置、高い教育水準を有し英語が普及していることから、賃貸物件賃料が世界最高水準であるにもかかわらず、アジア市場の本社機能を香港に設置する欧米企業が多く存在する。

香港のGDPの80%をサービス産業が占める。観光産業がGDPの約5%を占めるほか、古くから映画産業が盛んである。香港経済界の代表的人物として長江集団を率いる李嘉誠が挙げられる。

地価が高いこともあり、香港はシンガポールと同じく物価高の傾向があり、商品や為替変動によっては東京の消費者物価を上回ることがある。

企業

電力や通信などの社会インフラ企業をはじめ建設や運輸、金融や流通、サービス業や報道機関まで、さまざまな業種の大企業がそろっており、東南アジアや中華人民共和国のみならず、日本やイギリス、アメリカなどへ進出している企業も多い。

主な財閥、企業グループは、イギリス系、華人系、中国本土系の三つに大まかな分類ができる。華人系には長江実業グループや会徳豊などがある。伝統的にはイギリス系のジャーディン・マセソンスワイヤー・グループ香港上海銀行が有力だが、前二者は1970年代以降、ハチソン・ワンポア(長江実業グループ傘下)などの華人系財閥による買収などで勢力を縮小させている。中国本土系の企業としては、華潤集団、招商局集団中国銀行 (香港)、中国旅行社やCITICがある。

日系企業の進出が盛んであり、2018年時点で1393社の日系企業が、香港に拠点をおいている。これは、香港に進出している外資系企業の中でアメリカなどの欧米企業を抑えてトップの数である[62]

金融

2021年3月に発表された金融センターランキングにおいて、世界4位と評価された[63]。アジアでは上海に次ぐ2位である。2016年の外国為替市場の1日当たりの取引額は4370億ドルであり、日本を追い抜き、イギリス、アメリカ、シンガポールに次ぐ4位に浮上した[64]

貨幣・金利

貨幣である香港ドルは、イギリス系の香港上海匯豊銀行(HSBC)とスタンダードチャータード銀行(香港渣打銀行)、中国系の中国銀行 (香港)の商業銀行3行によって発行されている。ただし10香港ドル紙幣の一部と硬貨は、香港金融管理局が発行している。

返還後の2001年に金利が自由化されたものの、2005年5月18日にアメリカ合衆国ドルとのペッグ制から目標相場圏制度に移行されたことにより、金利は基本的にアメリカ合衆国の金利動向に追従する。

外貨準備高
4500億USドル(2020年7月末)

証券

主要な証券取引所として、1891年に開設された香港証券取引所(香港交易所、Hong Kong Stock Exchange)があり、東京証券取引所シンガポール証券取引所と並び、アジアを代表する証券取引所となっている。市場の動きを表す指数として、代表50銘柄を対象として時価総額加重平均で算出した「ハンセン指数恒生指數、Hang Seng Index)」がある。

株式市場
上場株式時価総額:5兆7783億USドル(2019年4月)[65]

運輸

海運
コンテナ取扱量 1796万TEU(20フィートコンテナ換算、2020年)[66]
空運
取扱貨物 4.6百万トン(2019/20年度)[67]

注釈

  1. ^ 独立国家としては世界トップクラスである日本をも凌駕する。
  2. ^ 英語または普通話で放送し、ニュース報道は中国政府の意向に沿っている。

出典

  1. ^ Population Estimates”. 政府統計處 (2019年10月18日). 2019年10月29日閲覧。
  2. ^ a b World Economic Outlook Database, October 2020”. IMF.org. International Monetary Fund. 2020年10月20日閲覧。
  3. ^ a b Hong Kong”. International Monetary Fund. 2018年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月3日閲覧。
  4. ^ こうこうとはよばない
  5. ^ Geography and Climate, Hong Kong”. Census and Statistics Department, Hong Kong Government. 2007年1月10日閲覧。
  6. ^ Ash, Russell (2006). The Top 10 of Everything 2007. Hamlyn. p. 78. ISBN 0-600-61532-4 
  7. ^ a b c (PDF) 2016 年中期人口統計 – 簡要報告 : 2016 Population By-census – Summary Results (Report). 政府統計處 : Census and Statistics Department. (2017年2月). https://www.bycensus2016.gov.hk/data/16bc-summary-results.pdf 2020年8月25日閲覧。. 
  8. ^ “Triennial Central Bank Survey: Report on global foreign exchange market activity in 2010”. Monetary and Economic Department (en:Bank for International Settlements): 12. (December 2010). http://www.bis.org/publ/rpfxf10t.pdf 2011年10月15日閲覧。. 
  9. ^ a b Hong Kong”. en:International Monetary Fund. 2013年10月27日閲覧。
  10. ^ Global Competitiveness Index 2012-2013” (2012年). 2013年6月8日閲覧。
  11. ^ “「IQの高い国ランキング」韓国が世界2位、日本は?”. ZUU ONLINE. (2016年5月12日). https://zuuonline.com/archives/106192 2018年5月14日閲覧。 
  12. ^ http://www.myhealthportal.hk/en/content/articles/18/Health_Effects_of_Air_Pollution_in_Hong_Kong/
  13. ^ http://www.epd.gov.hk/epd/sites/default/files/epd/english/environmentinhk/air/studyrpts/files/final_report_mvtmpms_2012.pdf
  14. ^ “平均寿命、男女とも過去最高更新 女性87.14歳 男性80.98歳”. 日本経済新聞. (2017年7月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HGD_X20C17A7000000/ 2018年1月13日閲覧。 
  15. ^ “香港、長寿世界一の秘訣”. 日本経済新聞. (2016年12月20日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO10869770Q6A221C1EAC000/ 2018年1月13日閲覧。 
  16. ^ http://www.eiu.com/public/topical_report.aspx?campaignid=Democracy0814
  17. ^ SCMP (2013年3月21日). “Hong Kong upgraded to 'flawed democracy' on Economist index”. SCMP. http://www.scmp.com/news/hong-kong/article/1195234/hong-kong-upgrades-flawed-democracy-status-economist-index 2014年9月24日閲覧。 
  18. ^ http://www.freedomhouse.org/sites/default/files/FIW%202013%20Booklet_0.pdf
  19. ^ Fan Shuh Ching (1974). “The Population of Hong Kong”. World Population Year (Committee for International Coordination of National Research in Demography): 18-20. http://www.cicred.org/Eng/Publications/pdf/c-c21.pdf 2010年8月25日閲覧。. 
  20. ^ Second paragraph reads, "The first wave of refugees came to Hong Kong in the 1930s to escape from the Chinese Civil War and the Sino-Japanese War, but it wasn't until 1949, during the Chinese exodus, when an estimated one million-plus mainland Chinese started coming into the city via the northern borders. Many people, mostly anti-communist Kuomintang officials and capitalists, rushed to Hong Kong in search of refuge." A history of refugees in Hong Kong”. Time Out Hong Kong - Know your City (2013年6月18日). 2013年9月9日閲覧。
  21. ^ Page 16, "The turmoil on the mainland, leading to the defeat of the Nationalists and takeover by the Communists in 1949, unleashed a torrent of refugees - both rich and poor -into Hong Kong." Hong Kong: Facts about Hong Kong -History (10th ed.). Hong Kong: Lonely Planet. (2002). p. 16. ISBN 1864502304 
  22. ^ “Veterans who fled mainland for Hong Kong in 1970s tell their stories”. South China Morning Post (Hong Kong). http://www.scmp.com/news/hong-kong/article/1120852/veterans-who-fled-mainland-hong-kong-1970s-tell-their-stories 2013年9月9日閲覧。 
  23. ^ Carroll, John (2007). A Concise History of Hong Kong. Rowman & Littlefield. p. 127. ISBN 978-0742534223 
  24. ^ Headrick The Tentacles of Progress, Chapter.5 Cities, Sanitation, and Segregation
  25. ^ アジア節水会議 香港における水事情と節水の現況 2011年
  26. ^ Chau, K.W. (1993). "Management of limited water resources in Hong Kong". International Journal of Water Resources Development. 9 (1): 68-72. doi:10.1080/07900629308722574.
  27. ^ Basic Law, Chapter IV, Section 4”. Basic Law Promotion Steering Committee. 2009年11月10日閲覧。
  28. ^ Russell, Peter H.; O'Brien, David M. (2001). Judicial Independence in the Age of Democracy: Critical Perspectives from around the World. en:University of Virginia Press. p. 306. ISBN 978-0-8139-2016-0 
  29. ^ http://www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/foreign-affairs-committee/news/hong-kong-tor/
  30. ^ Ghai, Yash P. (2000). Autonomy and Ethnicity: Negotiating Competing Claims in Multi-ethnic States. Cambridge University Press. pp. 92-97. ISBN 978-0-521-78642-3 
  31. ^ 『調査報告第10号』 横浜正金銀行1920年、28頁
  32. ^ 『朝日東亜リポート第6輯』朝日新聞社1939年、南支に於ける香港ドルの地位 135-141頁
  33. ^ 香港で大火 五千七百人が被災『朝日新聞』1969年(昭和44年)12月3日夕刊 3版 11面
  34. ^ 「ビル四つ、なだれ倒壊」『朝日新聞』昭和47年(1972年)6月19日夕刊、3版、1面
  35. ^ 香港斜坡安全 - 香港的天然山坡 土木工程拓展署土力工程處
  36. ^ HONG KONG UNESCO GLOBAL GEOPARK (China)” (英語). UNESCO (2021年7月26日). 2022年10月20日閲覧。
  37. ^ Monthly Meteorological Normals for Hong Kong”. Hong Kong Observatory. 2008年2月1日閲覧。
  38. ^ 「民主政治が驚くほどの速さで後退している気がしています」―岐路を迎える香港の「高度な自治」 (2019年6月6日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年5月30日閲覧。
  39. ^ 香港への優遇措置撤廃表明 トランプ氏「一国一制度に...」(フジテレビ系(FNN))” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月30日閲覧。
  40. ^ 「『基本法解釈の正しい認識を』全人代常委副秘書長」 人民網日本語版2004年04月09日
  41. ^ 三浦一幹 (2019). “香港~中国本土を直結 広深港高速鉄道全線開業!”. 鉄道ファン No.694: 128~131. 
  42. ^ レコードチャイナ:高収入の魅力?人材流出、香港大学への留学生4割は大陸に戻らず—中国
  43. ^ レコードチャイナ:本土出身の中国人留学生、香港での就職を希望—中国
  44. ^ 新卒者6割以上が中国本土での就職を希望—香港
  45. ^ 香港:30年後は男女比7対10、高齢化深刻に サーチナ 2007年7月17日
  46. ^ KatsumiUmezono (2018年6月4日). “約6万円でお手伝いさんを雇える香港”. OWL. 2020年6月7日閲覧。
  47. ^ Brief Information on Proposed Grade I Items, pp. 53-54
  48. ^ a b 香港便覽- 人口 - 香港特別行政區政府
  49. ^ 海外移住の経験者が教える、仕事が見つけやすい27の世界の都市 Business Insider Japan
  50. ^ 連載ルポ 香港返還10周年 一国二制度の実験 第10回 香港の人口問題中国情報源〜中国、香港、台湾、マカオ〜
  51. ^ 香港、少子高齢化と海外移民で「人口減少」が加速” (日本語). 東洋経済オンライン (2022年8月30日). 2022年9月21日閲覧。
  52. ^ World Economic Outlook Database, October 2016 IMF 2016年10月30日閲覧。
  53. ^ 「1.2 名目GDP(国内総生産)及び一人当たりGNI(国民総所得)順位」 外務省
  54. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  55. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2017 森記念財団都市戦略研究所 2017年10月26日閲覧。
  56. ^ IMD 世界競争力 2012
  57. ^ BCG Global Wealth Annual Reports
  58. ^ The Cities With The Most Billionaires Forbes 2016年10月30日閲覧。
  59. ^ 香港 17年連続「世界で最も自由な経済体」
  60. ^ 広東・香港・マカオを結ぶベイエリア 名実ともに世界一になれるか?”. AFPBB (2018年6月24日). 2019年2月20日閲覧。
  61. ^ 中国「ベイエリア」、東京圏やNY圏超えるGDP目指す-30年までに”. ブルームバーグ (2017年8月24日). 2019年2月20日閲覧。
  62. ^ 武田信晃 (2018年11月6日). “初来日の香港行政長官に感じた「したたかさ」”. Wedge. http://wedge.ismedia.jp/articles/-/14432 2018年11月26日閲覧。 
  63. ^ The Global Financial Centres Index Long Finance 2021年3月18日閲覧。
  64. ^ Triennial Central Bank Survey of foreign exchange and OTC derivatives markets in 2016 Bank of International Settlements 2016年10月30日閲覧。
  65. ^ 香港株の時価総額、日本超えて世界3位 香港・金融” (日本語). NNA.ASIA. 2021年2月9日閲覧。
  66. ^ 香港海運港口局 - 統計資料”. www.hkmpb.gov.hk. 2021年2月9日閲覧。
  67. ^ 航空交通統計”. www.cad.gov.hk. 2021年2月9日閲覧。
  68. ^ Hong Kong Is World’s Top Travel Destination THE WALL STREET JOURNAL 2014年1月31日閲覧。
  69. ^ 香港で大規模な抗議デモ 40年ぶりテレビ放送免許巡り:日本経済新聞、「香港TV局免許 却下に抗議デモ」2013年10月22日『読売新聞』朝刊7面
  70. ^ 銭俊華「香港粤語の標準化および中文との結合 : 漢字文化の多様性」『アジア地域文化研究』第15号、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部アジア地域文化研究会、2019年3月、 65-86頁、 doi:10.15083/00077300ISSN 1880-0602NAID 1200067233442020年8月8日閲覧。
  71. ^ 二零零一年施政報告 推廣兩文三語
  72. ^ 「西洋式の名もまた一般的である。もともとはヨーロッパ人の教師が香港人の名前を一つ一つ呼ぶことができなかったので使われたのである」(『香港』70ページ)。ただしイギリス人が付けたもの以外に、香港人が自分で名乗ったあるいは、西洋人のためではなく、広東語と標準中国語との違いを避けるためであるなどの異論がある。実際に、複数の起源があるのかもしれない。
  73. ^ BrittanyHite (2014年2月13日). “上海がアジアのファッションリーダーにー東京は11位”. WSJ. https://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304204104579380360137600686 2020年6月7日閲覧。 
  74. ^ “Cute Power!”. ニューズウィーク. (1999年11月7日). オリジナルの2019年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190509023151/https://www.newsweek.com/cute-power-164150 
  75. ^ 香港 (2)香港人の食習慣”. 国土交通省. 2020年6月7日閲覧。



.hk

(香港 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 02:16 UTC 版)

.hkは、香港国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)である。




  1. ^ a b c d e f g この種類のドメインは2011年1月中旬から登録できない。それ以前に登録されたドメインは使用し、登録を更新することができる。[1]


「.hk」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「香港」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株365で取引される銘柄の一覧

    株365で取引されている銘柄数は4です。銘柄は東京金融取引所が定めたもので、どの証券会社でも同じ銘柄になっています。▼日経225証拠金取引日経平均株価(日経225)を基準に価格が決定されます。NKY/...

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引の見方

    FTSE中国25証拠金取引は、FTSE中国25に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE中国25の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE中国25証拠金取引の値動きを予測できます。FTSE中国...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDの取引時間

    CFDの取引時間は商品内容や取引国によりさまざまです。一般的には、金や原油といったコモディティ、日本やアメリカ合衆国などの株価指数などはほぼ24時間の取引が可能です。一方、各国の株式や日米を除く株価指...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「香港」の関連用語

香港のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



香港のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの香港 (改訂履歴)、.hk (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS