インターチェンジとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > インターチェンジの意味・解説 

インターチェンジ [5] 【interchange】

複数道路相互に連絡するための連結路(ランプ)を備え立体交差部分走行する自動車交錯ないよう設計される。 IC 。 〔高速道路どうしの場合ジャンクションともいう〕
交換すること。入れ替わること。

IC

〖interchange〗
インターチェンジ

インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/04 11:57 UTC 版)

インターチェンジ: interchange)とは、複数の道路が交差する、又は近接する箇所において、その道路の相互を連結するランプを設けて、これらの道路を立体的に接続する構造の施設である。本線道路へ接続される流入口の道路(ランプ)は一方通行で、そこで車は十分加速して本線の交通の流れにスムーズに合流できるような構造となっている[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ トランペット型構造を持ち合わせた、変則タイプのタービン型ジャンクション。
  2. ^ 北関東自動車道:岩瀬IC→桜川筑西ICなど。
  3. ^ 首都圏中央連絡自動車道:桶川JCT→桶川北本ICなど。
  4. ^ 東名高速道路:横浜青葉ICの新規開設に伴い、既設の横浜ICが横浜町田ICへ変更など。
  5. ^ 逆に上野原IC(9)や小牧東IC(32)など追加インターのなかでハイフンを用いない例もある

出典

  1. ^ a b c d 浅井建爾 2001, pp. 66-67.
  2. ^ a b c 浅井建爾 2001, p. 73.
  3. ^ a b 第5章 立体交差 (PDF) - 「道路構造令の解説と運用」平成15年度 地区講習会資料(日本道路協会)
  4. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p522
  5. ^ a b c 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p523
  6. ^ a b c 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p519
  7. ^ 椎田道路 大規模改築事業の概要 別紙 (PDF) , p2, 2015年6月19日閲覧
  8. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p514
  9. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p515
  10. ^ 供用後にサガンクロス橋を追加した亜種となっている。
  11. ^ 東京湾アクアライン連絡道袖ヶ浦インターチェンジではない。なお、ランプ上に京葉臨海鉄道臨海本線の踏切が存在する。
  12. ^ 社団法人日本道路協会,「道路構造令の解説と運用」, 平成16年2月, p524
  13. ^ 武部健一 2015, pp. 196-197.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「インターチェンジ」の用例一覧


インターチェンジに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インターチェンジ」の関連用語

インターチェンジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

烏の胡麻

スポーツチャンバラ

エダウミウシ

S-1097

ササウシノシタ

ウイルシャー

アクセル

66系





インターチェンジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターチェンジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS