商品戦略とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 商品戦略の意味・解説 

製品(商品)戦略


商品戦略

英語 product planning strategy

商品(クルマ)を市場カスタマー期待適合させ、競合状況勝ち抜き業績上げるためにメーカー側が商品付与する特性商品コンセプトなどの戦略意図のこと。いわゆる小型車から中・大型車まで複数商品ラインナップで、それぞれの守備範囲分担させるべく狙い意図込めることをいう。同一クラス競合車のもつ特性から意図的狙いをずらす場合や、またセダンワゴンミニバンなど各形態いわゆる定番クラス商品からまったく狙いを外した、いわゆるニッチ商品導入することも商品戦略のひとつといえる。商品戦略のためには、ある商品特性と、その商品狙いとするユーザー層や価格帯が、市場全体のなかでどのような位置づけにあるかが重要となる。商品特徴をより明確にしていくと、自ずとその商品対象ユーザー市場限定されることになり、その限定されたエリアのなかで市場カスタマー期待精度高めることになる。ニューモデル市場投入する際には、その商品がもっとも多く受け入れてもらえるポジショニングを十分に吟味し、そのエリアにいるカスタマー期待に十分応えられるようにすることが、商品戦略の成否鍵を握ることにもなる。

参照 ポジショニングニッチモデル
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「商品戦略」の関連用語

商品戦略のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



商品戦略のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2021 Weblio RSS