田中義一 親族

田中義一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 16:54 UTC 版)

親族

栄典

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

関連項目




注釈

  1. ^ 『田中義一伝記』などはこれを否定するが、古島一雄の回想録によれば、軍人出身の田中がどこから票を集めるのかと問い質したところ、「俺は在郷軍人300万を持っている」と応えたと記していること、また政友会総裁就任に伴う和歌山県での在郷軍人会副会長退任演説で政友会が主張していた両税委譲の必要性を説くなど、遠回しに政友会へ支援を求める発言も行っている。
  2. ^ 当初は前内閣が任じた出淵勝次次官が留任していた。
  3. ^ 田中が死亡したのが別宅であったことから、妾宅で腹上死したのではないかという憶測がある[要出典]。『田中義一伝記』によるとこの女性は、入籍はしていないが田中を長年支えてきた女性であるという。
  4. ^ 「この事件あつて以来、私は内閣の上奏する所のものは仮令自分が反対の意見を持つてゐても裁可を与へることに決心した」『昭和天皇独白録』(文藝春秋、1995年(平成7年))

出典

  1. ^ 岩波新書編集部編『日本の近現代史をどう見るか』2010年2月 67頁 (第3章「日清・日露戦争は日本の何を変えたのか」原田敬一) 岩波新書
  2. ^ 望月和彦「大正デモクラシー期における政界再編」2010年3月(『桃山法学 15』)
  3. ^ a b c 中野正剛『國民に訴ふ 中野正剛大演説集』平凡社、1929年4月5日、201頁。
  4. ^ 以上いずれも、原田熊雄著『西園寺公と政局 第一巻』岩波書店、1950年。
  5. ^ これとは別に、自殺(切腹)死説がある。
  6. ^ a b c 『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』竹内正浩、実業之日本社, 2017/07/25、「田中義一」の章
  7. ^ a b c d e f g h i j k 陸軍大将男爵田中義一特旨叙位ノ件」 アジア歴史資料センター Ref.A11113507600 
  8. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  9. ^ 『官報』第967号「叙任及辞令」1915年10月21日。
  10. ^ 『官報』第1858号「叙任及辞令」1918年10月11日。
  11. ^ 『官報』第3443号「叙任及辞令」1924年2月18日。
  12. ^ 『官報』第3858号「叙任及辞令」1925年7月3日。
  13. ^ 『官報』第828号「叙任及辞令」1929年10月1日。
  14. ^ 『官報』第3862号・付録「辞令」1896年5月16日。
  15. ^ 中野文庫 旧・金鵄勲章受章者一覧
  16. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  17. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  18. ^ 『官報』第1850号「叙任及辞令」1918年10月2日。
  19. ^ 『官報』第2431号「叙任及辞令」1920年9月8日。
  20. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  21. ^ 『官報』第828号「叙任及辞令」1929年10月1日。
  22. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  23. ^ 『官報』第644号「叙任及辞令」1914年9月22日。
  24. ^ 『官報』第1695号「叙任及辞令」1918年3月30日。
  25. ^ 『官報』第235号「叙任及辞令」1927年10月8日。
  26. ^ 『官報』第777号「叙任及辞令」1929年8月1日。
  27. ^ 『官報』第828号「叙任及辞令」1929年10月1日。


「田中義一」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田中義一」の関連用語

田中義一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



田中義一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田中義一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS