S-76とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > S-76の意味・解説 

【S-76】(えすななじゅうろく)

Sikorsky S-76
シコルスキー社民間向け軽量双発ヘリコプター
1975年開発計画公表され、1976年試作が始まったためS-76の番号与えられた。
防振機構複合材製の胴体前輪式引き込みランディングギアなどを備えており、ベル222対抗馬としての意味合いが強いと考えられる

初飛行ベル222から半年遅れた1977年3月となったが、本機キャビンが広いうえ、高度な計器飛行能力チタニウム製のローターヘッドなど、UH-60譲り技術を採り入れており信頼性が高く、高級中型ヘリコプター市場好評を博した。
民間向けということもあり、武骨な軍用ヘリコプターの多いシコルスキー社製品の中では、細く流麗な機体である。
本機よりもやや大きめキャビンを持つS-70が非常に高価であるため、民間市場ではシコルスキーを代表する機種となっている。
ビジネス用途の他、警察消防救難などではS-70導入したいが予算都合代わりにS-76を購入するケース多く、高級機でありながら貧者ブラックホーク」と揶揄されることもある。

逆に本機ベースとした軍用型のH-76「イーグル」も提唱されたが、こちらは実現ていない

IMG_7677.jpg
Photo:MASDF

S-76B

スペックデータ

派生型

関連S-92


ニフルム酸2,4‐ジクロロアニリド

分子式C19H12Cl2F3N3O
その他の名称:ニフルム酸2,4-ジクロロアニリド、S-76、Niflumic acid 2,4-dichloroanilide、2-[(3-Trifluoromethylphenyl)amino]-N-(2,4-dichlorophenyl)-3-pyridinecarboxamide
体系名:2-[(3-トリフルオロメチルフェニル)アミノ]-N-(2,4-ジクロロフェニル)-3-ピリジンカルボアミド


2-[[(ジフェニルアミノ)カルボニル]オキシ]-N,N,N-トリエチルエタンアミニウム・ヨージド

分子式I C21H29N2O2
その他の名称:S-76
体系名:2-[[(ジフェニルアミノ)カルボニル]オキシ]-N,N,N-トリエチルエタンアミニウム・ヨージド


シコルスキー S-76

(S-76 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 15:34 UTC 版)

新潟県消防防災航空隊のS-76B


  1. ^ Sikorsky Archives | S-762018年11月29日閲覧。


「シコルスキー S-76」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

S-76のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



S-76のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシコルスキー S-76 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS