室戸岬灯台とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 灯台 > 日本の灯台 > 室戸岬灯台の意味・解説 

室戸岬灯台

image
所在地
高知県室戸市
点灯年月日
明治32年4月1日
塗色
白色
構造:
円形
光り方:

単閃白光
毎10秒に1閃光
光りの強さ
1,600,000cd
光りが届く距離:
30.5海里
構造物の高さ:
15.4 m
海面から光りまでの高さ:
154.7m
レンズ:

第1等レンズ
水銀回転機
電源:
商用電源

灯塔造であり,工事期間はおよそ1年半であった。

資材全て帆船で岬の先端まで運び灯台下の月見ヶ浜に陸上げし,海岸から山頂までレール敷設し,蒸気釜を設け蒸気の力によって運び上げた。

灯台建設当時当該場所に天狗という参勤交代の際に,殿様が甲ノ浦を出発して,室戸入港するのを確認するため利用していたといわれた巨大があったが,工事のため伐採されたという。

image

image


室戸岬灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/12 18:12 UTC 版)

室戸岬灯台(むろとざきとうだい)は、高知県室戸市室戸岬町室戸岬付近の高台に立つ白亜の鉄造灯台。周辺は、室戸阿南海岸国定公園に指定され、太平洋を望む風光明媚の地。光達距離26.5海里(約49km)は日本一。また、日本に5箇所[2]しかない直径2.6メートルの第一等フレネル式レンズを備えた第1等灯台でもある。更には、日本の灯台50選の一つ、その歴史的価値から海上保安庁によってAランクの保存灯台にも指定されている。




  1. ^ 高知海上保安部
  2. ^ レンズの等級 敦賀海上保安部 灯台豆知識 2013年10月閲覧
  3. ^ 海上保安庁が実施する情報提供業務の一部終了について(PDF) - 海上保安庁交通部 (2016年5月) ※茨城県水産試験場漁業無線局ホームページでの掲載(2016年7月12日閲覧) 


「室戸岬灯台」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「室戸岬灯台」の関連用語

室戸岬灯台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

姫埼灯台

鍋島灯台

菅島灯台

犬吠埼灯台

出雲日御碕灯台

友ヶ島灯台

友ヶ島灯台

御前埼灯台





室戸岬灯台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人燈光会社団法人燈光会
Copyright (C) 2016 社団法人燈光会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの室戸岬灯台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS