文化相対主義とは?

文化相対主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/07 13:59 UTC 版)

文化相対主義(ぶんかそうたいしゅぎ、Cultural relativism)とは、全ての文化は優劣で比べるものではなく対等であるとし、ある社会の文化の洗練さはその外部の社会の尺度によって測ることはできないという倫理的な態度と、自文化の枠組みを相対化した上で、異文化の枠組みをその文化的事象が執り行われる相手側の価値観を理解し、その文化、社会のありのままの姿をよりよく理解しようとする方法論的態度からなる。フランツ・ボアズによって提唱された。ただしボアズ自身はこの用語を用いていない。初出は: American Anthropologist誌のジュリアン・スチュワート[1]


  1. ^ Steward, Julian (1948). “Comments on the Statement of Human Rights”. American Anthropologist 50 (2): 351-352. 
  2. ^ a b 浜本満. “差異のとらえかた”. 20090910閲覧。
  3. ^ ボアズがキール大学などでカント派の講義や指導をうけていたからである
  4. ^ Herder, Johann Gottfried, Ideen zur Philosophie der Geschichte der Menschheit, hrsg.v. Martin Bollacher, pp. 287. 
    訳文は相対主義のなかの「文化」とその創造から引用した
  5. ^ 太田(2003, 2009)によれば、ボアズユダヤ人性は学問において重要でない
  6. ^ Boaz,F. (1938) [1911]. The mind of Primitiv Man. New York: Macmillian Co. 
  7. ^ Boas,F (1974). G.Stocking. ed. A Franz Boas Reader. Chicago: University of Chicago Press. 
  8. ^ Benedict,R (1989) [1934], Patterns of Culture, New York: Houghton and Mifflin 
  9. ^ クリフォード ギアツ 『解釈人類学と反=反相対主義』 小泉潤二訳、みすず書房、2002年
  10. ^ Roger Lloret Blackburn, Cultural Relativism in the Universal Periodic Review of the Human Rights Council, ICIP Working Papers 2011/3, Institut Català Internacional per la Pau, Barcelona, September 2011


「文化相対主義」の続きの解説一覧





文化相対主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「文化相対主義」の関連用語

文化相対主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

白浜海水浴場

ジョン・ワーノック

グライダー

唐破風鳥居

アカタン砂防八号堰堤

とうもろこし

あさなぎ丸

路面性状調査システム





文化相対主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文化相対主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS