パレートの法則とは?

パレートの法則


パレートの法則

読み方パレートのほうそく
【英】Pareto principle

パレートの法則とは、物事構成する要素全体占め割合に偏りがあり、複数要素のうち一部だけで全量大部分割合占められている、という見方のことである。経済学者パレートVilfredo Pareto)が提唱した。元々は、経済学分野における富の偏在指したものだったが、今日ではさまざまな分野場面敷衍されている。

パレート示した富の偏在とは、上位2割の富裕層社会全体の富の8割を有している、逆に言えば富裕層でない8割の低所得層は社会全体の富の2割しか占めていないというものである。この比率因み、パレートの法則は「80–20の法則」と呼ばれることも多い。

今日ではパレートの法則は「構成要素割合不均衡」を広く指す語として用いられており、自然科学ビジネスなど多く分野で参照されている。特にビジネス分野では経営理論品質管理マーケティングロングテール)などにおいて優先度決定するための重要な観点として参照されている。

企業活動のほかの用語一覧
品質管理:  DFD  ERD  パレート図  パレートの法則  管理図  ネガティブフィードバック  二次データ

パレートの法則

読み方パレートノホウソク
【英】:Pareto's law

パレートの法則とは、経済的要素例え売上不良品所得配分などにおいて、少な要素要因大きな部分占めるという経験則のこと。イタリア経済学者V.パレートが、19世紀末に統計的分析基づいて発表したもので、この名が付いている。
実際にパレート発表したのは、個人所得金額とその金額得ている人数の間にべき乗関係式成り立つということだけであったが、本来の法則マーケティング品質管理などの分野幅広く解釈適用され、現在では、80対20の法則、2:8の法則などとも呼ばれている。「売上80%は、全商品のトップ20%が生み出す」「売上80%は、全顧客トップ20%が生み出す」「故障80%は、全商品の20%から発生する」などである。
■ 関連技術

パレートの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/30 17:45 UTC 版)

パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。




「パレートの法則」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

パレートの法則に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パレートの法則」の関連用語

パレートの法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iCloud

パソリンク

Microsoft Office 2013

EQUIUM

デザインQR

Amiga

Kindle Fire HDX

アナログRGB端子





パレートの法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリパレートの法則の記事を利用しております。
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2016 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパレートの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS