精神刺激薬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 刺激薬 > 精神刺激薬の意味・解説 

精神刺激薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 04:36 UTC 版)

精神刺激薬(せいしんしげきやく、: stimulant[1][2][3], : psychostimulant[1])とは、中枢神経系の活動を増加させる薬物の総称である[1]刺激薬興奮剤[4]とも呼ばれる。乱用のため一定の規制があるが、医療や研究上の用途が認可されているものも多い。


  1. ^ a b c d e f g 世界保健機関 1994, pp. 59–60.
  2. ^ a b 世界保健機関 2008, p. 63.
  3. ^ a b アメリカ精神医学会 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』、日本精神神経学会日本語版用語監修・高橋三郎・大野裕監訳・染矢俊幸・神庭重信・尾崎紀夫・三村將・村井俊哉医学書院、2014年6月30日。ISBN 978-4260019071 
  4. ^ a b 中分類87医薬品及び関連製品 第五回改定(pdf)(総務省)
  5. ^ 世界保健機関 1994, p. 15.
  6. ^ a b c 世界保健機関 2009, p. 3.
  7. ^ 世界保健機関 2005, p. 81.
  8. ^ アメリカ精神医学会 2004, pp. 220-221、228、259.
  9. ^ a b アメリカ精神医学会 2004, p. 246.
  10. ^ 栗林景英(編)『簡易処方集-和独対訳』南山堂書店、1916年、103頁。
  11. ^ a b 法務省刑事局『法律用語対訳集-英語編』商事法務研究会、1995年、改訂版、12頁。ISBN 4785707135
  12. ^ a b c d Masamutsu Nagahama (1968). “A review of drug abuse and counter measures in Japan since World War II”. U.N. Bulletin on Narcotics 20 (3): 19-24. https://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/bulletin/bulletin_1968-01-01_3_page004.html. 
  13. ^ a b Kiyoshi Morimoto (1957). “The problem of the abuse of amphetamines in Japan”. U.N. Bulletin on Narcotics 9 (3): 8-12. https://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/bulletin/bulletin_1957-01-01_3_page003.html. 
  14. ^ 中分類34医薬品および関連製品 第一改定(pdf)(総務省)
  15. ^ 中分類34医薬品および関連製品 第三改定(pdf)(総務省)
  16. ^ David Taylor, Carol Paton, Shitij Kapur『モーズレイ処方ガイドライン』アルタ出版、2011年、第10版、323頁。ISBN 978-4-901694-45-2、The Maudsley Prescribing Guideline 10th Edition, 2009
  17. ^ Laurence Brunton(編集), Bjorn Knollman(編集), Bruce Chabner(編集) 2013, pp. 825、841.
  18. ^ a b Smart RG (1976). “Effects of legal restraint on the use of drugs:a review of empirical studies”. U.N. Bulletin on Narcotics 28 (1): 55–65. PMID 1046373. http://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/bulletin/bulletin_1976-01-01_1_page006.html. 
  19. ^ Motohashi, Nobuo (1973). Countermeasures for drug abuse in Japan Document code:MCE/D/7;MCE/3489/19.12.72. http://unesdoc.unesco.org/Ulis/cgi-bin/ulis.pl?catno=1851. 
  20. ^ a b 松下正明(総編集) 1999, pp. 109–110.
  21. ^ a b 世界保健機関 (1957) (pdf). WHO Expert Committee on Addiction-Producing Drugs - Seventh Report / WHO Technical Report Series 116 (Report). World Health Organization. pp. 9-10. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_116.pdf.  記述はabuse of amphetmineである。
  22. ^ 世界保健機関 (1965) (pdf). WHO Expert Committee on Dependence-Producing Drugs - Fourteenth Report / WHO Technical Report Series 312 (Report). World Health Organization. pp. 9-10. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_312.pdf.  記述は"sedatives" and "stimulants"である。
  23. ^ 松下正明(総編集) 1999, p. 114.
  24. ^ 世界保健機関 (1985) (pdf). WHO Expert Committee on Drug Dependence - Twenty-second Report / WHO Technical Report Series 729 (Report). World Health Organization. pp. 25. ISBN 92-4-120729-9. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_729.pdf. 
  25. ^ 世界保健機関 1992, p. 73.
  26. ^ 世界保健機関 2005, p. 90.
  27. ^ 世界保健機関 1994, p. 39.
  28. ^ 世界保健機関 2004, pp. 2.
  29. ^ 世界保健機関 2004, pp. 96–100.
  30. ^ アメリカ精神医学会 2004, pp. 220–221.
  31. ^ a b c d e f H.P.ラング、M.M.デール、J.M.リッター、R.J.フラワー『カラー版ラング・デール薬理学』西村書店、2011年、592-597頁。ISBN 978-4890134113Rang and Dale's pharmacology, 6ed.の日本語訳書。
  32. ^ a b Laurence Brunton(編集), Bjorn Knollman(編集), Bruce Chabner(編集) 2013, p. 825.
  33. ^ a b c d e 世界保健機関 2004, pp. 174–175.
  34. ^ a b Overdose Basics”. International Overdose Awareness Day. 2014年1月20日閲覧。
  35. ^ アメリカ精神医学会. Guideline Watch (September 2009):Practice Guideline for the Treatment of Patients With Schizophrenia. DOI 10.1176/appi.books.9780890423929.501001
  36. ^ a b c 立津政順、後藤彰夫、藤原豪共著 1956, p. 17.
  37. ^ 立津政順、後藤彰夫、藤原豪共著 1956, pp. 3–4.
  38. ^ 立津政順、後藤彰夫、藤原豪共著 1956, p. 5.
  39. ^ a b c d 風祭元「第10章:向精神薬の長期大量多剤併用療法と副作用」『日本近代精神科薬物療法史』アークメディア、2008年、73-82頁。ISBN 978-4-87583-121-1
  40. ^ a b 立津政順、後藤彰夫、藤原豪共著 1956, pp. 序-1.
  41. ^ 立津政順、後藤彰夫、藤原豪共著 1956, pp. 8–9.
  42. ^ a b 山下格、森田昭之助編集『覚醒剤中毒』金剛出版、1980年。25、39、41頁。
  43. ^ 松下正明(総編集)『薬物・アルコール関連障害』編集:牛島定信、小山司、三好功峰、浅井昌弘、倉知正佳、中根允文、中山書店〈臨床精神医学講座8〉、1999年6月、118-119頁。ISBN 978-4521492018
  44. ^ “塩酸メチルフェニデート製剤(リタリン、コンサータ)の取扱いに関する関連通知等” (プレスリリース), 厚生労働省, (2007年), https://www.mhlw.go.jp/topics/2007/12/tp1219-2.html 2014年6月29日閲覧。 
  45. ^ United Nations Office on Drugs and Crime (UNODC) (2011-04) (pdf). Synthetic cannabinoids in herbal products (Report). https://www.unodc.org/documents/scientific/Synthetic_Cannabinoids.pdf. 
  46. ^ 厚生労働省 (2011-08-02). “指定薬物部会審議会議事録”. https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001r5ip.html 


「精神刺激薬」の続きの解説一覧




精神刺激薬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

精神刺激薬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



精神刺激薬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの精神刺激薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS