3B体操とは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > 3B体操の意味・解説 

3B体操

沿革と概要

3B体操は、一人女性自分心身の健康を取り戻そうと考え悩み苦しだ体験のなかから生まれ健康体操です。名前の由来は、補助具として使用する手具ボールBallベルBell、ベルター=Belter:輪をつないでベルト状にしたもの)の頭文字がすべてBであるため、3つのBを使う体操=「3B体操」と名づけられました。女性の名前は大迫テル子、3B体操が産声上げたのは1971年昭和46年)のことです。場所は福岡でした。

当初は、福岡団地集会所主婦サークル活動として始まりましたが、「ユニークで楽しい体操」と新聞雑誌テレビにも紹介され、愛好者サークルが増え、1973年に「3B体操友の会」を設立翌年福岡市中央区に「3B体操協会」が設立されると同時に指導者資格制度設けその後福岡から転勤族指導者大阪東京名古屋へと3B体操を伝え、さらに全国へと広がっていきました。

現在の指導者は、北海道から沖縄まで約2000名、公民館コミュニティセンター地域体育館開催している教室約5500カ所。自治体学校病院福祉施設などでの講座講習会は、その数約2500にのぼります(2003年1月1日現在)。

毎年開催される文部科学省主催のスポーツレクリエーション祭でのフリー参加15003000人)や、財団法人日本レクリエーション協会主催全国レクリエーション大会で3B体操全国交流大会開催。そこでも毎年1500~3500人の参加者が3B体操を実践しています。
また、厚生労働省提唱する「健康日本21」にも積極的にかかわり推進一翼を担っています。


3つの手具の効果と運動プログラム

3B体操は、赤ちゃんから高齢者障害のある方までを対象に、幅広い世代方々に楽しんでいただける体操です。音楽あわせて楽しくリズミカルにからだを動かし、3つの手具を使うことで、より効果的運動を行うことができます

ボール効果
まるみ、はずみ、ころがりを利用して脊椎刺激与え内臓強化します。

ベル効果
空間クッション利用して軽やかな呼吸運動筋肉運動行ない 、その軽さ利用して全身運動誘導します。

●ベルターの効果
筋肉柔軟性合わせ、ベルターの適度な伸び縮み利用し、関節可動域をひろげ、 全身を整えます。

運動プログラムとしては、次のものを用意しています。
1. 若さ維持するためのストレッチ伸展運動
2. 生活習慣病予防するために、とくに大切な全身持久力高め運動
3. 基礎体力維持するための筋力運動
4. 心身リラックスさせる遊び運動

また、誰でも踊れダンスや、運動嫌いの人にも楽しく続けられるようレクリエーション要素多く取り入れ、「心とからだを動かす」ことに工夫をこらしています。



3B体操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/19 07:26 UTC 版)

3B体操(さんビーたいそう)とは、公益社団法人日本3B体操協会が行う、ボール、ベル、ベルターを使用する健康体操のことである。ボール、ベル、ベルターの三つのBから3B体操となっている。1971年に誕生、1972年に命名。


  1. ^ 指導者制度”. 社団法人日本3B体操協会. 2011年12月25日閲覧。


「3B体操」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「3B体操」の関連用語

3B体操のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

釣り

タスポニー

ドラゴンボート

トランポビクス

ライフセービング

クロッケー

アームレスリング

アメリカンフットボール





3B体操のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの3B体操 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS