赤ちゃん 疾患

赤ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/21 09:53 UTC 版)

疾患

児童福祉

統計

世界の乳児死亡率

年間の1000出生当たりの生後1年未満の死亡数を、乳児死亡率(Infant mortality)という[3]疫学では公衆衛生指標として非常に重視されており、途上国ほど高くなる傾向がある。

国際連合ミレニアム開発目標では、1990年から2015年までに乳幼児死亡率を3分の2減少させる(Target 4.A)とした。結果として1000出生あたり90から43まで減少した[4]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

育児関連

その他


  1. ^ 母子保健法衆議院 2020年2月13日閲覧
  2. ^ Innocenti, UNICEF Office of Research-. “The first 1,000 days of life: The brain’s window of opportunity” (英語). UNICEF-IRC. 2019年3月28日閲覧。
  3. ^ 厚生統計に用いる主な比率及び用語の解説 厚生労働省-乳児死亡率の定義 2020年2月13日閲覧
  4. ^ GOAL 4: REDUCE CHILD MORTALITY”. 国際連合. 2016年9月1日閲覧。


「赤ちゃん」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤ちゃん」の関連用語

赤ちゃんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤ちゃんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤ちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS