大航海時代II ゲーム内容

大航海時代II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/12 00:29 UTC 版)

ゲーム内容

システム

基本的には前作のゲームシステムを踏襲しているが、ゲームスタート時にそれぞれ異なる最終目的を持つ6人の主人公から1人を選択するマルチシナリオ方式が採用されている。それに伴い従来から存在したポルトガル、イスパニア、オスマン・トルコの3カ国にイギリス、オランダ、それにイタリアの3カ国が追加されている。ストーリーの進行に伴い、他シナリオの登場人物が現れる演出がある。

自由度は高く、どのような方法で最終目的に近づくかはプレイヤーの自由に任されている。イスラム商人の例で言えば、資金を貯めるためには交易がオーソドックスな方法だが、海賊となって敵艦隊の財宝を奪っても目的を達成する結果は同じ。[1]

数値の設定や、貿易の工夫などはそのまま受け継がれているが前作よりストーリーが強調され進行はRPGにかなり近くなっている。[2]

「冒険名声」の追加に伴って「世界地図の完成」や「発見物の探索・報告」等という前作にはないシステムも追加されているがPS、SS版では人種差別に対する配慮からか発見物の一部が別の発見物に差し替えられている(主に、先住民に関するものだが、日本の場合なぜかなまはげ河童に差し替えられている)。また半角のひらがな、カタカナが廃止された為に文字数が多いアイテムや船名は少なく変更されている(ベネツィアン・ガレアス→ガレアスなど)。

ストーリーの展開上シナリオを進めないと日本や中国にある港が発見できないキャラクターが存在する(それ以外のキャラクターは普通に寄航できる)。ゲームの開始年は前作(1502年開始)の20年後、1522年となっている。

名声

前作は単に「名声値」であったが、本作では以下の3種類の名声値に分かれている。主人公によってイベントの発生に必要な名声値の種類は異なる。

冒険名声
ジョアン・ピエトロ・エルネストはこの名声を上げることでイベントが発生する。イベントにより上がる場合以外は、以下の方法で上がる。
  • 地図工房と契約し、世界地図上にある未知(黒塗り)の部分を埋めて地図工房に報告する
  • 港や集落を発見する
  • 集落で珍しい物(遺跡・動物・自然現象など)を発見し、コレクターに報告する(勅命で国王・総督に報告した場合は冒険名声は上がらない)[注釈 3]
  • ギルドで借金取り立ての依頼をこなす(SFC版以降)
海賊名声
カタリーナ・オットーはこの名声を上げることでイベントが発生する[注釈 4]
  • 海上で海賊船または他国船に交戦を挑み、勝利する
  • ギルドで海賊退治または借金取り立ての依頼をこなす
交易名声
アルはこの名声を上げることでイベントが発生する。「同盟港を増やす」勅命の達成は困難な場合が多い[注釈 5]
  • 他国の同盟港、もしくは中立港に投資して自国の同盟港とする。他国の同盟港を奪った場合その国の恨みを買うことになるので、各国への貢献度を考慮しつつ計画的に投資する必要がある[注釈 6]
  • ギルドで商品の輸送・購入の仕事をこなす

国籍を持つ主人公の場合は、上記3つの名声のうち最も高い名声が一定値以上になると国王や総督から勅命が与えられ、勅命の内容を達成した場合には爵位[注釈 7]が与えられる。爵位は9段階あり、上級の爵位であるほど後述の値引き交渉の際に値引き率が大きくなる。また、銀行からより多く資金を借りることができ、国王(総督)から貰える援助額が増える(もしくは下賜される船のグレードが上がる)。それ以外にも免税証の交付に必要な金額が下がったり[注釈 8]と色々な側面で有利である。

要素

交易
前作と同様、ある都市で買い付けた商品を別の都市へ輸送し、その都市で別の商品を仕入れて元の都市で売却しながら収益を上げて行くのが序盤の基本である。免税証を持っていれば自国の同盟港での交易には税金がかからない[注釈 9]。主人公が会計または交渉技能を持っているか、会計技能を持っている航海士を主計長に任命していると商品購入の際に値引き交渉が可能になる。
爵位は高ければ高いほど値引きに有利であり、最高位の爵位を有している場合は実に5割引きに近い値引きを相手に強いる事ができる。
造船
破損した船の修理、中古船の売買、船首像や大砲の取り付け、船の新造を行う。投資を繰り返して商業・工業レベルが最大値になると掘り出し物の船首像(天使・女神)、大砲(キャロネード砲)の購入が可能となり、一部の町の造船所では特殊な船(鉄甲船バーグフリゲートシップ)の建造も可能となる。前作と一番異なるのは「港が所属する文化エリアによって建造できる船の種類が違う」という「文化エリア」システムの導入で[注釈 10]、イスラム圏であればジーベックなど、中国圏であればジャンク、日本であれば安宅船、というようにそれぞれの文化圏で建造できる船が違う。扱う中古船もそれに準じたものになっている。
投資
港にある交易所や造船所に投資を行うと、月初めにその都市の商業・工業価値が上がり新しい商品が登場したりより大型の船が建造可能になったりする。また、自国への支持率が上がり、支持率が75%以上になるとその港は自国の同盟港となる。ただし、各国の首都(リスボンセビリアロンドンアムステルダムジェノヴァイスタンブール)には投資を行うことが出来ない。
海戦
海賊や他の艦隊を襲撃することが出来る。基本はヘクス形式の戦略シミュレーションだが、旗艦同士が隣接すると提督同士の一騎討ちで勝負を付けることが可能(敵旗艦に乗り込んでいる水夫と旗艦に乗っている水夫の人数格差に開きがある場合は不可)。勝利した側は敵船団の船・積荷・財宝を奪うことが出来る。海賊名声が一定値以上であり、かつ冒険・交易名声よりも高い場合、自国の国王・総督から「私掠許可書」の交付を受けられるようになり、これを持って敵国の艦隊を襲うと自国に対する貢献度が上昇する。また、自国の艦隊を襲うと貢献度が下がっていき、やがて爵位、続いて国籍までも剥奪されて国籍欄が海賊になる。
探索
航海中、沿岸で集落を発見する場合がある。集落に上陸して住民との友好度を上げ、周辺を探索すると財宝や遺跡・珍しい動物などを発見する場合がある。発見物をコレクターに報告すると冒険家の名声が上がる。

PC(PC-98・FM-TOWNS・Windows・Mac)版では、宿屋に泊まった際の起床時刻は午前8時で固定されているが、家庭用ハード(SFC・MD・SS・PS)版では1時間単位で指定が可能になっている。これにより、午前2時から1時間だけ営業する道具屋のスペシャルアイテム特売が利用しやすくなっている。

その他

亡命
実はこのゲームでは他の国に亡命する事が可能である(カタリーナの場合国籍を得ることができる)。ただし元の国籍を保持していないとストーリーが進行しないキャラクターの場合は亡命中はストーリーが全く進行しなくなる。逆にピエトロなどのように国籍がストーリーとほぼ無関係なキャラはどの国に所属していても普通にイベントが進行する。
ボルドー投資
商人の船団が、「我々はボルドーへ投資へ向かう」として海上を行き来し続ける一種のバグ現象。こちらの船団が海戦をしかけない限り、ずっと同じ場所を往復し続ける。同じ場所を複数の船団が往復していることもある(稀にボルドー以外の街へ投資へ向かうという現象も発生するが、現象の性質としては同じものである)。
オットーのエンディング
PC-98版(初期型)で、オットーのエンディング画面が出ないバグがある。
聖騎士の鎧無敵技
PC版のみ。コンシューマー版より一騎討ちが簡素なものになっているが、聖騎士の鎧を装備しあるパターンで攻撃・防御すると一方的に相手の攻撃を完全に防げる。
暴風雨
公式ガイドブックなどでも指摘されているが、暴風雨などの事象は基本的に主人公の艦隊にしか起こらない。自艦隊が暴風雨を避けるために上陸している間も他の艦隊は全く何の影響も受けず航海を続けることができる。

注釈

  1. ^ メガドライブでは本作が光栄最後の作品となった。
  2. ^ Windows版(コーエー定番シリーズ版含む)は、公式動作保証がされているのはWindowsMeまでである。
  3. ^ 勅命がこればっかりだった場合、冒険名声を上げるチャンスを失う可能性がある。
  4. ^ ある意味(戦闘に強ければ)一番上げやすい名声。ゲームのシステム上いくら他国や海賊艦隊を撃沈しまくっても「打ち止め」になる事はないので獲物がいなくなる心配もない。
  5. ^ ストーリーの展開上、同盟港を作りまくる必要があるので、もしこの勅命を命じられた場合は遥か遠くの地にわざわざ同盟港になっていない港を探しに行く羽目になってしまう。また同盟港を作れば作るほど(自国の版図を広げれば広げるほど)自国の収益が増加し、その結果自国の商船隊の活動も活発になって勝手に同盟港を作ったりするので勢力を拡大すればするほど達成が難しくなるという悪循環に陥る可能性が高い。まだ同盟港になっていない港の数をカウントしていないらしく、世界中の全港(他国の首都以外)を同盟港にしていても命じられる可能性がある。
  6. ^ 敵対心が高い場合は敵国の戦艦隊に付け狙われるようになる。
  7. ^ ほとんどのキャラの場合士爵~公爵だがアルのみオスマン帝国所属のため爵位の名称が士族(アスケリ)~大宰相(サドラザム)と他のキャラと違う。
  8. ^ 自国の場合、ある程度以上の爵位になると交付を申請しただけで支給されるようになる。
  9. ^ 他国の免税証を保有していれば、それらの国の同盟港でも税金はかからない。しかし交付に必要な金額が自国よりかなり高い。
  10. ^ 前作であれば地球上どこに存在する港であっても建造できる船の種類は同じだった。日本であろうが南アメリカであろうが工業レベルさえ上げればガレオン船が建造できた。
  11. ^ ゲーム内表記はイタリアだが実際はジェノヴァ共和国。この時点ではイタリアはまだ統一されておらず、イタリアという国は存在しない。また、この国とオランダは共和国扱いのため国王がおらず総督がいるが、爵位等の点では他の国と全く同じである。
  12. ^ ゲームを進めないとピエトロは目的地は発見できず、ジョアンの場合そもそも「プレステ・ジョアンの国」というのは実在しない。オットーの場合いくらイスパニアの艦隊を沈めてもシステム上月ごとに復活する(イスパニアに限らずどの国でも起こる現象)。アルの場合各国の首都には投資できないため「世界中の港」を同盟港にすることは不可能で、カタリーナの場合仇討ちは完全な誤解である。
  13. ^ ただし本人が会計技能を持っていても意味が無いため、宝の持ち腐れとなっている。
  14. ^ オットーと同じく相当の老け顔。
  15. ^ 仲間にするには基本的にレベルで相手を上回らなければならないため。

出典

  1. ^ 電撃王. メディアワークス. (1993年3月1日). p. 84 
  2. ^ HIPPON SUPER! 第9巻. 株式会社宝島社. (1994年7月3日). p. 55 
  3. ^ 前田尋之「Chapter 2 スーパーファミコンソフトオールカタログ 1994年」 『G-MOOK176 スーパーファミコンパーフェクトカタログ』ジーウォーク、2019年9月28日、112頁。ISBN 9784862979131 
  4. ^ 前田尋之「Chapter 2 メガドライブソフトオールカタログ 1994年」 『G-MOOK145 メガドライブパーフェクトカタログ』ジーウォーク、2018年6月29日、153頁。ISBN 9784862977779 
  5. ^ コーエー「25周年記念パック Vol.7」発表:大航海時代IIなど” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2004年1月30日). 2020年6月28日閲覧。
  6. ^ 武将風雲録も! コーエー25周年記念パック第7弾!” (日本語). SOFTBANK GAMES NEWS INDEX. ITmedia (2004年2月3日). 2020年6月28日閲覧。
  7. ^ 石田賀津男 (2004年2月3日). “コーエー、PC-9801版「武将風雲録」などをWindowsに移植「コーエー25周年記念パック Vol.7」を2月20日発売” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年6月28日閲覧。
  8. ^ 『コーエー25周年パックVol.7』は、『大航海時代II』などを3タイトルの名作を収録!” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2004年2月3日). 2020年6月28日閲覧。
  9. ^ 【リリース】iアプリ「大航海時代2」,EZweb版「蒼き狼と白き牝鹿」配信” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2007年6月1日). 2020年7月19日閲覧。
  10. ^ GAMECITY [コーエーカタログ]” (日本語). コーエーテクモゲームスエンターテインメントサイト. コーエーテクモゲームス. 2020年7月19日閲覧。
  11. ^ 滝沢修 (2007年10月24日). “コーエー、Yahoo! ケータイ「Mobile 水滸伝」とEZweb「Mobile 大航海時代2」を配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年7月19日閲覧。
  12. ^ 松本隆一 (2007年10月24日). “コーエー,「水滸伝」と「大航海時代2」を新キャリアで配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2020年7月19日閲覧。
  13. ^ 「バーチャルコンソール」3月17日配信作品” (日本語). iNSIDE. イード (2009年3月16日). 2020年7月19日閲覧。
  14. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2013年10月23日). “Wii Uバーチャルコンソール10月30日配信タイトル ― 『大航海時代II』『テニス』の2本” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年7月19日閲覧。
  15. ^ “シブサワ・コウ アーカイブス”第9弾『信長の野望・嵐世記 with パワーアップキット』など3タイトルがSteamで配信開始” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA (2017年10月18日). 2020年7月19日閲覧。
  16. ^ 鼬 (2017年10月18日). “「シブサワ・コウ アーカイブス」第9弾,「信長の野望・嵐世記WPK」「三國志IXWPK」「大航海時代II」がSteamで配信開始” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2020年7月19日閲覧。
  17. ^ a b 大航海時代II まとめ [スーパーファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年7月19日閲覧。
  18. ^ a b 大航海時代II まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年7月19日閲覧。
  19. ^ a b 大航海時代II まとめ [セガサターン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年7月19日閲覧。
  20. ^ New Horizons for SNES (1994)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年7月19日閲覧。
  21. ^ a b New Horizons for Wii (2009)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年7月19日閲覧。
  22. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 312頁、 ASIN B00J16900U
  23. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 858頁、 ASIN B00J16900U
  24. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 746頁、 ASIN B00J16900U
  25. ^ New Horizons for Genesis (1994)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年7月19日閲覧。
  26. ^ a b New Horizons for DOS (1995)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年7月19日閲覧。






固有名詞の分類

プレイステーション用ソフト 桃太郎伝説  重装機兵ヴァルケン  大航海時代II  ぷよぷよSUN  機動警察パトレイバー
Windows用ゲームソフト KUMA WAR  ザ・シムズ2  大航海時代II  ななこSOS  ぷよぷよSUN
スーパーファミコン用ソフト 重装機兵ヴァルケン  大貝獣物語II  大航海時代II  機動警察パトレイバー  ドラゴンボールZ 超武闘伝3
携帯電話アプリゲーム ガッタンゴットン  ファイナルファンタジー  大航海時代II  ぷよぷよSUN  パロディウス
セガサターン用ソフト 水滸伝・天導一〇八星  バーチャコップ  大航海時代II  ぷよぷよSUN  龍龍
メガドライブ用ソフト 信長の野望・全国版  TATSUJIN  大航海時代II  機動警察パトレイバー  パルスマン
PC-9800シリーズ用ゲームソフト 信長の野望・全国版  ロードランナー  大航海時代II  機動警察パトレイバー  レリクス
Macintosh用ゲームソフト 水滸伝・天導一〇八星  ザ・シムズ2  大航海時代II  ウイニングポスト5  スター・ウォーズ ギャラクティック・バトルグラウンド
FM TOWNS用ゲームソフト アルシャーク  リブルラブル  大航海時代II  サークIII  イメージファイト
大航海時代シリーズ 大航海時代IV PORTO ESTADO  大航海時代外伝  大航海時代Online  大航海時代II  大航海時代III Costa del Sol

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大航海時代II」の関連用語

大航海時代IIのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大航海時代IIのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大航海時代II (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS