舎密開宗 脚注

舎密開宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 10:18 UTC 版)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

関連項目

外部リンク


  1. ^ 最終巻が発行されたのは榕菴が亡くなった翌年である。
  1. ^ a b c d e f g h i j 奥野久輝『江戸の化学』玉川大学出版部〈玉川選書〉、1980年、54-67頁。全国書誌番号:80023162ISBN 978-4472152115
  2. ^ a b c d e f g h i 塚原東吾「化学と能吏:驚異のマルチ人間宇田川榕菴の謎にせまる (特集 大江戸化学事情(日本の化学の先駆者宇田川榕菴とその時代:生誕200年によせて))」『化学』第53巻第10号、化学同人、1998年10月、 14-20頁。
  3. ^ 化学と教育 vol.37 No,5 p462-466 発行日:1989-10-20 出版:社団法人日本化学会、著:林 良重
  4. ^ 化学遺産- (公益社団法人日本化学会)
  5. ^ 杏雨書屋資料「舎密書」と『舎密開宗』弘前大学教育学部紀要 第99号:63~74(2008年3月) 著:東 徹
  6. ^ ブリタニカ国際大百科事典『舎密開宗』 - コトバンク、2017年7月15日閲覧。


「舎密開宗」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

舎密開宗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



舎密開宗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの舎密開宗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS