編入 編入の概要

編入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 18:40 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

学校への編入については、編入学を参照のこと。

概説

日本の行政法律用語としては主に、地方自治体の合併の際に、中心(核)となる市町村が法人格を継続したまま、近隣の自治体を廃止してその区域に組み入れる意で使用される(日本の市町村の廃置分合#合体(新設合併)と編入(編入合併)も参照のこと)。編入合併とも[2]

国際政治においては併合と同じ意味で使われる。国家が、他国領土の全てや一部、事実上独立した地域無主地占領または実効支配して、自国領土に組み込むことを指す。

2014年3月18日、ロシア連邦クリミア半島に位置するクリミア自治共和国およびセヴァストポリ特別市を自国の領土に編入したと宣言した。ただし、国際連合をはじめ広く国際的な承認は得られていない。クリミア併合とも表現される[3][4]。詳細は「ロシアによるクリミアの併合」を参照のこと。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目




「編入」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「編入」の関連用語

編入のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



編入のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの編入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS