山陰自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 山陰自動車道の意味・解説 

山陰自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/15 14:02 UTC 版)

山陰自動車道(さんいんじどうしゃどう、SAN-IN EXPRESSWAY)は、鳥取県鳥取市から島根県経由山口県美祢市に至る高規格幹線道路の路線名である。略称は山陰道(さんいんどう、SAN-IN EXPWY)。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b c d 国土開発幹線自動車道建設法や高速自動車国道の路線を指定する政令では美祢市が終点とされているが、2013年に公表された国土交通省の資料では下関市小月IC付近で中国自動車道に接続する計画とされている[1]
  2. ^ 鳥取県警察では高速道路交通警察隊は本隊が米子自動車道と山陰自動車道の一部(大栄東伯IC以西 - 鳥取・島根県境)、鳥取分駐隊が鳥取自動車道と山陰自動車道の一部(鳥取IC - 鳥取西IC)を管轄している。青谷IC - はわいICはこれまで通り交通機動隊の管轄となっている。

出典

  1. ^ 山陰道(三隅〜小月)優先区間の絞り込みに向けた検討第1回説明資料 (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局 (2013年11月11日). 2014年1月22日閲覧。
  2. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  3. ^ 用地取得が速やかに完了し、鳥取県による埋蔵文化財調査がH27年度迄に完了する場合
  4. ^ a b c 平成24年度 直轄事業(島根県分)予算概要 (PDF) (国土交通省、2012年4月15日閲覧)
  5. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  6. ^ 用地取得及び猛禽類保全対策等が速やかに完了する場合
  7. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  8. ^ 用地取得及び猛禽類保全対策等が速やかに完了する場合
  9. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  10. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  11. ^ 一般国道9号福光浅利道路(仮称)環境影響評価方法書要約書 (PDF) (島根県2013年8月公表、同年9月9日閲覧)
  12. ^ a b c “山陰道・福光-江津間14㎞/一部現道活用案で対応/環境アセスへ手続き/中国整備局”. 建設通信新聞. (2013年6月25日). http://www.kensetsunews.com/?p=15333 2013年9月9日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ 道路開通情報(浜田地区)一般県道浅利渡津線浅利工区(島根県浜田県土整備事務所、2013年9月9日閲覧)
  14. ^ (一)浅利渡津線 渡津工区 社会資本整備総合交付金(改良) (仮称)江の川トンネル工事(鴻池組2013年8月27日付更新、同年9月9日閲覧)
  15. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  16. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  17. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/hamada/uploads/photos/6482.pdf
  18. ^ a b c 一般国道491号 長門・俵山道路事業概要 (PDF) - 山口河川国道事務所2012年3月発行パンフレット、2013年9月28日閲覧
  19. ^ http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2015may/150515top.pdf
  20. ^ 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課. “東伯・中山道路”. 2013年12月23日閲覧。
  21. ^ a b 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課. “中山・名和道路”. 2013年12月23日閲覧。
  22. ^ a b 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課. “名和・淀江道路”. 2013年5月19日閲覧。
  23. ^ a b 国土交通省中国地方整備局倉吉河川国道事務所. “山陰道事業箇所 名和・淀江道路”. 2013年5月19日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g h i j k l 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課 (2013年5月1日). “鳥取県の高規格幹線道路網図 (pdf)”. 2013年5月19日閲覧。
  25. ^ 鳥取県県土整備部道路企画課・道路建設課. “米子道路”. 2013年5月19日閲覧。
  26. ^ “山陰道の米子南IC-日野川東IC間が4車線化へ”. 山陰中央新報 (山陰中央新報社). (2013年9月6日) 
  27. ^ 島根県土木部高速道路推進課. “島根県内の高速道路整備の経緯”. 2013年5月19日閲覧。
  28. ^ 国土交通省中国地方整備局松江国道事務所. “事業案内・松江道路 (PDF)”. 2013年5月19日閲覧。
  29. ^ 国土交通省中国地方整備局松江国道事務所. “一般国道9号松江道路(玉湯工区)の現道区間を移管~国管理から島根県・松江市管理へ~ (PDF)”. 2015年3月26日閲覧。
  30. ^ 島根県内における最高速度規制の見直しについて[リンク切れ] - 島根県警察公式サイト内
  31. ^ 管理区間案内/鳥取自動車道出張所”. 国土交通省中国地方整備局鳥取河川国道事務所. 2016年2月14日閲覧。
  32. ^ 平成27年度 道路維持管理計画(鳥取河川国道事務所) (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局鳥取河川国道事務所 (2015年6月). 2016年2月14日閲覧。
  33. ^ 倉吉河川国道事務所 維持管理計画(平成27年4月) (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局倉吉河川国道事務所 (2015年4月). 2016年2月14日閲覧。
  34. ^ a b 松江国道事務所 平成27年度道路維持管理計画 (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局松江国道事務所 (2015年4月). 2016年2月14日閲覧。
  35. ^ 平成26年度予算を踏まえた道路事業の開通見通しについて (PDF) (国土交通省 中国地方整備局)
  36. ^ 中山・名和道路/道路企画課・道路建設課/とりネット/鳥取県公式サイト路線図より
  37. ^ 都市計画道路福光浅利線 環境影響評価準備書 (PDF)” (2014年12月). 2015年1月29日閲覧。
  38. ^ a b 関谷徳、江田将宏(2015年3月15日). “山陰道:整備、2区間が開通 仁摩・石見銀山IC−湯里IC、原井IC−西村IC”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  39. ^ 平成27年度予算を踏まえた道路事業の見通しについて (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局 (2015年5月15日). 2015年5月16日閲覧。
  40. ^ 参考3.高規格幹線道路の点検結果の概要”. 国土交通省 (2015年2月2日). 2015年2月2日閲覧。
  41. ^ 【山陰道】浜田・三隅道路のインターチェンジ(IC)名称が決定しました。 国土交通省中国地方整備局 浜田河川国道事務所 2014年9月30日掲載・10月2日閲覧
  42. ^ 北条道路:国交省、高速道で整備 山陰道、県内全線開通へ /鳥取
  43. ^ 鳥取県道路交通法施行細則 - 鳥取県 例規集
  44. ^ 平成25年鳥取県公報号外第126号 鳥取県道路交通法施行細則の一部を改正する規則 (pdf)”. 鳥取県 (2013年12月10日). 2014年1月17日閲覧。


「山陰自動車道」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

山陰自動車道に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山陰自動車道」の関連用語

山陰自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

道路橋

辻井 良太郎

自動車騒音試験

桐生和紙

鹿島鳥居

コア

カブトムシ

タシギ





山陰自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山陰自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS