深野和紙とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 全国和紙産地 > 深野和紙の意味・解説 

深野和紙(ふかのわし)

所在地 三重県飯南郡飯南町  
【主製品】 障子紙
深野和紙

安土桃山時代後期慶長4年(1599)、深野郷士であった野呂市兵衛俊光は深野紙漉きの里に適していることを知り、美濃の里より2名の紙漉き職人招き作間稼ぎとして紙漉き導入されました。

元禄の頃紙漉きが盛んであったとの文献があり、文政6年(1823)、俊光より七代の後裔大庄屋職にあった野呂市兵衛俊興が、紀州藩藩札用紙製造許可願い出銀札御用紙となり、脚光を浴びました。

製品は近在松阪商人の手江戸もとより京大坂までも商われたために、名声得て販路拡大し、深野250戸の内実に200戸が紙漉き渡世をしていたという記録あります
特に紀州藩銀札は、伊勢飛地松坂銀札と呼ばれたもので、明治初期藩札廃止伴なう新円交換の際、多く藩札胴元破産追い込まれ紙きれ同然になっていった中で、松坂銀札はその胴元現在の三井グループ前身である三井家や、長谷川家、小津家を筆頭とする御為替組であったために、新円切替の際一両1円等価換金され、松坂銀札一躍有名となりました。
その用紙採用されていた深野和紙も高品質を買われ、明治4年(1871)、通信省が日本最初郵便切手発行した際にも、紙問屋小津清左衛門とおして切手用紙として採用されました。
国策として原料三椏栽培していた跡には今も名残点在しています。

明治年間18681912)まで最盛期だった深野和紙も、昭和30年代初期には生活の洋風化と機械和紙に押されて激減し、ついに昭和44年最後の2軒も廃業追い込まれ、漉き屋は1戸もなくなりました。

昭和62年深野和紙保存会結成され、町のわずかな補助金をもとに、伝統産業であった手漉き和紙保存細々ながら行われてきましたが、近年学校教育でかつて深野大産業であった深野和紙を郷土学習取り上げられて町内小学校3校及び中学校高校毎年体験学習を行っているのと、町内外の各団体及び一般方々にも、郷土産業であった深野和紙の歴史紙漉き体験を、会員15名で対応しています。

深野和紙

深野和紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/14 02:17 UTC 版)

深野和紙(ふかのわし)は、三重県松阪市飯南地区で生産される和紙深野紙(ふかのがみ)とも呼ばれる[1]三重県指定伝統工芸品


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 伊藤あや (2011年2月4日). “あやのみえ旅!! 2011/02/04(金)放送”. あやのみえ旅. 三重エフエム放送. 2016年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月6日閲覧。
  2. ^ 和紙 - 日本の手漉和紙技術 -”. 日本伝統文化振興機構 (2014年11月4日). 2016年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月6日閲覧。
  3. ^ 松阪市飯南和紙和牛センターの観光スポット情報”. 観光三重. 三重県観光連盟. 2016年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月6日閲覧。
  4. ^ 松阪市飯南和紙和牛センターのご案内”. 松阪市 (2012年2月16日). 2016年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月6日閲覧。


「深野和紙」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「深野和紙」の関連用語

深野和紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山舟生和紙

周桑和紙

門出和紙

吉野和紙

ちくさ雁皮紙

小原和紙

深野和紙

越中和紙





深野和紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2018 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの深野和紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS