万延小判とは?

万延小判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/17 09:50 UTC 版)

万延小判(まんえんこばん)とは万延元年4月9日1860年5月29日)から鋳造が始まり翌4月10日5月30日)より通用開始された一としての額面を持つ小判である。新小判(しんこばん)あるいは雛小判(ひなこばん)とも呼ばれる。また万延小判および万延一分判を総称して万延金(まんえんきん)と呼ぶ。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 瀧澤武雄,西脇康『日本史小百科「貨幣」』東京堂出版、1999年
  2. ^ 佐藤雅美『大君の通貨 幕末「円ドル」戦争』文藝春秋、2000年
  3. ^ a b c 三上隆三『江戸の貨幣物語』東洋経済新報社、1996年
  4. ^ a b 滝沢武雄『日本の貨幣の歴史』吉川弘文館、1996年
  5. ^ a b 小葉田淳『日本の貨幣』至文堂、1958年
  6. ^ 『図録 日本の貨幣・第4巻』東洋経済新報社、1973年
  7. ^ 甲賀宜政『古金銀調査明細録』1930年


「万延小判」の続きの解説一覧





万延小判と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「万延小判」の関連用語

1
18% |||||

2
16% |||||

3
16% |||||

4
14% |||||

5
14% |||||

6
14% |||||

7
12% |||||

8
12% |||||

9
12% |||||

10
12% |||||

万延小判のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鏡開き

チシマザサ

ドブロブニク

力水

土の分類

マダイ

送り槓

壱岐対馬国定公園





万延小判のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの万延小判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS