赤酢漿草とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 赤酢漿草の意味・解説 

あかかたばみ (赤酢漿草)

Oxalis corniculata f. rubrifolia

Oxalis corniculata f. rubrifolia

Oxalis corniculata f. rubrifolia

わが国各地をはじめ、世界温帯から熱帯地域広く分布する「カタバミ」の一品種です。乾燥した砂礫などに生え、高さは10センチほどになります地面を這って広がり3出複葉で、3個の小葉ハート形です。は「カタバミ」よりも小さく、暗い赤紫色をしています。5月から10月ごろ、赤みを帯びた黄色い花を咲かせます。
カタバミ科カタバミ属多年草で、学名Oxalis corniculata f.rubrifolia。英名は Yellow sorrel, Creeping woodsorrel
カタバミのほかの用語一覧
カタバミ:  芙蓉酢漿草  花酢漿草  薄赤酢漿草  赤酢漿草  酢漿草
ゴレンシ:  ビリンビ  五斂子



赤酢漿草と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

赤酢漿草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤酢漿草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS