Oxalisとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Oxalisの意味・解説 

オキザリス [3]オランダ oxalis】

カタバミ科カタバミ属のうち,特に観賞用に栽培されるハナカタバミ・シボリカタバミなどの輸入種をいう。ハート形の三小葉からなる根生し,長い柄がある。花は径1.5センチメートル 内外の五弁花で,赤色黄色白色など。

オキザリス (酢漿草)

Oxalis sp.

Oxalis sp.

Oxalis sp.

●「オキザリス」とは、園芸上でカタバミ属なかでも球根のある品種群のことをいいます。原産地としては南アフリカ中央・南アメリカなどですが、園芸品種多く作出されています。開花時期品種によってさまざまで、一年中見ることができます
カタバミ科カタバミ属多年草で、学名Oxalis sp.。英名は Oxalis。

はなかたばみ (花酢漿草)

Oxalis bowiei

Oxalis bowiei

南アフリカケープ地方原産です。耐寒性強く暖地では露地越冬できますポピュラーな「オキザリス」の品種です。9月から11月ごろ、降りるまで鮮やかなピンク色中心黄色の花をいっぱいに咲かせます。日当たりがよい場所を好み日照不足では花は開きません。別名で「オキザリス・ボーウィ」とも呼ばれます。
カタバミ科カタバミ属多年草で、学名Oxalis bowiei。英名は Oxalis。
カタバミのほかの用語一覧
カタバミ:  絞り酢漿草  芋酢漿草  芙蓉酢漿草  花酢漿草  薄赤酢漿草  赤酢漿草  酢漿草

カタバミ属

(Oxalis から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/17 22:09 UTC 版)

カタバミ属(カタバミぞく、学名: Oxalis)はカタバミ科に含まれる植物の一群である。の美しいものは園芸用に栽培され、多くは学名カナ読みでオキザリスと呼ばれる。


[ヘルプ]
  1. ^ 大場秀章 編著 『植物分類表』 アボック社、2010年4月、初版第2刷、pp. xx-xxiv, 129-130。ISBN 978-4-900358-61-4


「カタバミ属」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Oxalis」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||


6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

Oxalisのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Oxalisのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカタバミ属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS