20対80の法則とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 20対80の法則の意味・解説 

パレートの法則

(20対80の法則 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 09:51 UTC 版)

パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているとした。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ パレートの方法論は、統計学者のロドルフォ・ベニーニ英語版に継承された。ベニーニは1887年のイタリア主要23都市の所得統計を分析し、パレートと同様の結論を得た[2]
  2. ^ ジニはパレート指数の問題を解決するためにジニ指数を考案したが、ジニ係数とは異なる[5]
  3. ^ ただしジニ係数についても、格差の表示を単純化しすぎるために実態がつかみにくくなるという指摘がある[7]

出典

  1. ^ 木村 2006, pp. 105-106, 119-120.
  2. ^ 木村 2006, pp. 106-107.
  3. ^ a b 木村 2006, p. 119.
  4. ^ a b ピケティ 2014, pp. 382-383.
  5. ^ 木村 2006, p. 109.
  6. ^ a b 木村 2006, pp. 108-110.
  7. ^ a b ピケティ 2014, p. 382.
  8. ^ 加藤, 岩渕編 2013, pp. 83-85.


「パレートの法則」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「20対80の法則」の関連用語

20対80の法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



20対80の法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパレートの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS