運河とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 運河の意味・解説 

うん が [1] 【運河】

船の運航水利灌漑かんがい排水給水などのため,人工的陸地を掘ってつくった水路。特に,船の運航のための水路にいう。 〔明治期には「うんか」とも〕
「運河」に似た言葉
水道  水理  水尾  水路  


運河

作者秀一

収載図書猪飼野物語(いかいのものがたり)―済州島からきた女たち
出版社草風館
刊行年月1987.7

収載図書在日文学全集12起昇・重鎬・元秀一
出版社勉誠出版
刊行年月2006.6


運河

作者井上靖

収載図書井上靖全集 第1巻 詩・短篇 1
出版社新潮社
刊行年月1995.4


運河

作者伴田良輔

収載図書彼女のいた町
出版社広済堂出版
刊行年月2001.6


運河

作者玄月

収載図書寂夜
出版社講談社
刊行年月2003.5


運河

作者梁石日

収載図書在日文学全集 第7巻 梁石日
出版社勉誠出版
刊行年月2006.6


運河

作者アゴタ・クリストフ

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2006.9

収載図書どちらでもいい
出版社早川書房
刊行年月2008.5
シリーズ名ハヤカワepi文庫


運河

作者堀内茂

収載図書通り雨堀内茂短編集
出版社文芸社
刊行年月2006.11


運河

作者三矢裕子

収載図書運河
出版社日本文学館
刊行年月2007.5
シリーズ名ノベル倶楽部


運河

読み方:ウンガ(unga)

所在 千葉県(東武鉄道野田線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/02 22:32 UTC 版)

運河(うんが)とは、船舶の移動のために人工的に造られた水路であり、河川・湖沼を利用しているものもある。鉄道同様経路中に、橋梁や隧道なども見られる。産業革命以前は船舶を騾馬などが牽引したため、経路に沿って曳舟道(トウパス、towpath、船曳道、牽引路)が設けられている。




  1. ^ a b c d 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.387 1951年 古今書院
  2. ^ 「現代国際関係の基礎と課題」内第4章「国際関係の法制度」瀬川博義 p76 建帛社 平成11年4月15日初版発行
  3. ^ 「舟運都市 水辺からの都市再生」p182 三浦裕二・陣内秀信・吉川勝秀編著 鹿島出版会 2008年2月20日発行
  4. ^ 『川を知る事典-日本の川・世界の川』p250 鈴木理生 日本実業出版社、2003年
  5. ^ 「目で見る世界の国々7 マダガスカル」M.M.ロジャース著 草野淳訳 1991年4月25日初版 国土社 p10
  6. ^ 「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ」池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月 p804
  7. ^ http://www.hkd.mlit.go.jp/topics/qa/kohwan/ans5.htm 「よくある質問Q&A 港湾Q5 コンテナ船にはどのようなものがあるのですか。」 国土交通省北海道開発局 2015年7月10日閲覧
  8. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150325-00010005-afpbbnewsv-int 「再三遅延のパナマ運河拡張工事、ようやく完了か 来年4月開通見込み」AFPBB 2015年3月25日 2015年8月29日閲覧
  9. ^ 国本伊代・小林志郎・小沢卓也『パナマを知るための55章』p133 エリア・スタディーズ、明石書店 2004年
  10. ^ 「運河と閘門 水の道を支えたテクノロジー」p25 久保田稔・竹村公太郎・三浦裕二・江上和也編著 財団法人リバーフロント整備センター企画監修 日刊建設工業新聞社 2011年3月30日第1刷発行 
  11. ^ 「舟運都市 水辺からの都市再生」p197 三浦裕二・陣内秀信・吉川勝秀編著 鹿島出版会 2008年2月20日発行
  12. ^ 「舟運都市 水辺からの都市再生」p181 三浦裕二・陣内秀信・吉川勝秀編著 鹿島出版会 2008年2月20日発行
  13. ^ 「舟運都市 水辺からの都市再生」p184 三浦裕二・陣内秀信・吉川勝秀編著 鹿島出版会 2008年2月20日発行
  14. ^ 『ジョージ王朝時代のイギリス』 ジョルジュ・ミノワ著 手塚リリ子・手塚喬介訳 白水社文庫クセジュ 2004年10月10日発行 p.81
  15. ^ 「商業史」p172 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  16. ^ 「商業史」p173 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  17. ^ 「アメリカとカナダの風土 日本的視点」p96 正井泰夫 二宮書店 平成7年4月1日第1刷
  18. ^ 「経営史」(経営学入門シリーズ)p101 安部悦生 日本経済新聞社 2002年12月9日1版1刷
  19. ^ 「舟運都市 水辺からの都市再生」p191-192 三浦裕二・陣内秀信・吉川勝秀編著 鹿島出版会 2008年2月20日発行


「運河」の続きの解説一覧

運河

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 19:42 UTC 版)

名詞

(うんが)

  1. 船舶航行などのための人工

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「運河」の関連用語

運河のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

竹澤健介

馬鍬

87式自走高射機関砲

3000系 改造車

ハダカホンヤドカリ

銅山川疏水

リノケロスフタマタクワガタ

輸送用エアクッション艇 LCAC





運河のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運河 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの運河 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS