道央自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 道央自動車道の意味・解説 

道央自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/19 03:41 UTC 版)

道央自動車道(どうおうじどうしゃどう、HOKKAIDO EXPRESSWAY)は、北海道茅部郡森町大沼公園ICから、札幌市経由して士別市士別剣淵ICに至る高速道路である。略称は道央道(どうおうどう、HOKKAIDO EXPWY)。国土開発幹線自動車道及び高速自動車国道である北海道縦貫自動車道の一部である。




[ヘルプ]
  1. ^ a b サービスエリア等の施設を整備するために取得した用地並びに用途を廃止した高速道路本線及びサービスエリア等の施設の用地のうち、施設の具体的な整備予定がなく、有効利用もされていないものについて把握し、これらの用地について今後も保有し続ける必要性を検証するとともに有効利用することについて検討する体制を道路会社との間で整備するよう改善の処置を要求したもの - 会計検査院
  2. ^ 北海道縦貫自動車道(落部IC~八雲IC)の早期供用 (PDF)
  3. ^ 第2回国土開発幹線自動車道建設会議 参考資料2 (PDF)”. 国土交通省道路局 (2006年2月7日). 2014年6月13日閲覧。
  4. ^ (仮称)砂川SAスマートインターチェンジ整備事業本格スタート - 砂川市
  5. ^ 高速道路利便施設の連結に関する情報提供(東日本高速道路株式会社管理分) (PDF)”. 日本高速道路保有・債務返済機構 (2013年12月24日). 2014年6月13日閲覧。
  6. ^ 旭川開発建設部道路IRサイト
  7. ^ 高速道路の建設と鷲ノ木遺跡の保存について nexco東日本
  8. ^ 鷲ノ木遺跡でトンネル工事 北海道新聞動画ニュース (2009年5月8日)
  9. ^ “道縦貫自動車道 千歳-苫小牧間が完成”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1978年10月21日)
  10. ^ “北広島-札幌南が開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1979年10月29日)
  11. ^ “華やかに開通式 道央自動車道苫小牧東-西 100台がパレード”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1980年10月29日)
  12. ^ “ハイウエー北海道幕開け 札幌-岩見沢31・9キロが開通 今月末には白老まで直通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1983年11月9日)
  13. ^ “札幌-白老 1時間時代に 道央自動車道 苫西-白老間が開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1983年11月30日)
  14. ^ “道縦貫道 登別東 白老18.6キロ 期待集めて華やか開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1985年10月18日)
  15. ^ “岩見沢-登別ノンストップ 道央自動車道 札幌南-札幌 華やかに開通式”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1985年10月25日)
  16. ^ “出来秋貫き21.2キロ 岩見沢-美唄 高速道が開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1987年9月18日)
  17. ^ “お待たせ 新ルート開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1988年10月8日)
  18. ^ “深川-旭川鷹栖間が開通 道央自動車道 「道北」と札幌直結”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1990年10月30日)
  19. ^ “高速道路、UターンOK-全国初、砂川サービスエリアで”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1991年4月26日)
  20. ^ “砂川のハイウェイ・オアシスが完成-子どもの国と直結祝う”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1991年4月30日)
  21. ^ “道央圏の動脈充実-道央自動車道、登別室蘭~室蘭間が開通。9.6キロ、暫定2車線で”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1991年10月25日)
  22. ^ “視角触角 本道高速道延長300キロに。「札樽」「道央」3日後にドッキング-観光、物流は歓迎。未開通地域はいらだちも”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1992年9月27日)
  23. ^ “道央道、室蘭~伊達間が開通-暫定2車線、12・9キロ。西胆振観光地と札幌、旭川が直結”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1992年10月27日)
  24. ^ “胆振の観光 より身近に 道央道の伊達-虻田洞爺湖開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1994年3月30日)
  25. ^ “長万部ICが開通 道央自動車道、道南へ”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1997年10月22日)
  26. ^ “深川留萌道 深川-深川西が開通 4.4キロ暫定片側1車線”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1998年4月11日)
  27. ^ “道縦貫道 旭川鷹栖-和寒が開通 29.3キロ、暫定2車線で”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年10月4日)
  28. ^ “道央道が全線開通 有珠噴火から15カ月ぶり 虻田”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年6月30日)
  29. ^ “改修中の札幌南インター 来月10日全面供用 小樽・旭川方面へ入り口”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年8月19日)
  30. ^ “長万部-国縫開通 道央道”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年11月19日)
  31. ^ “道央自動車道 「名寄まで開通願う」 地元、祝賀ムードに沸く”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年10月5日)
  32. ^ “札幌-八雲一直線 道央道でIC開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年11月19日)
  33. ^ “ETC限定 輪厚にIC 北広島の道央道”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年6月29日)
  34. ^ “道央道 八雲-落部IC開通 札幌-函館が5分短縮”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年10月11日)
  35. ^ “救急搬送に利用/観光客増加見込みイベント 黒松内新道 開通に期待 7日 商店街は客流出懸念”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年11月5日)
  36. ^ “帰省にレジャー 利用者歓迎/国道沿い店舗 来客減を危ぐ 高速無料化 悲喜こもごも 管内”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年2月3日)
  37. ^ a b c d “そろり無料高速 初日の管内 交通量やや増”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2010年6月29日)
  38. ^ a b 国土交通省 1次補正を踏まえた高速道路の料金について (PDF)
  39. ^ “森-大沼公園が開通 道央道”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2012年11月10日)
  40. ^ “新千歳空港IC開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2013年8月3日)
  41. ^ 道央自動車道 砂川SAスマートICが8月8日(土)に開通! 〜ハイウェイオアシスに砂川の新たな玄関口が誕生!〜 砂川市・東日本高速道路株式会社北海道支社 2015年6月18日掲載・閲覧
  42. ^ 高速道路料金ガイド【北海道版】
  43. ^ a b 国土交通省 平成23年度高速道路の原則無料化社会実験計画(案) (PDF)
  44. ^ 第1回国土開発幹線道路建設会議
  45. ^ 第2回国土開発幹線道路建設会議
  46. ^ 北海道縦貫自動車道士別剣淵~名寄 再評価準備書説明資料北海道開発局事業審議委員会
  47. ^ 建設凍結の高速道2区間着工へ 士別市多寄町-名寄、足寄-陸別町小利別 北海道新聞(2014年5月29日)
  48. ^ 北海道縦貫自動車道(士別市多寄町~名寄市)等の 事業の再開について (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 (2014年8月8日). 2015年5月16日閲覧。


「道央自動車道」の続きの解説一覧





道央自動車道と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

道央自動車道に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「道央自動車道」の関連用語

道央自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鷹栖口用水

谷水

小田の浜海水浴場

りゅうせい

木和田川砂防七号堰堤

アズマネジモク

水琴亭の水琴窟

脱色バインダ舗装





道央自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道央自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS