インターフェロン-γとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > インターフェロン-γの意味・解説 

インターフェロンγ

Interferon-gamma

【概要】 インターフェロンの中では抗ウイルス作用弱く抗腫瘍作用免疫増強作用が強い。ハンセン病に効果が認められた。 

【詳しく】 イムノマックス-γ(塩野義)の適応症は、1)腎癌、2)慢性肉芽腫症に伴う重症感染頻度重症度軽減である。腫瘍細胞直接作用して細胞増殖抑制作用示し、更にヒト末梢血リンパ球作用してナチュラルキラー(NK)活性抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性増強抗腫瘍効果を示すという。ビオガンマ(サントリー-マルホ)は、菌状息肉症適応がある。

《参照》 免疫調整剤マクロファージ





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インターフェロン-γ」の関連用語

インターフェロン-γのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インターフェロン-γのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2018, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center

©2018 Weblio RSS